NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】2018年初夢:女性としてカウコンの舞台に立つ

Tokyo Dome

2018年の初夢。僕は、若い女性芸能人という設定だった。僕は、まるで宝塚の男役のような、男装の麗人的なキャラクターだったが、なぜか本来の事務所からジャニーズに移籍して、毎年恒例のカウントダウンライヴ(通称カウコン)に出演するハメになっていた。ところが、どの曲を歌って踊るのか、どうやって歌って踊るのか、さっぱり分からない。周囲には先輩(つまりジャニーズの若い男の子)たちもいたが、頼りになりそうな人は誰もおらず、振り付けを教えてくれる人もいなかった。開演まであと1時間しかないのに、『俺はこれから映画を観に行くよ』と言い出す先輩もいて、ああこれは自分で振り付けを覚えるしかないな……と腹が据わったあたりで目が覚めた。01:37。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

2013年から夢日記を記録していますが、初夢とはその年を象徴する夢である……というのが個人的な感触です。ジャニーズのカウントダウンライヴは、年に1回、大晦日から元旦にかけて東京ドームで開催されますが、つまりそれぐらい大きな「舞台」=人生の舞台に立つってことですね。しかしその人生の舞台での立ち居振る舞いを教えてくれる人は誰もおらず、分からないなりに自分でやるしかない。その腹が据わるのでしょう。

たしかに今年は、自分にとって節目の年(小惑星キロンリターン)なので、「人生の屋根から下りる」とも言われていますし、何かしら大きな舞台に立つのかもしれません。あるいは事務所移籍のように未知の領域に立つとか、「男装の麗人」=男性性・女性性が統合された存在として「舞台」に立つのかも。「開演1時間前」というのも、もう「舞台に立つ」こと待ったなしという感じですね。

そう言えば石井ゆかりさんの「3年の星占い 水瓶座 2018-2020」でも、今年の水瓶座は(木星蠍座期の影響として)『行動しながら身につける』『マニュアルを開く前にゲームに放り込まれる』とあるので、そのあたりが出たようにも感じています。

ちなみに2017年の初夢を振り返ると、『揺れ動く感情を離れたところから観察する』『言葉を発していない教師』『自由に発言している生徒たち』『自分は高得点を取れたけど、クラス全体としてはまずい状況』というあたり、かなり的中しています。『抗議する女生徒』は目撃していないけど、抗議されてもおかしくない状況でもありますし、やはり初夢は結構重要な気がするなあ~

結局、2018年がどうなったかは、また来年のお正月に答え合わせを…… 

【ヒューマンデザイン】蟹座満月:天王星、順行へ

Supermoon!

本日1月2日11:24、蟹座満月。今回の満月は、2018年最大のスーパームーン(大きく見える)だそうですが、ヒューマンデザインのホロスコープでその位置を見てみると「もし自分が妨害に直面しなければ、他の人たちが危険になってしまうという、悲惨な予想をしてしまう」です。正月早々、物騒ですねえ。これをもう少し分かりやすく言うと……今、あなたの目の前に、邪魔な奴がいるとします。その邪魔な奴は、あなたの感情を逆なでし、あなたを挑発してきます。その挑発に乗ってはいけないと知りつつも、あなたがその邪魔者と戦わなければ、他の人たちがもっと迷惑してしまう、だからその邪魔者をやっつけなければ!……と思い込むような位置なのです。

これは大きく見ると「責任感」という位置でして、「あの邪魔者を放置してはいけない」という「義務感」「正義感」から生じた「自己犠牲」でもあります。しかし相手の挑発に乗っかって攻め込んでしまうと、それは邪魔者からすれば思うツボであり、他の人たちを救うことなく「無駄死に」する場合もあります。新年早々、スーパームーンの強い影響力に引っ張られ、感情を爆発させて邪魔物をどうにかしようとしても、思ったような結果が得られない場合があるのでご注意を……

そして昨年8月3日から逆行を続けていた天王星が、今日から順行に戻ります。天王星は昨年「自分を突然変異させてくれる(または子供を創るのに)ベストな相手を見抜く」という位置で逆行を始めました。つまり、パートナーをもう一度見つめ直せってことですね。そして天王星「増益」の位置の中でも「自然に自己実現する」まで逆行してきました。たしかにパートナーとして「ごく自然に、自分のやりたいことを仕事にして、報酬を増し、影響力も大きくなっている人」は、魅力的ですよね。そういったパートナーが周囲にいないかどうか、見つめ直すために逆行してきたとも言えますし、あるいは自己実現しようとしても、それが逆行によって足踏みしてきた半年間だったかもしれません。そのあたりのテーマも、今日を境にどうなるか、ですね…… 

そして12月6日から「光でもあり闇でもある」という、最も神秘的な位置にあった冥王星も、1月4日04:52から「権力的な立場に立っても、下位にいる人々と実りある関係を結べる」というポジティヴな位置に入ります。ここは大きく見ると「野望」という位置なのですが、野望を達成して昇進しても、部下たちとうまくやっていけるイメージですね。天王星の位置とも絡めて考えると「権力的な立場に立っても、下位にいる人々と実りある関係を結べる」人とは「ごく自然に、自分のやりたいことを仕事にして、報酬を増し、影響力も大きくなっている人」なのかもしれません。そういったパートナーが周囲にいないか、見つめ直してみなさい……というのが、昨年8月からの天王星逆行のテーマのようにも解釈できますが、さて、そんな人が、あなたの周囲にもいらっしゃるでしょうか? 

