NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】牡牛座新月:宝の持ち腐れは✕

Treasure 013-1

明日4月26日21:16、牡牛座新月。今回の月の(そして太陽の)位置は「養い育てる」ゲートの「他人のリソースをうまく分配する」です。たとえばお金やモノなど、様々な資産(リソース)を持っていたとしても、本人にそれをうまく分配する才能があるかどうかは、また別物。「宝の持ち腐れ」とか言いますしね。今回の新月は、そういったお宝をうまく分配してくれる人を見つけられる、という位置なのです。

この位置が逆向きに作用すると、自分が持っているお金やモノに執着してしまい、それを分け与えることを恐れ、周囲の人々を養い育てることも出来なくなります。果たしてあなたは、お宝を抱えたまま腐らせている人でしょうか、それとも誰かのお宝を分配するよう頼まれる人でしょうか。また人類を「養い育てる」うえで、一番大切なことは、知性を養うことだとも言われています。ここで言う資産=リソースも、お金だけでなく、知識に関わるものかもしれません。「この知識は私だけのものだ!」などと言い出すと厄介なことになるのでご注意を。

Old & Young

また現在、火星と木星が手を組む位置にあり、「脳波よりも速く、直観を口にする」力が下りています。この力は、瞬間的な直観によって、自分の個性を他人の影響から守ります。「この人と一緒にいたら自分ではいられなくなる」「この人と一緒にいれば自分らしくいられる」という気づきがある時期なのです。

特に火星は「生徒が先に進むことによって、追い越された教師が気づきを得て、行動できるようになる」という位置にあります。自分より若い人や、経験が浅い人でも、いつの間にかどこかで追い抜かされる場合があります。そういった若年者の助けを借りる位置ですし、もしかすると新月「リソースをうまく分配してくれる人」も、自分より若い人なのかもしれませんね。

昔から「今時の若い者はなっとらん」的な物言いがありますが、そう言っている自分がいつの間にか頭のカタい老害になっている場合もままあります。今回の新月の位置では、むしろ甘く見ていた若者たちの才能を見直してみることが必要かも。