NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】闇夜の迷子

http://www.flickr.com/photos/90087955@N00/2951746987

昨夜の夢は闇夜。僕は自宅の前で、自転車に乗ろうとしていた。すると僕にまとわりつくように、小さな女の子がきゃっきゃっと遊んでいる。闇夜なので、女の子はどこにいるかはっきりしないし、顔もよく見えない。それでも手をのばして女の子をつかまえ「どこから来たの?どこの子?」と問うと、女の子は「わかんない」と言って……目が覚めました。01:56。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

うん、文章で書くとちょっとホラーっぽい夢でしたね……

「闇」は、何か未知なものが無意識から現れること。あるいははっきりしない状況。「夜」も同様で、自分の未知な部分に入っていくのだとか。「自転車」は、走り出す前にバランスの取れたエネルギーが必要と云うこと。

「子供」は自分の傷つきやすい側面、無邪気さ。「少女」として見れば、より繊細な部分。もっと少女のように無邪気にリラックスして楽しみなさいと。「女性」として見るなら、創造力、直感、フィーリング、無意識。

なんでしょうね。これから前進する前に、まだ自分でも気がついていない女性性をよく理解し、無邪気さを発揮しよう……ってことかな。

でもそんな夢解釈とは別に、夢から覚めた後「あの女の子って、もしかしたら(知り合いの)××さんだったんじゃ……」とも思ったり。なんの根拠もなく、それこそ直感なんですが、そういう感覚も大切かなと。闇の中、どこから来たか、どこにいるのかも分からない迷子ってあたり、妙に重なるものを感じました。それもまた不思議。