NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】人生前半・後半の境目を振り返る

I Need to Get Back Out on the Road Again

予定していたお盆休みも終わりましたが、急な仕事が入らなかったので、今日もお休みモードを延長。このBlogとは別の、趣味Blogを整備しようと、昔ココログで書いていたBlog記事を発掘して推敲・再アップするという作業をしていました。

で、この作業中、2011年頃に書いたBlog記事を眺めていたのですが、我ながら『えっ、こんな本読んだっけ?(読んですぐ処分した)』『こんなところ行ったっけ?(完全に忘却)』『こんな人と出会ったっけ?(今では疎遠)』という事例が多々あったのです。

2011年と言えば、もちろん東日本大震災があった年ですが、僕個人としては、42歳という人生前半・後半の境目にあたる年でした。僕自身、地震で家族を失ったわけでもなく、家や仕事をなくしたわけでもありません。しかし今、2011年を振り返って見ると、どうやら2010年までの人生前半の惰性のまま来ていた部分と、2011年から始まったけれど落ち着いていない部分が渾然と混じり合った一年だったように思えるのです。

f:id:crystal0207:20150423145406j:plain

僕は、ヒューマンデザインで見ると、29歳と49歳前後の転機の方が強く表れるデザインです。それに比べれば、42歳前後の転機は薄いはずで、たしかに29歳や49歳よりインパクトは弱かったと思います。しかし自分でも気づかぬうちに、穏やかな波にゆったりと動かされ、つきあう人や、趣味や仕事が変わることになりました。その波に揺られている時は分からないけれど、後になってみると、ずいぶん遠くまで運ばれてきたなあと。

そして世の中の大半の人たちは、この42歳前後の転機=ウラヌス・オポジション(天王星半回帰)が強く表れると言われています。実際、今42歳前後で、そういった人生前半・後半の切り替えを感じている方も多いでしょう。そこでイライラや不安を感じているようでしたら、フル・リーディングの後、ウラヌス・オポジション・リーディングで、より詳しく、人生前半・後半の転機を知るのも大切かと思います。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】 「Understanding The Transit Program」

f:id:crystal0207:20190817100126p:plain

ヒューマンデザインの英文テキスト「Channels by Type」の第4巻「Understanding The Transit Program」を入手しました。全124ページ。こちらも、すでに昨年購入している「Channels by Type」1~3と同じく、創始者ラーが1999年にニューメキシコ州で行った講義の記録です。ただし1~3は、その名の通り「タイプ別チャネル解説」だったのに対し、この4だけ趣向が異なり、トランジット(その時点での星からの影響)を理解するものとなっています。

その内容は、ラーが、実際に講義を行った1999年4月12日~18日のトランジットを見て、星々からの影響をどのように解釈するのかを伝えるものとなっています。

僕自身もこのBlogで、新月・満月や、遠惑星がゲートを移動した日や、ノード軸が変わった日には、いろいろと予測を書いていますが、より精度を高めるためには、このテキストも訳して読んだ方がいいかと思っております。まあ、未訳のテキストが山積みになっているので、まずはひとつずつなのですが、いずれ……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【夢日記】エスカレーター、東急線と車椅子、卒業式

Escalator

昨夜8月15日夜の夢。水瓶座満月のせいか、妙に強い夢を何度も見てしまった。

まず、夢その①。僕は、学校のような場所にいた。そこでメロディも無い、ただ音が鳴っているだけの、曲とも呼べないような現代音楽が流れると、周囲の人たちが『これは凄い、凄い』と言い出した。僕は『そんなピン・ポン・パンみたいなの、どこが良いんですか?』と言ったが、みんなは夢中になっている。僕は、こりゃ無理だわ、この授業は出なくていいやと思い、教室を出た。僕は外に出て、どこかの商業ビルに入り、上りエスカレーターを上がったが、朝早いらしく、まだ開店前だった……

夢の中の「教室」は、人生の学びの場。「音楽」は、癒やしや美。でもその音楽は、僕にとって癒やしにはならなかった。「エスカレーターで上がる」は、最良の選択で、最良の方向に進むこと。「店」は、成長に必要な手段やチャンス。教室から出たのは、最善の判断だったとしても、まだ必要なチャンスには出会っていないと。

