NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】蠍座新月:確実な失敗、卑屈、依存症

red would eventually win

明日10月28日12:38、蠍座新月となります。今回の新月(と太陽)をヒューマンデザインのホロスコープで見ると「たとえ苦しい時でも、慎重にリスクを取る」「苦しいからこそ、リスクに手を出してしまい、確実に失敗する」という位置になります。 ここは、人生のゲームでバクチを打つ位置です。『私は、どうしてもこれがやりたい。そのためなら、多少のリスク(危険性・損害を受ける可能性)は引き受けてやる』といって、人生の大勝負をかけるワケです。しかし負けが込んできた時に打つバクチは、大概失敗してしまうものです。今回の新月に引っ張られ過ぎると、一発逆転を狙って、投機的な手段に手を出してしまい、最終的には失敗するので、ご注意ください。

しかもこの新月(と太陽)は、サウスノードと手を組み「人生で価値あるものに対してもがく(苦闘する)」という力を下ろしています。サウスノードは現在「苦しい時に、卑屈で、慇懃無礼な態度で戦い、自分自身を殺してしまう」にあります。ここは、騎士やサムライのように、正面から堂々とリスクを負って戦う位置です。ただしサウスノードは、この位置の性質をネガティヴに偏らせているため、礼儀正しく戦うけれど、卑屈な態度が見え見えなため、勝負に負けてしまうワケです。

Addicted to pain

ちなみに、今回の新月(と太陽)と180°の位置にある地球は、天王星とぴたりと重なっております。この地球と天王星「人生の質を高めてくれるお世話は何なのか、お世話してくれる人は誰なのか、秘密警察のように嗅ぎ回り、必要以上のお世話を求めようとする」にあります。ここは、非常に貪欲な位置であり、悪くすると「必要以上のものを手に入れようとして、相手や薬物に依存し、中毒症や廃人になる」という位置です。お世話(Caring)には、気にかけてくれる、という意味もあります。誰かに気にかけてもらえたら、私の人生はもっと良くなるのに……と思って、相手を求め過ぎてしまうのは、ある意味、相手に依存しているわけですよね。怖いなあ。 

しかし、こういった力が下りているせいですかね。僕自身もここ数日、妙に欲しくなったモノがあり『買っちゃおうかな、でも買っても使う時間が無いよな、本当は必要無いよな、でも買っても財布には痛くないよな、でもやっぱり止めようかな』という、まさに経済的なリスクを取るか取らないか、迷っておりました。これもある意味『あれを買えば、僕の人生はもっと良くなる』という、物質依存症、買い物依存症につながりますよね。いかん、いかん。とりあえず、しばらくムダな買い物は様子見ですね。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。