NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】それは俺の荷物じゃない

http://www.flickr.com/photos/10785432@N03/7610445684

本日2回目の夢日記。というのも、ちょっと昼寝をしたらまた夢を見た。夢の中、僕は以前務めていた書店の売り場にいた。店先の台車には、自分がさばくべき荷物=大量の本が積まれていたが、よく見ると自分の担当ではない本ばかりだった。しかし同僚が書いたであろうメモには「(これ以上置きっ放しの荷物を)増やさないこと」と書いてある。僕は、うるせーな、これは俺の荷物じゃねーよ、と思ったあたりで目が覚めた。14:11。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

「荷物」は負うべきではない重荷を指すと言いますが、まさに台車に積まれた本は、他人がやるべき荷物であり、課題なのでしょう。他人から「さっさと課題を片付けなさい」と言われても、その荷物をさばく必要はないし、やるべき本人がやればいい……という解釈が、今すごくしっくり来るんですよね。

たしかに目の前には問題があって、手を出したくなるんだけれど、それを解決すべきは他人であって自分ではない。本人がやらなければ真の解決にはならないし、本人が問題に取り組むまで待つしかない、と思っています。また「本」は、人生の目的を意味するそうなので、他人の人生の目的には手を出すなってことですかね。「本」には、重要な学びが近づいているという解釈もあるし、昨夜の夢も本がたくさん並んでいる場所だったので、昨日今日の夢は結構重要かもしれません。さて何がどうなるんだか……