読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】自分が置かれた場所を知る

今日は雨の中、南船橋・新浦安とぶらつき、コメダ珈琲店で休憩。たっぷりブレンドコーヒー飲みつつ「辺境生物はすごい!」を読み通してきました。

本書では、著者の長沼氏が、極地や深海など辺境に暮らす生物を語りつつ、過酷な環境で人間が生き抜くことにも触れています。過酷と言っても暑い寒いではなく、不遇な時期や望まぬ状況など、人生の過酷さであるのが面白いところ。そのような状況を「めんどくさっ」と嘆きつつも「世界にはかなわない」として適応していくあたり、達者な人生論として楽しめました。

この「世界にはかなわないのだからジタバタするな」という観点は、ヒューマンデザインが言う「自分が乗っている自動車のハンドルを握るな」に通じるなあと。辺境生物も、過酷な環境をコントロールしようとはせず、滅びなければいい、生き残ればいいという状態にあるそうです。人生も勝負をする必要はなく、誰かに打ち勝つ必要もない。その境地に至ると、人生も楽になりますわな。

Wasteland

ヒューマンデザインでは、自分が人生で出会う環境が導き出されます。それはまさに過酷な環境で、あたかも逆風のように感じるとも言われています。ただ、その逆風に打ち勝つことが目的ではありません。やはり辺境生物のように、その環境に身をゆだね、適応すればいい。負けなければいい。ただ、受け入れる必要はある。逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。置かれた場所で咲きなさい……という感じですかね。

ということで、自分が置かれた場所がどんな場所なのか、知ってみたい方は、是非ヒューマンデザインのリーディングをどうぞ……

・リーディング等、ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。

置かれた場所で咲きなさい

置かれた場所で咲きなさい