Tokyu Toyoko Line "Shabon-dama" Train

そこから二度寝して、夢その②を見た。僕は、東急線らしき電車の側面にしがみつき、そのまま駅へと向かっていた。なかなか危ない状況だったが、すぐ駅に入ったので、ホームに下り、そこから階段を上がって、また別の乗り替えホームに向かった。乗り替えホームでは、沢山乗客が待っていたが、テーブルもいくつかあり、知り合いの独身女性ばかりが集まってお茶会をしていた。そこに加わると、知り合いのIさん(女性)がコーヒーをこぼしてしまった。代わりの飲物が来るのを待っていると、次の電車には間に合わない。僕は、その独身女性たちを置いて、ホームに入って来た電車に乗ろうとした。

電車は結構混んでいたが、ドアが開くと、車内では、30代ぐらいの女性がぶっ倒れている。ホームとは反対側のドアも開き、車内はだいぶ空いたものの、大丈夫かな?と、電車に乗るのを躊躇していると、僕の左腕を、誰か男性が引き寄せ、少し強引に電車に乗せてくれた。車内は座れなかったが、まあまあ余裕があり、ホッとして背後を振り返ると、さっき倒れた女性が、電動車椅子に座ってぐったりしていた……

はい、また出ました「電車」「駅」「ホーム」「乗り替え」=仕事上のチャンスをつかまえたり、仕事の進路を変更する系の夢ですね。しかし電車の側面にへばりついている夢は、初めてです。たしかに3~4年前、作家仕事から今の仕事にシフトする時期は、経済的にかなりヒヤヒヤでしたね。それが済んで「階段を上がり」=正しい方向に進み、また別のホームに向かっている。そして独身の人たちは置いて行く。むむ、それって結婚ってこと? しかし先に電車に乗っていた=チャンスをつかんでいた女性は、行動不能に陥ってしまう。「椅子」は、自分が置かれた状況なので、「車椅子」となると、その状況に拘束されるという意味でしょうか。そして「乗客」=お客さんもぐっと減る。でも、それと入れ替わるように、僕が強引にその電車に乗せられる……のかな?

実際、僕の観測範囲でも、最近まで経済的に上手くいっていたのに、今では精神的な病に陥っているのでは?と思う女性がいます。その女性のことなのか、それともまた別の女性が病んでしまうのか? そしてお客さんが減っても、むしろ車内は快適というのも面白いですね。忙しすぎるのも考えモノですから……

f:id:crystal0207:20190816100407j:plain

そこからまた三度寝をして、夢その③を見た。僕は、どこかの講堂で、仕事か資格の卒業式を迎えているという設定だった。すると先生が『この中に、ビートたけしさんからお祝いの手紙をもらった人がいます』と言う。誰だろうと思っていると、それは僕自身で、先生が『手紙は、午後になったら開けるといいよ』と教えてくれた。僕は、いったいどこで、たけしさんは僕の仕事を知ったのだろう?と不思議に思った。

気がつくと、僕は、卒業式を終えたみんなとバスに乗り、明治神宮から表参道へ向かっていた。車窓から見ると、原宿あたりには、袴姿の女性も多く、やっぱり今は卒業シーズンなんだなあと感じた。そのうち、お笑い芸人のハライチの澤部さん似の男が現れ、僕に向かって『どうしてお前がたけしさんから手紙をもらうんだよ!』と怒ってきたが、ああ、嫉妬しているんだなあと分かると、特に言い返す気力も出なかった。

やがて僕たちはバスから下り、夜の街に着いた。すると知り合いのTさん(男性)が、真っ暗な坂をどんどん下りていく。僕は、Tさんの姿を見失わないよう、暗闇の中、必死に追いかけた。しかし暗闇の先で、急に開けた公園が現れ、大勢の人たちがバーベキューを楽しんでいた。Tさんの姿は、その人ごみに紛れて消えてしまった……

夢の中の「卒業式」は、今までの課題を終え、次の成長段階へ進むこと。卒業シーズンってことは、他の人たちもそうなんですかね。「手紙」は、情報や教え。今日の午後になったら、思わぬ情報が入ってきたりして。「バス」は、自分の潜在能力。それに乗って進めと。しかし「坂を下りた」=間違った方向に進んだ人を追いかけても、その人を捕まえられるわけではない。

……とまあ、この夢日記を付け始めて約6年半。その中でも屈指の、強烈な一夜となりました。さすが水瓶座満月。いろいろインスピレーションが下りて来ましたが、それが現実とどう重なるかは、これから要経過観察ですね…… 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

【ヒューマンデザイン】水瓶座満月:その結婚や離婚や政治的要求は、本当に必要なのか?

How to Make a Girlfriend Happy?

