NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】「The Meaning of Your VARIABLE in Your Life」を訳しました

f:id:crystal0207:20180817192724j:image

先日購入した「The Meaning of Your VARIABLE in Your Life」の翻訳が終わりました。英文65ページ、日本語版は76ページになっています。日本語タイトルは「16のバリアブル」としましたが、その名の通り、ヒューマンデザインのアドバンスチャートで示される16種類のバリアブル(変数)と呼ばれる、各個人のメカニズムを簡単に解説した一冊です。

しかし、元の英文テキスト(PDF)にプロテクトがかかっていたのは面倒でしたねえ。文章はコピペできないわ、画像はスナップショットで切り取れないわ、印刷もできないわで、仕方なくPC画面をテキストとワープロで切り分け、同じ画面上で英文を見ながら、日本文を打ち込み、画像はスクショを撮って切り貼りするという難事業でした。やれやれ。

それはともかく、このバリアブル……つまり、チャートに示される4つの矢印の組み合わせの意味が、おおまかに掴めたのは収穫でした。この4つの矢印は、その人個人の「食事」「環境」「観点」「思考」を表しています。自分にとって正しい「食事」を摂り、正しい「環境」にいて、正しい「観点」でものごとを見ることで、正しい「思考(マインド)」が養われるという、プロセスを表しています。

ただこのテキストでは、もう少し大ざっぱに、矢印の「右」「左」の意味や、その組み合わせによる厄介さについて触れています。ヒューマンデザインをアナリストレベルで学んでいる方にとっては、細かな「食事」や「環境」の違いに触れる前に、まず目を通していただきたい内容になっています。こちらは公式テキストですから、いずれ特別講義等で配布できると思うので、それまで少々お待ちください。 

f:id:crystal0207:20180817192733j:image

ちなみに僕自身のバリアブルであるPRL/DRR(右・左・右・右)は、非常に「右」寄りになっています。これは全体的に、あまり活動的ではなく、リラックスしたり、プレッシャーをかけないことが大切な仕組みになっています。ただ唯一「左」なのが、ものの見方です。見るものに対してだけは、行動的に、焦点を合わせる必要があると。

そのため、全体的なバリアブルとして見ると、僕は基本、くつろいでリラックスした状態にあるのが良いけれど、目だけは何かに焦点を合わせた方が良いと。実際、ヒューマンデザインでは『自分のことを、自動車の後部座席に座っているつもりになりなさい。あなたは、人生という車窓を眺めていれば良い。自分でハンドルを握って、人生をどうこうしようとしないでください』と言いますが、その乗客意識にかなり近いですね。リラックスして、人生というドライブを楽しんでいるけれど、目だけは車窓から見えるものに焦点を合わせている。でもハンドルは握らないと。 

ただしこのバリアブルは、目だけは何かに焦点を合わせてしまうため、経済的な心配をし始めると、好きでもない仕事や、お金を稼ぐことに目が行ってしまうそうです。焦点を合わせるべきなのは、お金ではなく、自分にとって価値あるもの。このあたり、これから先も気をつけたいところです……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】誰かが「井戸」を汲みに来てくれる

Well in Siena

お盆ですが、引き続きヒューマンデザインの英文テキストを翻訳中です。今、訳しているのは、人間の認知力や記憶力に関する部分。ヒューマンデザインでは、ものの見方や、情報を記憶する方法、その情報を自分から取り出す方法にも個人差があるとしています。

その中で、ある種の人たちは、特定のものごとには焦点を合わさず、視界に入ったものをすべて取り込むそうです。そう聞くと、なんだか記憶力が良さそうですが、自分ではその情報を取り出せず、誰か他の人から訊ねられた場合にしか取り出せないそうです。たとえば海外旅行に行って、観光名所を見ても、そこがどんな景色だったか、自分からは上手く説明出来ない。でも周囲の人から『ハワイどうだった?』と聞かれると、それが説明出来るという。それはある意味、「井戸」のような人だと言うのです。

water

そういった人たちは、あらゆるものを見て、膨大な情報を自分の中に蓄積しています。その深さは、まるで「井戸」のようだと。しかし自分で自分の水=情報を汲み出すことはできない。その代わり、誰か別の人が、まるで「井戸」に水を汲みに来るように現れ、その情報について訊ねてくれるそうです。そういった人たちのために、彼らは膨大な情報を自分の中に蓄積していると。