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。

2018年 元旦

f:id:crystal0207:20180101090318j:image

新年あけましておめでとうございます。

   2018年が、皆様にとって素晴らしい一年になりますように……

今年も、07:00頃、地元の葛飾八幡宮に初詣に行って来ました。

f:id:crystal0207:20180101090339j:imagef:id:crystal0207:20180101090347j:imagef:id:crystal0207:20180101090405j:image

2018年4月24日、僕は小惑星キロン・リターンという人生最大の転機を迎えます。そこから先『屋根から下りて社会に戻る』そうですが『下りるのを怖がって自分のテーマに向き合わないと人間としてクラッシュする』とも言われています。恐ろしい節目ですねえ。もっとも自分らしく生きていれば、屋根から下りることは決して怖いことではない……とも言われているので、さて自分がどんな節目を迎えるのか、今から楽しみなような、ちょっと怖いような。とりあえずこの節目の年の経緯も、こちらでお知らせしますので、引き続き宜しくお願いいたしますm(_ _)m

【日常】良いお年を(2017年回顧)

f:id:crystal0207:20171231180401j:plain

年内にやるべきことは終わったので、今日は午後から散歩に。ガラガラの地下鉄に乗って、ガラガラの赤坂に下車。来年宜しくお願いしますということで、日枝神社にフライング初詣。来年はこのエグゼクティヴ感を身につけたいものです。 

f:id:crystal0207:20171231175847j:plain

f:id:crystal0207:20171231175909j:plain

日枝神社から国会議事堂の裏手に出て、さらに桜田門へ。官庁街も静かでしたが、この後、銀座に出ると、やはりそれなりのにぎわい。そのまま八重洲ブックセンターまで歩いて、いつものように新刊なぞチェックし、日本橋から東西線に乗って門前仲町へ。 

f:id:crystal0207:20171231175920j:plain

今年もお世話になりましたということで、深川不動にもお詣り。ただ(あんな事件があった後なので)富岡八幡宮に行く気はしなかったですねえ。来年は、深川から足が遠のきそうな予感です。多分また新しい散歩タウンを見つけるんじゃないかな……

そして、いつも立ち寄る深川のカフェデザールピコはもうお休みなので、また東西線に乗って浦安へ。さらに歩いて新浦安へ。今日は結構元気です。 

f:id:crystal0207:20171231175940j:plain

新浦安に着き、いつもならコメダ珈琲で一服するところですが、今日はそのまま帰宅しました。最近、カフェ休憩にも飽きてきたのかもしれません。まだバー通い、って感じでもないんですけど、来年あたり挑戦するかもしれません。

というわけで2017年を振り返ってみると……とにかくヒューマンデザインのテキストを訳しまくった一年でした。「The Six Lines」「Profile and Type」「Color Consciousness」「The Grobal Incarnation Index」「Rave BodyGraph Circuitry」「Quarters & Angles」「Life Cycles Analysis」……全部で英文800ページぐらい訳したんじゃないですかね。我ながらよくやった!と自分で自分を褒めたいです(^_^) ただ、そのうちご披露できたのはまだ半分なので、来年は残り半分をお披露目して、収入に変えませんとね。

そしていよいよ来年は、自分の人生最大の転機になるであろう小惑星キロン・リターン(4月24日)の年です。そこで何が起きるかは、まだ分からず、あれこれ予想は立てていますが、まあ外れるだろうなと。ただ、とにかく『屋根から下りて社会に戻る』というのがキーワードなので、それだけイメージして、その転機を待とうと思います。来年の大晦日は、今日のようにのんびり散歩なんてしてないかもしれませんね~

ということで今年一年、このBlogをお読みいただきまして、ありがとうございました。

来年のキロン・リターンにつきましても、実際どうなったか、こちらでご報告しますので、何卒宜しくお願いいたします。それでは良いお年を……

【日常】キーワードは「権利」

f:id:crystal0207:20171228195148j:image

今日は、ほぼ3年ぶりに同期作家の秋口ぎぐる氏と再会。新宿のタカノフルーツパーラーにて、お互いマーベラスなイチゴパフェを食しつつ、昔話やら近況報告やら将来の話やらをあれこれと。まあ、お元気そうでなにより。