明日8月15日21:29に、水瓶座満月となります。今回の満月(と地球)は、ヒューマンデザインのホロスコープで言うと「家族や仲間内での革命」にあります。ここは、感情的なゲートであり、家族や仲間に必要なものを見極めます。ただし、感情の波に左右されるため、『あなたが必要なんです』にもなり『あなたなんか必要じゃないわ』にもなります。これによって、この位置は「結婚と離婚」のゲートとも呼ばれています。

ある意味、結婚は、新しい家族を創るという「革命」です。逆に離婚は、今の家族を壊すという「革命」です。ただし、新しい家族を創るにしろ、今の家族を壊すにしろ、本当にその必要があるかどうか、ゆっくり時間をかけて見極める必要があります。なにしろここは感情的なゲートですから、結婚した後で熱が冷め『やっぱり結婚するんじゃなかった』と思うかもしれませんし、離婚した後で怒りがおさまり『やっぱり離婚するんじゃなかった』となるかもしれないからです。まあ、時期的にも暑いですし、良くも悪くも頭に血が上ったら、クールダウンした方が良いですね。

Demo

さらに細かく見ると、今回の満月は「仲間内での人権を保障するために、古い秩序を交代させる、政治的要求」にあります。つまり、この家族や仲間内では、人間の権利が不当に扱われているため、それをどうにかしろという政治的要求が行われるわけです。ちょうど今の、実際の政治状況でもよく見られますね。しかしここで為される政治的要求は、そのことで頭がいっぱいです。相手のことは、考えません。『お前の都合は知らない。とにかくこの家族や共同体をどうにかしろ』と言い出すわけです。いつも言いますが、星からの影響に引っ張られ過ぎると、本来の自分を見失うことになります。ですから、たとえ自分が正しいと思って政治的な要求をしても、それが通るとは限らないし、ポジティヴな結末になるとも限らないので、注意が必要です。

また、この政治的要求がネガティヴに作用すると「人々の要求に応えて、革命を起こすという政治的な話をしたのに、実際には実現性は無く、やるやる詐欺で人々を騙す」となるので、これまた注意が必要です。

また太陽は「私には論理的な答えが分かっていますと、役者のように見事に嘘をつける」にあります。その太陽の近くにいる金星は「楽してお金を稼いだり、人々から認められる」にあります。いやー、ウサン臭いですねー。そして、その太陽の役者っぷりがバレないような偏りも見られます。なんだか、無茶苦茶ダマされやすそうな配置ですね。

まあ、厄介そうな満月ですが、こういった影響に引っ張られ過ぎず、本来の自分をキープできていれば、一時の感情に左右されて、結婚したり離婚することもなく、妙に政治的な発言にダマされることもないでしょう。しかし水瓶座の自分としては、この影響を妙に受けないか、ちと心配ですな……(^_^;)

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【夢日記】また「乗り替え」の時期かも

subway

8月9日夜の夢。僕は、見知らぬ商店街にいて、その一角にある小さな商店の2階を借りようかと思い、下見に行ってみた。その1階には、すでに夫婦が経営している雑貨屋さん?が入店していたが、あまり経営は上手くいっていないらしい。旦那さんは『とりあえず、あと一年やらせてくれ』と言っていたが、奥さんは不満そうだった。

そこから僕は、地下鉄に入る階段を下りていったが、その階段が途中で切れている。仕方なく、えいやっ!と床まで飛び降り、ホームに入った。電車に乗ると、乗務員さんが3人いたが、全員見習いらしく『でも、3人いれば心強いですよね』と話していた。

夢の中の「お店」は、成長やチャンスの手段だそうです。そういった手段を借りるということ? そして、すでにそういった手段を手にしていながらも、上手くいっていないカップルもいると。「階段を下りる」は、間違った方向に行くこと。「地下鉄=地下の電車」は、無意識の、組織内での仕事のチャンス。見習いが運転しているような仕事のチャンスには乗るなってことですかね。

2011-02-11 京成上野駅に並ぶ新旧スカイライナー

8月13日夜の夢。僕は、誰か知り合いと、駅のホームに停車している電車に座っていた。その車内には、面倒なオジさんがいたので、僕はそのオジさんを両手で持ち上げ、隣のホームの、別の電車まで運んでいった。オジさんは抵抗もせず、そのまま電車も発車し、どこかへ行ってしまった。僕もあわてて元の電車に戻り、すぐ出発した。

ところが出発して、窓の外を見てみると、どうやら自宅とは逆方向に向かっているらしい。そこで、ひとつ先の駅で下り、階段を上がって乗り換えのホームに向かうことにした。しかしその雑踏の中でも、また誰か面倒な人と出会った気がする。僕はかまわず、ペットボトルの水を買い、乗り換えのホームへ向かった。するとそのホームにも、また別のオジさんが、酔っ払ったのか、仰向けに倒れていた。