Repetition

ただし「井戸」ですから、きれいな水(情報)を蓄えていないと、その水を汲みに来てくれる人はいません。その情報を必要としている人たちも、水を汲みに行く気にはなれないわけです。チャートを見れば、本来は「井戸」的な人なのに、誰も水を汲みに来てくれないとすれば、それはその人の「井戸」が濁っているせいかもしれません。ではその水をきれいにし、「井戸」の水を汲みに来てくれる人と出会うには……というあたりまで導き出せるのが、ヒューマンデザインの面白いところです。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【夢日記】池袋、庭先の泥棒、カメレオン

P1050524

獅子座日食前後の夢をまとめてメモ。まず8月9日夜の夢。僕は、池袋駅にいて、これから所沢に向かう予定だった。しかし電車に乗る前に、駅構内の古書店に入ると、知り合いの編集者さんがいる。僕はその人と歴史の話をしようとして……目が覚めた。06:56。

相変わらず「駅」=仕事上のチャンスを見つける場所、「書店=本」=人生の目的というモチーフが出てきますね。あるいは「古本」=古くなった人生の目的かも。 

【後藤理沙子】 公式生写真 AKB48 翼はいらない 劇場盤特典

【後藤理沙子】 公式生写真 AKB48 翼はいらない 劇場盤特典

 

8月10日夜の夢。僕は、元SKE48後藤理沙子さんの実家にいた。その家は、やけに豪邸だったが、ふと庭を見ると、アフリカのナントカ族のような人たちが何人も、こそこそと忍び込んでいる。僕は泥棒だと思い、その人たちを追い払おうとしたが、相手はまだ庭の片隅に居座っていた。

そこでシーンが変わり、今度は、アメリカで路面電車に乗っている夢になった。電車は、道路に据えられた軌道を外れ、立派なホテルの中に入っていく。そのホテルには、豪華なバイキングが用意されたレストランがあったので「よし、ここでメシ食うぞ!」と思い、電車を降りて席に着いた。するとその席には「OUTER」と書かれた紙が貼ってあった。僕は、レストランを出て地下に下りようとして……目が覚めた。03:29。

夢の中の「家」は、自分自身を表すそうです。「豪邸」ってことは、かなりイイ感じですが、その「庭」=学んだことの成果、を盗もうとする「泥棒」=エネルギー泥棒がいる。むむーん。心当たりがありますね。そいつを追い出さなければ……

「ホテル」は、成長のための可能性だそうです。それもまた豪華。ただし「OUTER」には、外部の、客観的な、という意味があるそうです。成長するためには、一歩引いて客観的に見ろということですかね。

Caméléon panthère

そして昨夜8月12日夜の夢。僕は、屋根の上で、カメレオンやトカゲや沢山の昆虫を並べていた。昆虫は、あまりに多かったので、屋根から投げ捨ててしまった。

色を変化させる「カメレオン」は、融通が効くこと、柔軟性を意味するそうです。「虫」は、自分を悩ませる小さなこと。それは投げ捨ててもいい。ただし、頑なになるなと。

いずれの夢も地味ながらも、考えさせられる内容でしたね……  

【日常】お盆休み的な一日

f:id:crystal0207:20180812172439j:image

今日は、少し暑さも和らいだので、渋谷東急の古本市へ行ってみることに。その前に、原宿で下車して、明治神宮にお詣りです。獅子座日食も過ぎたので、ここからまたよろしくお願いしますということで。 

f:id:crystal0207:20180812172450j:image

お詣りが済んだ後は、中高生や観光客でごった返す竹下通りに突入し、久しぶりに紅茶専門店クリスティーさんでお昼。アイスのニルギリ飲みつつ、チキンサンドをぱくぱくと。表の竹下通りは、もの凄い賑わいでしたが、店内はいつものように静かで涼しく、ホッと一息という感じでした。

この後、渋谷に出るも(ここもまた大賑わい)、古本市は空振りだったので、その足で自由が丘、武蔵小山、戸越銀座とぶらついてきました。最近この界隈に来る頻度が高いですね。結局、いつもとあまり変わらぬ散歩コースでしたが、一応、お盆休み的な雰囲気を味わった一日でした。

