NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】山手線ではなく新幹線で

http://www.flickr.com/photos/27889738@N07/3119913699

昨夜の夢は、たくさんの昇降客でごった返す駅の構内からスタート。僕は、山手線ホームに行こうとするのだけれど、ホームへ向かう階段は人間一人がやっと通れるほどの狭さで、しかも前には、ゆっくり階段を上る人がいて、ちょっとイライラ。見上げれば山手線の緑色の車体が見えていたけれど、ああもういいや……と思って、階段を上るのを諦めたあたりで目が覚めた。03:26。

http://www.flickr.com/photos/57215240@N02/7079907589

そこから二度寝すると、次の夢は新幹線の待合いホームなんですな。こちらは広々、ゆったりとした空間で、僕はお弁当を買う余裕もあり、一瞬、切符を家に忘れたかと思ったけれど、財布を覗くと、それもちゃんとあり。出発までまだ時間があるので、構内のソファに座っていると、コンシェルジュ的な女性駅員さんが来て、切符を確認してくれたうえ、お乗りの際はあちらのエスカレーターで……などと案内までしてくれた。ではぼちぼち乗り込むか、と思ったあたりで目が覚めた。08:37。

100の夢事典

100の夢事典

 

今まで何度も夢に出てきた「駅」は、仕事のチャンスをつかまえる場所で、「列車」は、新たな仕事を表しています。二つの夢を繋げて解釈するなら、混雑している山手線仕事を避けて、ばびゅーんと快適に走る新幹線仕事を選びたい、のかもしれません。「切符」は、その道に進むチャンスを現しているので、それは持っていると。コンシェルジュがいたってことは、誰かが助けてくれるかも。

それにしても、「駅」「列車」の夢はよく見てきたけれど、新幹線などと云うシロモノが出てきたのは初めてで、もしかして仕事が飛躍的に進むんじゃないかと好意的に解釈してみたり。次は、リニアモーターカーの夢でも見ようかな……