NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】神社でくつろぎながら本を読む

f:id:crystal0207:20180603092418j:image

6月1日夜の夢。僕は、友人たちと初詣に来ていた。見知らぬ神社の境内を歩くうち、ふと昭和な雰囲気の居酒屋が目に留まった。僕らは、中に入って一杯やろうと思ったが、あいにくあと30分ほどで閉店時間だ。それでも店主は『閉店した後も飲んでていいよ』と言い、僕らを中に入れてくれた。06:30。

6月2日夜の夢。僕は、近所の神社の境内にいた。僕は、本殿の前のソファに座り、本を読んでいたが、突然その本をバシッと叩く男が現れた。男は『あなたの本が太陽を反射して眩しいんです。本を読まないでください。それはそうと、こういう仕事がありまして……』と何やらセールストークをカマしてきた。しかし紙の本が光を反射するはずもない。結局は、儲け話をするために、僕の読書を邪魔したのだ。僕はその男を追い払い、ソファから立ち上がったが、どうにも気分が悪い。そういえば、会社へ行く時間はとっくに過ぎている。僕は携帯を取り出し『今日は気分が悪いので休みます』と連絡をした。会社を休むのは、これで何度目だろうか……と思ううち、なぜか僕は職場にワープしていた。すると上司の営業部長が、僕以上に具合が悪いらしく、フラフラと歩いていた。06:48。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「神社=神聖な場所」は、魂による気づきを表しているそうです。「初詣」ということは、何かしらの気づきを得たことで、新しい一年が始まる、新しいサイクルが始まるということでしょうか。

その同じく「神社=神聖な場所」で、ソファに座ってくつろぎながら「本」=人生の目的に取り組んでいるのに、金儲けの話をして邪魔をしてくる輩がいる。その輩が言った『あなたの本が眩しい』というセリフは、『あなたの人生の目的が眩しい』という意味でしょうか。だからといって、その目的に取り組むのを止めろとでも? 知るかボケ! まあ「神聖な場所」で儲け話をされたら、たしかに気分が悪いですわな。しかし僕以上に、気分を悪くしている上司がいると。

そういや5月31日の夢も、上司が病気で倒れるという設定でしたね。実は、ちょうど20年前のサターン・リターン(土星回帰)の頃、務めていた会社の営業部長が肺ガンで入院するという事件が起きました。幸い、早期の発見だったため、術後は割と早く仕事に復帰されたのですが、そういった事態がまたこのキロン・リターン(小惑星キロン回帰)で起きるのかもしれません。

また「神社でくつろぎながら本を読む」=「神聖な場所でくつろぎながら人生の目的に取り組む」のが、自分の本文であり、金儲けではないんだろうなと。いやもちろん、現実的に生活をするうえでお金は必要なんですが、それより先に取り組むべきなのは、人生の目的だろうし、それに取り組むことで、お金は後から自然に付いてくるとも感じています。取り組む順番は、大事です……