NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】双子座新月:空しさを埋めようとして動きだしても……

walking

明日6月3日19:02、双子座新月となります。今回の新月(と太陽)の位置を、ヒューマンデザインのホロスコープで見てみると「空虚感を満たそうとして、変化を起こそうとする」となります。ここは、変化や前進を求めたり、新たな経験に移ろうとする位置なのですが、今回の新月ではそれがネガティヴな方に偏り、ただ単に、空しさを埋めるためだけに変化を求めてしまう位置になっています。

この位置では、止まることを恐れて、何か変化を起こそうとするのですが、そこには創造性が無いため、周囲に何も影響を与えず、結局、前進も発展もできないとしています。「止まることを恐れて、動きだしたけれど、その恐怖によって停滞する」わけです。変化しない時は退屈に感じますが、変化はいつかやって来るものですから、それを待ちましょうということですね。

f:id:crystal0207:20190602163939p:plain

そして今回の新月では、先月5月5日の牡牛座新月に続いて、個人的な感情を言葉として発する力が下りています。ここは、感情を生のまま吐き出すのではなく、適切かつ優雅に調整して発するチャネルです。しかしここは感情的ですから、その気にならないと、自分の言葉は発しません。もしかすると、ずっと前から抱えていた感情を、ようやく出そうとする時期なのかもしれませんね。しかし牡牛座新月の時は、火星+海王星という組み合わせでしたが、今回の双子座新月では、火星に代わって水星が入り、コミュニケーション能力としては適切な配置になっています。

ちなみに海王星「お行儀の良いスタイルで、自分も他人も欺く」にあります。たとえ激しく、熱い感情があっても、それを隠して、慇懃に話すようなイメージです。また海王星そのものがベールに隠す星なので、個人的な感情が隠されていたけれど、そのベールが突然取り払われ、自分の本当の感情に気づく、という場面もありそうです。

一方、水星は「チャネルとしてつながることで、突然変異が生じ、新たな社会の形が生まれる」「停滞に適応しきった、逆行的な進化が生じる」のどちらかです。個人的な感情を発することで突然変異が起きるか、それとも感情を発しないまま、停滞や諦めの境地に至るという感じでしょうか。

いずれにしろ、率直に感情を伝え合う力ですが、あまりそれに引っ張られ過ぎると良くないのは、いつもと同じ。なんとなく『そう言えば、前から思っていたことを、ちょっと丁寧に話したなあ』と感じるぐらいでOKかなと。星からの影響を知りつつ、その影響と遊んでみる、ぐらいの感覚が良いかなと思っております。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。