NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】祖父母とトイレ、柱の上に着地する

9月26日の夢。僕はトイレに行こうと、階下へ下りた。1階の座敷には、亡くなった祖父母がいる。僕はその様子を一瞥すると、トイレに入った。用を済まし、トイレの汚れていた部分を掃除してから、勢いよく水で流して……目が覚めた。04:43。

夢の中の「トイレ」は、過去の体験の浄化を意味するそうです。先日見た夢では、トイレに行こうと思ったら夢が終わってしまったので、その続きでしょうか。勢いよく流れる水を見て、なんだか凄くスッキリしたので、実際自分の中でも浄化が済んだのかもしれません。「祖父母」は、成熟した男性性・女性性を表すそうです。たしか夢の中の祖母は寝ていたので、自分の女性性も、成熟はしたものの、まだ眠っている段階かも。

Shopping Mall

そして昨夜9月27日の夢。僕は、大きな吹き抜けのある、ショッピングモールのような場所にいた。吹き抜けの真ん中には、四角い柱が立っている。僕は、3階あたりの高さから、ターザンのように屋根からつり下がった紐にぶら下がり、えいやっ!と柱めがけて飛び移り、見事その狭い(1m四方ぐらい)柱の上に着地した。僕は『良かった、着地できた~、しかしここまで飛ぶには結構気合いが要るんだな』と思い……目が覚めた。04:48。

夢の中の「柱」は、リーダーシップ、断固たる態度、自立心を表すそうです。なるほど、たしかにそこに至るには、勇気や気合いが必要ですね。その柱は、勢いよく飛び移った割に、まったくグラグラしなかったので、やはり芯の強さを表しているのでしょう。

10月10日の木星蠍座入りが控えているせいか、最近よく「着地」というキーワードが目に入ります。だから夢の中でも着地したのか、それとも実際もう着地したのかは分かりません。まあ、できれば後者であってほしいんですが……(^_^;)