NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】ウサギのように見えるけれど

http://www.flickr.com/photos/7156765@N05/14398317814

昨夜の夢。僕はどこかのホテルに泊まっていた。しかし僕一人だと思っていたら、同じ部屋に見知らぬ女性も泊まっている。はて誰だろう?と思いつつ、僕は一人で地下の大浴場に下りていった。混雑した脱衣所では、裸のおじさんたちが何やらお灸のようなモノをすえている。僕は風呂に入ろうと思ったが、タオルが無かったので諦めた。

気がつくと、僕はいつの間にか屋外の、駅前のような場所にいた。そこには知り合いが数人いて、なぜか「ああ、ホテルに女性と泊まったことを説明しないといけないなあ」と思った。そして不意に「ウサギだと思っていたけれど実は牡羊だった」という言葉が脳裏をよぎった。

するとまた場面が変わり、僕はバスの車内にいた。隣にはまた見知らぬ女性がいる。ふと「8月13日」という日付が思い浮かび……目が覚めた。05:08。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

「ホテル」は成長のための可能性。「階段を下りる」は間違った方向に行くこと。「風呂」は浄化の時間。「タオル」は浄化が終わった後、自分を保護するもの。うーん、まとめてみると、今は自分の女性性(感覚的な部分)と共に成長する可能性があるのでしょうか。見知らぬ女性だから、自分でも今まで気づかなかった感覚とか。逆に男性性(論理的な部分)を浄化する必要は無く、男性性の中でくつろぐ必要もないと。「駅前」だったから、仕事上のチャンスをつかみたいなら、女性的な感覚を知り合いに伝えなさいってことかもしれませんね。

http://www.flickr.com/photos/129685153@N03/17731010514

「ウサギ」は何も計画せずにぴょんぴょん行動すること。「ヒツジ」は何も考えず、従順に自分を他人に任せてしまうこと。でも「牡羊」となるともっと猛々しいイメージですかね。実際、かわいらしいウサギのように見える牡羊座の知り合いさん(女性)もいますが、本当は……ってことかも(^_^;)

「バス」は自分を表現するための潜在能力。ここでも女性が出てきますから、やはり自分の女性性、感覚的な部分を大切にした方がいいのでしょう。

そして今年の「8月13日」は獅子座新月の前日。今日「7月15日」は蟹座新月の前日。さてこの一ヶ月で何がどう推移するのか。引き続き経過観察ですねえ。