NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】人生の面倒くささに向き合う

Atlas

歯の詰め物が取れたので、久しぶりに歯医者さんに行きました。実は虫歯にもなっていたようで、ついでに歯の総点検という事態に。また花粉症も出てきたので、先週買ったばかりのウイスキーも、花粉症を促進してはまずいとばかりにしばらく封印です。

とまあ、世の中には「面倒だけど、やらなくちゃいけないこと」「心地良くないけれど、その人にとっては必要な、正しいこと」があるものです。虫歯になったら、歯を削るドリルを怖がってはいられない。お酒を飲みたくても、控えなきゃならんわけです。

ヒューマンデザインで、自分なり誰かを分析してみると、やはりそういった「人生のめんどくささ」が浮かび上がってきます。その人が人生の目的を果たすために、面倒でもやらなきゃいけないことがあるわけで、それを避け続けていると、いつか目の前にドーン!と大きな形で現れて、向き合わざるを得なくなる……そんな印象もありますね。

Flower

逆に考えれば「心地良いことがすべて正しいとは限らない」「最初は心地良く感じても、後から間違っていたと気づくこと」もあるわけで、これも結構、厄介ですな。もちろん、心地良い仕事や人間関係は必要なのですが、頭の中がお花畑になっていて「楽しいからいいの~♪ 嫌なことはしなくていいの~♪」とか言いつつ、実は「楽なことに逃げている」だったりすると、必要な学びが得られないと。

なので厳しそうに感じても、人生の修行には、早めに取り組んだ方が良いのですが、そこで苦行を避けてしまう人間の弱さもありますしね。周囲がいくら言っても、結局は本人の問題だし、その結果も本人が背負うことになるので、任せるしかないわけです。

そんな「人生の面倒くささ」に向き合ってみたい方は、是非ヒューマンデザインのリーディングをどうぞ。

 

・ヒューマンデザインの個人リーディング・基礎講座を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。