読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】双子座満月:アウトサイダーが来る

outsiders

ノードは引き続き「家族や仲間同士の取引」にあり、冥王星「野心における思慮分別」に、天王星「危機やパニックが生じても、一人落ち着いて生き残る」にあります。僕自身もここ最近、ノードと冥王星が示す仕事契約を進め、天王星の影響もあったのか、人と会う約束がドタキャンになったり、用事が滞ったりと、ぷちパニックが続いていました。まあ、その程度のパニックで済めば良いんですけどね。

そんな明日12月14日09:06、双子座満月。今回の満月も(3ヶ月続けての)スーパームーンだそうで、その影響も大きいのでしょうか。ヒューマンデザイン的な月のストーリーは、11月29日射手座新月「目標に狙いを定めて決断する」から12月7日魚座上限の月「疑うことは良いことだと断言する」を経てきました。目標に狙いを定め、論理的に疑いながら案件を進めた結果、たどり着いた今回の射手座新月「もう一度考え直し、風変わりな人や排除した人を呼び集める」です。

アウトサイダー(上) (中公文庫)

アウトサイダー(上) (中公文庫)

 

風変わりな人、つまりアウトサイダー、家族や仲間から見れば部外者ですね。当然、風変わりな個性がありますので、家族や仲間からいったん除外されるわけです。でも「やっぱりあの人を仲間はずれにしたのは間違いだったなあ」と思い直し、もう一度呼び集めるという位置なのです。年末ですからねえ。クリスマスぐらい、あの人も呼んであげようよ、という話になるかもしれません。ただ、そこでアウトサイダーに対して、その人の革新的な居場所を作ってあげる人もいれば、家族や仲間のルールを守れよと言い出す人もいるわけで、一波乱あってもおかしくない位置かなと。

また、すでに火星と金星によって、感情とイマジネーションの力が膨らんでいます。元々、現在のノードだけでも全人類が感情的になっているのに、ここへ来てさらにもう一本、感情のつながりが生まれたわけで、この新月からクリスマスに向けて、浮かれたり、落ち込んだりという感情の波を経験できるでしょう。

そして月のストーリーは、12月21日乙女座下弦の月「才能があって成功する歌姫(ただし気難しく、人の気分を害する)」から12月29日山羊座新月「誘惑から身を守りつつ、誘惑に屈せず、誘惑を楽しむ」へ移ります。クリスマスイヴまでは感情的な星の配置が続きますが、あまりそれに引っ張られすぎないよう、自己観察しつつ、自分を保っていきたいところです、はい。

 

・ヒューマンデザインの個人リーディング・基礎講座を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。