NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】出口へのシャッターは開いた

昨夜も22:00頃就寝。布団に入った後、最近あんまり夢を見ないなあ、久しぶりに面白い夢でも見たいなあ……と思って眠ったら、ちゃんと夢が見れました。

http://www.flickr.com/photos/20801313@N00/197432885

夢の中、僕は地下鉄の駅にいた。地上へ通じる階段を上ろうと思ったが、目の前にシャッターが下りてきた。さらに階段の周囲では、ネズミのヌイグルミが幾つも飛びはね、邪魔してくる。あっ、ここは上れないんだと思い、階段を下りようとしたが、不意にシャッターが上がり始め、地上出口の先に青空が見えてきた。ああよかったと思った途端、目が覚めた。23:22。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

まず「地下鉄」は自分の深層部分を意味し、「駅」は仕事上のキャリアチャンスをつかまえる場所と言われています。「出口」は与えられた状況から離れるチャンスを表し、「シャッター=戸」と考えるなら、前進を阻んでいる恐れでしょうか。「階段を上る」は正しい方向へ行くこと、「階段を下りる」は間違った方向へ行くこと。 「ネズミ」は、自分への裏切りや他人を裁くこと、心身の消耗を意味しているそうです。「空」は自由や広がり、ゴール。「青」はリラックスや幸せ。

解釈を繋げてみると、仕事上で与えられた状況から離れるチャンスがあり、正しい方向へ進もうとしているものの、恐れや消耗によっていったん逆戻りしそうになったと。でも恐れは消えたので、リラックスして幸せなゴールに行ける……かな。

 

この解釈、最近の状況と結構シンクロしているので、びっくりしました。現実に寄せて解釈している可能性も無きにしもあらずですが、先週から疲れまくり、その消耗の原因が分かった途端、急に楽になったあたりとか。一応、突破口も見えているので、後は階段を上がって地上へ出るだけだなと。

あと思ったのは、消耗している時はあまり夢も見ないんですよ。夢を見なくなったら疲れている証拠、と考えて、少し休んだ方がいいのかも。僕の場合、結構、夢からのメッセージに助けられているので、夢見るエネルギーを蓄えることも大切なのかもしれません……