NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】ウラヌス・オポジション・リーディング

Uranus from Voyager 2. 23.1.1986.

新メニュー、ウラヌス・オポジション・リーディングのご案内です。ウラヌス・オポジション(天王星半回帰)とは、天王星が、あなたの誕生時の位置からホロスコープ上で180°の位置に達することです。天王星の公転周期は84.25年なので、ホロスコープ上を半周するには約42年かかります。つまり、多くの方が42歳前後でウラヌス・オポジションを迎えることになります。今、人間もだいたい84歳ぐらいまで生きられますから、まさにウラヌス・オポジションは人生の中間点を示しており、ここから人生後半のテーマが下りてくるわけです。「中年の危機」と呼ばれるのもこの時期ですね。

ヒューマンデザインでは、このウラヌス・オポジションを、本来の自分を取り戻す時期としています。生まれてから約42年生きてきて、多くの方は、周囲から様々な影響を受け、理屈(マインド)でものごとを判断するようになり、本来の自分から遠ざかってしまいます。それでは50歳での開花期(キロン・リターン)が迎えられないとばかりに、ここでガツッと軌道修正が入るわけです。

多くの方が「中年の危機」で、仕事を辞めたり、離婚したり、大きな変化を経験します。しかしその変化は、まったく別の道へ進むと言うより、本来の道へ帰るためのUターンだったりするのです。

この時期もサターン・リターン同様、夢中になる相手と出会い、イライラするものごとと遭遇します。それによって本来の自分にUターンして、50歳以降の人生の開花期……小惑星キロン・リターンに備えるのです。

ウラヌス・オポジション・リーディングでは、そのような42歳前後からの人生後半のテーマをお伝えします。ただ、まずは御自分本来の情報が必要なので、先にフル・リーディングを受けて頂く必要があります。本来のデザインに対して、新たに下りてくる天王星回帰のデザインとの関係性を見る必要があるのです。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)や、

 ウラヌス・オポジション・リーディング(事前にフル必須)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。