夢の中の「駅」は、仕事上のチャンスをつかまえる場所。「ホーム」は、そのチャンスを待つ場所。「階段を上がる」は、正しい方向に向かうこと。「乗り換え」は、キャリア的な転進。ということは、仕事上、面倒な相手を排除して、正しい方向にキャリアを変えても、また面倒な相手に出会うということでしょうか。うわ、ホントに面倒……

しかし数年前の一時期、よく「駅」「ホーム」「電車」「乗り替え」の夢を見ていたものの、ここ最近は見なくなったなーと思ったら、また続けて見てますね。たしかにあの頃は、仕事上の「乗り替え」の時期でしたが、またそういう時期に来たのでしょうか…… 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 
100の夢事典

100の夢事典

 

【ヒューマンデザイン】見た目から本当のデザインは分からない

f:id:crystal0207:20190812082438j:image

昨日は、横浜にてフルリーディングでした。6日前と同じ場所で、同じ席だったので、同じような写真になっております。

昨日のお客様は、直観が鋭いプロジェクターさんでした。新時代の人類の導き手であるプロジェクターは、相手個人に焦点をあてて、どう導いたら良いかを感じると言われています。そのうえ昨日の方は、相手の才能を見抜いたり、相手の話を聞いて真実を見抜く力もお持ちだったので『誰かから「悩みがある」と相談されても、それが本当の悩みではないと分かる』『逆に「悩んでいない」と言いつつ、本当は悩んでいることが分かる』という感覚もお持ちでした。直観の無い僕としては、うわ凄いですねと。

ところが『周囲に、とても感情的な人がいる』というお話しになったので、その人のチャートも出してみたところ、実は感情の波が無いデザインだったので驚かれてもいました。つまり、その感情的に見える人は、本来は感情が穏やかなのに、どこかでまた別の人の怒りや悲しみを受け取り、200%に倍増させてしまっているわけです。それを見て『あの人って感情的だなあ』と思っても、表に出ているものが真実とは限らないんですね。まあ、直観プロジェクターさんを惑わすぐらいですから、かなり本来の状態から、かけ離れていたのかもしれません。

ヒューマンデザインの創始者ラーも、周囲から『あなたは、相手を見て、その人のタイプやプロファイルが分かるんですか?』と質問された時には『そんなことは分からない』と答えています。なぜなら『ほとんどの人間は、自分らしく生きていない。だから本来のタイプやプロファイルが、表面に現れるとは限らない』と。ラー自身も、直観を持ったデザインなんですけどね。

僕も、実際のチャート(デザイン)を知らない人と会った時には『この人のタイプはあれじゃないかな』『プロファイルはこれじゃないかな』『感情は定義されていそうだな』と予測はするのですが、たぶん、ほとんど当たっていないんだろうなと思っています。やはりヒューマンデザインは、チャートを出して分析するものですし、見た目だけで、判断しない方が無難ですね。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】知識を、ゆっくりと味わう

f:id:crystal0207:20190810172442j:image

暑いですねー。今日も、有楽町にてフルリーディングでした。今日のお客様は、「カリスマ」持ちのマニフェスティング・ジェネレイターさん。感情や根性というエンジンもお持ちだったので、かなりエネルギッシュに感じられました。ヒューマンデザインに関しても、ずいぶん興味があるご様子で、細かい部分までご質問を頂戴しました。

ただ、最初はまず、大枠や基本から学んでくださいねということもお伝えました。なにしろマニフェスティング・ジェネレイターは、エネルギーがあるだけに「大事なステップを踏み忘れる」「それによって、人生でしっぺ返しを喰らう」と言われているので、基礎をすっ飛ばして細かいところに進み過ぎるのも宜しくないなと。 

以前も書きましたが、創始者ラー・ウル・フー自身も『ヒューマンデザインを学んで1年目の人には気をつけろ』 と言い残しています。ヒューマンデザインは、とても面白いシステムなのですが、面白すぎて、知識的に貪欲になってしまうのも要注意です。

今日の方も、情報をスポンジのように吸収できるデザインでしたので、ヒューマンデザインの知識も、入れようと思えば入るのでしょうが、整理がつかないほど情報を入れてしまう可能性もあり、とりあえずレポートの基礎部分から少しずつお読みくださいとお伝えしました。ヒューマンデザインの知識は、ある意味、何百万円もするワインみたいなものですから、一気飲みするのではなく、少しずつ、色や香りや味を確かめながら、味わっていただければと思っております。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。