秋口氏と別れた後は、一人で表参道に行き、THE WHITE MAGICさんに年末の御挨拶。そちらでもコーヒーをいただきつつ、世間話をしてきましたが、どちらの会話にも出てきたキーワードが「権利」でした。権利を守るのは良いのですが、その権利を独り占めしたり、自分勝手に行使すると、あまりよろしくないことになる……というのが、今日の感想です。そういや3年前の今頃『すべてを守ろうとする者は、なにひとつ守れない』という記事を書きましたが、実際、権利を守ることに囚われすぎると、むしろ大事なものを失ったり、最悪の場合、すべてを失うことになると。もしかすると来年は、この「権利」というキーワードを、もっと如実に感じることになるかもしれません……

【夢日記】機能不全の学校、カルテ、共有

Old Classroom

昨夜は、いつも通り22:00過ぎに布団に入ったが、妙に寝付けず、眠りに入ったのは01:00過ぎだった。そこから見た夢で、僕は見知らぬ学校にいた。もう時間は深夜で、外は真っ暗なのに、教室には生徒たちが集まり、ワイワイやっている。どうやら教師はいないようだ。僕は生徒たちに『こんな遅い時間まで生徒を教室に置き去りにするなんてヒドいね』と話しかけた。

そのうち誰か男性が現れ、『この状況は異常だ、学校として機能していないよ』と言い、僕も『そうですね、一種のハザード(災厄)みたいもんですね』と答えた。せめて生徒のカルテ?だけは確保しておこうと、僕たちは事務室に行き、書類を挟むバインダーを受け取って、そのカルテ?がある倉庫に向かった。

すると場面が切り替わり、目の前にまた別の中年男性が現れた。どうやらその人物が教師らしく、僕を見て『お前はシェア(共有する)だな』と言う。そこへ、過去にその男性教師といざこざがあった生徒たちが集まり『あの件はどうなった』と詰め寄ってきた。僕がその場から離れると、教師は何やら事情を打ち明けたらしく、それを聞いた女子生徒が泣き崩れるのが見えた。他にもいろいろな場面があったが、詳しく覚えているのは、そのあたりまで。02:47に目が覚めた。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「学校」は、人生の学びの場を意味するそうです。そこに「教師」=進むべき道を教えてくれる人はいないけれど、学びを待っている「生徒」は存在する。そういった機能不全の学びの場で、自分が教師になるのでしょうか。 「カルテ」は、その人本来の大切な情報ですから、それを得ることが大切。まず、生徒のことを良く知れと。

『お前はシェア(共有する)だな』という言葉も意味深ですね。ヒューマンデザインでは、社会や集合体の要素を持った人は、自分の意見や経験を周囲の人たちに「シェア(共有)」するテーマを持っています。僕自身、人生のメインテーマが集合体ですし、夢の中でそう言われた時も『ええ、僕はシェアというテーマに生まれました』と思いました。

ただ、そう問いかけてきた男性教師の顔は、やけに苦い顔でした。恐らくその教師は、集合体ではなく、もっと狭くて濃厚な関係の部族か、独自の路線を行く個人性の人だったのでしょう。ただ、そういった部族的かつ個人的な教師は、過去の行いのせいで生徒たちから詰め寄られるハメになる。その騒ぎからは離れていなさい、ってことですかね。このあたり、自分の周囲で置き換えてみると、あー多分あれだなと思い当たる節があるので、それが正夢になるかどうか、しばらく観察してみましょうか。

【日常】「屋根の上」最後の年末

f:id:crystal0207:20171226183105j:image

特に何も無く、クリスマスも過ぎました。自分的には、22日の特別講義がある種の「ハレ」で、それが終わった先週末は、もはや「祭りの終わった寂しさ」期間に入っていたのでしょう。この先も、人と会う用事はまだあるものの、さほど忙しいわけでもなく、淡々と年の瀬を過ごしております。

とは言っても、こういったのんびり期間がいつまで続くものやら。なにしろ来年2018年4月24日以降は、自分が「屋根から下りて社会に戻る」時期ですし、実際それがどうなるかは分からないにしろ、多分忙しくなるんだろうなあと思っています。

29歳から19年間続いた「屋根の上」時代も、最後の4ヶ月となり、あとはもう下りるタイミングを待つだけ。そういや山羊座土星に入ってから、妙に肩の気負いも脱けた気もしています。秋頃までモチベーションの高かったテキスト翻訳熱も今は落ち着き、最近は特に何かをする気もなく、誰かと会う気もせず、ただ散歩したり、趣味のゲームを遊んだりしています。そういや金星も山羊座に入ったので、自分だけの楽しみを満喫する時期でもありますね。とりあえず今は、29年間の「屋根の上」時代を振り返り、心身を休めておく時期なのでしょう。来年の今頃、どんな年末を過ごしているのか、今から楽しみです。