NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【日常】東京の左下(世田谷・目黒)へ

f:id:crystal0207:20180116184454j:image

今日は、散髪ついでに散歩に出かけ、2018年初の明治神宮へ。もう初詣という時期でもありませんが、やはり年初にはお詣りしておきたいところです。 

f:id:crystal0207:20180116184508j:image

そうそう、昨夜の夢に出てきたのも、こういう緑と石畳のある道だったなあ……(こんなに広い道ではなかったけれど

f:id:crystal0207:20180116184525j:image

f:id:crystal0207:20180116184535j:image

お詣りを済ませた後は、井の頭通りを西へてくてくと。そのまま井の頭公園=吉祥寺まで歩くつもりだったのに、なぜか環七に行き当たったところで気が変わり、あまり足を踏み入れたことのない、南の世田谷方面へと歩き出しました。途中、京王井の頭線小田急小田原線、東急世田谷線(写真は若林駅近く)を越え、結局、東急田園都市線駒沢公園駅まで歩いて、この日の散歩はゴール。まあ、特に何か発見があったわけでもありませんが、自然と足が向いたってことは、無意識に身体が、この方面を探索したがっているのかもしれません。

あちこち散歩はしていますが、いまだに東京の左下と申しますか、世田谷区・目黒区は、僕にとって未知の領域です。東京の真ん中(千代田・文京)は、高校時代に通いましたし、東京の左上(板橋・豊島・新宿・中野・杉並)は、20代の頃に一人暮らしをしていました。右上(台東・葛飾・足立)と右下(墨田・江東・江戸川)も、30代~40代で踏破済み。

しかし左下の世田谷区・目黒区となると、いまだにどの沿線とどの沿線がどこで繋がっているのか、どの駅がどの沿線にあるのか、いまいち分からんのです。ある意味、自分にとっては、最後の秘境って感じですかね。最近、今まで通っていた街に飽きてきた感もあり、そろそろ新しい散歩コースを開拓したいので、それがこの東京左下なんじゃないかと思ってます。もっともそういう場合、どこかベースになる街……散歩の起点や終点になる街が決まると、いろいろ探索しやすいのですが、まだそういった街が見えないんですよね。水瓶座は、2018~19年に大移動をするという話もあり、その移動先の候補のひとつが、この東京左下なんじゃないかとも思ってます。何の根拠もありませんが……(^_^;)