NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】ロケットランチャー、処分したゲーム、両手で握手、状況に取り組まない人

2013TSTM052_073

昨夜は、妙に疲れていたので22:00に就寝。朝までぐっすり眠ろうと思ったら、4回夢を見て、その都度目を覚ますという満月の夜でした。やっぱ疲れてんのかな……

最初の夢は、戦争の夢だった。僕は肩撃ち式のロケットランチャーを抱え、遠くにいる敵兵に狙いを定めた。ところが視界に入った敵兵は、第二次大戦のドイツ兵とアメリカ兵の装備がごっちゃになっていて、誰が敵だか味方だかよく分からない。とりあえずロケットを一発発射してみると、敵兵の姿は一人も見えなくなった。23:13。

夢の中の「武器」は、エネルギーの誤用を表すそうです。誰が敵だか味方だか分からないところへ、誤ったエネルギーをぶつけてしまうと、敵も味方もいなくなる……ってことですかね。気をつけましょう。

Game Night

二度寝した後の夢では、友人から『ゲームを譲ってくれ』と言われた。しかしそのゲームはもう処分してしまって、僕の手元には無い。僕はこれから学校に行くんだ……とか何とか言ったあたりで目が覚めた。01:27。

夢の中の「ゲーム」は、人生のゲーム。でももうそのゲームを遊ぶ時期は過ぎ、また「学校」=学びの場に行って、新たな人生のゲームに取り組むってことですかね。

Handshake

三度寝した後の夢では、僕は、何かしらの有名人という設定だった。僕のところには、握手を求めてくる人が何人もいて、僕はその人たちの手を両手でしっかりと握りしめた。04:57に目が覚めた。

夢の中で「手がさしのべられる」は、援助が来るということ。「左手」はその助けを受け取り、「右手」は自分からもエネルギーを返すこと。

Bookstore

四度寝した後の夢は、テレビのバラエティ番組のロケという設定だった。企画としては『街のどこかに隠れている、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田さんを見つけろ』というもので、僕はそれを探す参加者だった。ところが最初に古本屋さんに入ってみると、そこにいた上田さんはまだ隠れる準備ができておらず、あたふたと身を隠そうとしたが、完全にまる見えの状態だった。僕は「すぐに見つけたら番組にならねえな」と思い、上田さんを見て見ぬ振りをして、店の外へ出た。

すると、信号の無い大きな交差点にたどり着き、そこでは交通事故があったらしい。そのまま通り過ぎようとしたが、救急車から事故車へ氷を運ばなければならないらしく、僕は救命隊員から氷を受け取って、事故車へ持っていく手伝いをした。

次に僕は、宅配業者の人に出会い、荷物を配達する手伝いをした。ポストに入りきらない大きな荷物を持って、さっきの古書店にその荷物を届けた。すると、くりぃむ上田さんが「こっちの仕事も手伝ってくれるの?」と言ってきたが、僕はそれを断り、カラクリ忍者屋敷のように、その店の壁をぐるんと押して、秘密の抜け道から出ていった。06:31。

夢の中の「本」は人生の目的ですが、「古本」となると、もう古びて意味の無い人生の目的、という感じでしょうか。「隠れる」は、与えられた状況に取り組まないこと。「氷」は、凍り付いた感情。「荷物」は、人生の余計な荷物。実際、自分の周囲にも、与えられた状況に取り組んでいない人がいます。多分、その人は、もう意味の無い目的にしがみついているし、感情も凍り付いているし、人生で余計な荷物も背負っている。なので「あー、これはあの人のことだな」とピンと来ました。ただ、その人の仕事を手伝う気はさらさら無いので、さっさと抜け道から逃げてしまった方が良いのでしょう。それにしても長い夜だったな……

くりぃむナントカVol.1 [DVD]

くりぃむナントカVol.1 [DVD]