NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】奪われた変化、空港へ

Basement Series: Sadness

6月8日夜の夢。僕は、薄暗い部屋で、仕事の話をしていた。目の前には、知り合いのKさん(男性)がいて『ユカリさんたちに騙された』と言う。どうやら会社の会計を任せていたユカリという女性たちに、会社のお金を横領されたらしい。僕は『それ警察に届けるレベルの話じゃないですか』と言ったが、Kさんは表情も分からぬほど真っ黒な姿でうなだれ、その後ろに見える窓からは、どんよりとした曇った夜空が見えていた。01:39。

夢の中の「お金」は人生の変化を表し、「大金」なら大きな変化を意味するそうです。しかし「大金を奪われた」というのは、どういう意味なんでしょうね。本来ならKさんが大きな変化をするはずだったのに、そのチャンスを誰かに奪われた、横取りされたということでしょうか。会計を任せていたぐらいですから、相手を信頼していたはず。その信頼も裏切られた。あるいは、相手の本質を見抜けなかった。「窓」は、ものごとを知覚する能力。星も見えない夜空。希望の光も見えないってことですかね。ちなみにユカリという名前に、心当たりはございません。

f:id:crystal0207:20180519221108j:plain

そして昨夜6月9日の夢。僕は、何かの授業を受けるため、見知らぬ公共施設の前にいた。まだ朝早く、施設の入口も開いていない。僕は、他の受講者さんたちとしばらく待っていたが、この日は今までの仕事を辞めて、別の職場に転職するため、歓送迎会に出なければならなかった。僕は、他の人たちに『歓送迎会に行かなくちゃいけないから、今日は授業に出ないよ。でも夜の懇親会には戻ってくるから、また後でね』と言い残して、その場を去り、なぜか空港に向かった。05:29。

夢の中の「授業」は、人生の学び。でもその前にやらなければならないステップが「仕事」だそうです。「空港」は、魂の覚醒に向かうところ。なにやら、妙に意味が大きいですね。それだけ大きな転機ということでしょうか。

個人的に考えると、4月5月の特別講義の忙しさも終わり、この夏は特に予定を入れず、のんびりしようと思っています。もしかすると、この夏に「転職」「歓送迎会」「魂の覚醒」的な変化があり、それが一段落したら、またヒューマンデザインの学びの場に戻るのかもしれません。夢の中でも『まあ今日の授業は出なくてもいいや』と感じていたので、それより大切な何かがあるんでしょうねえ…… 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)