【ヒューマンデザイン】獅子座日食:論理的なリーダーシップ

Addo Lion

本日8月11日18:58に獅子座新月(日食)となります。今回の新月(と太陽)の位置を、ヒューマンデザインのホロスコープで見てみると「適材適所を管理する」となります。ここは、集団内のメンバーの資質を論理的に見極め、その人に合った役割を任ずる、適材適所を行う位置です。妙なえこひいきや、能力に見合わない人を抜擢するのはNG。

また今回の日食チャートでは、ノースノード(ドラゴンヘッド)が「他人を導く影響力」にあり、日食の「適材適所」と手を組んで「論理的リーダーシップ」という力が下りて来ています。そのため、一時的に「論理的リーダーシップ」を発揮できたり、あるいは自分に「論理的リーダーシップ」があるつもりになってしまう可能性があります。理屈だけは合っているようだけど、妙に胡散臭いリーダーを見たら要注意です……

実は僕自身、今回の日食の「適材適所を管理する」の持ち主であり、その正反対の位置にあたる「楽観的な同志」がネイタルの太陽です。つまり自分が生まれた時の太陽の、ちょうど真反対で今回の日食が起きたわけで、これはなかなか影響が大きいのでは?と思っていますが、今のところ何も変わったことは何も起きていません。

まあ、ヒューマンデザインでは『自分らしく生きてくると、星からの影響を受けなくなる』としているので、それはそれで良いのでしょう。変化があるとしても、今夜以降かもしれませんし、何か起きたら、またこのBlogにて経過報告をいたしますので……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【日常】台風が通り過ぎていく間に

f:id:crystal0207:20180809164524j:image

今日は、朝から市営霊園へお墓参りに。本当は明日あたり行くつもりでしたが、明日は台風一過で暑くなりそうだし、だったら台風が通り過ぎている涼しい間に済ませてしまおうと。墓掃除を終えた後は、いつの間にか霊園前に出来ていた、8代葵カフェへ。先月開店したばかりだそうですが、今日は偵察のつもりで水出しアイスコーヒーで一服。お代わり半額が嬉しいです。また来月、お墓に来る時は、お昼もここで食べようっと。

【ヒューマンデザイン】プロフェッショナル・アナリストに認定されました

f:id:crystal0207:20180808161934p:plain

数日前に、ヒューマンデザイン・ジャパン(HDJ)の僕個人の登録情報がPA(プロフェッショナル・アナリスト)」に変わりました。2013年3月に最初の基礎講座LYDを受けてから足かけ5年半、ようやく国際資格の認定が下りた模様です。

模様ですと言うのは、HDJから何の連絡も来ていないからです。ふとサイトを見たら、いつの間にかPAに変わっていて、HDJに『認定してくれました?』とメールで確認したのですが、3日経っても返事は無く、まあ多分OKなんだろうと言うことで。現在、アメリカの本部(IHDS:International Human Design School)にアナリストの認定証を送ってくれるよう依頼していますが、それが届けば、本格的に修了という感じですね。

これでやっとプレアナリストという仮免が終わり、アナリストという免許がもらえたわけですが、前々から肩書きそのものには興味が無く、とにかく学ぶのに必要だから資格を取ったという感じです。

今回アナリストになったからと言って、僕個人の活動自体にも変化はありません。リーディング料金も現状のままです。リーディング内容についても以前と同じですし、プレアナリスト時代から、気持ち的にはアナリストとして十分な情報量はお渡ししてきたので、これ以上盛り込むことは無いでしょう。ただ、アナリストになると、受講できる海外クラスの幅が広がるので、あくまで内務的な変化があるだけです。

ちなみに今回認定されたプロセスとしては、

・5月22日:PTL4のレポートを読み上げた音声ファイルを送ってくれとの指示。

・6月2日:音声ファイルをHDJに送る。

・7月13日:音声ファイルが聞きづらいので録り直して送ってくれとの指示。

・7月13日:もう一度、音声ファイルをHDJに送る。

・8月5日:アナリストの表記変更に気づく……という流れです。

まだアナリストに認定されていないプレアナリストの方も、20~30人いらっしゃると思いますが、とりあえずレポートを読み上げた音声ファイルを送れば、認定してもらえるようです。認定まで時間がかかるかもしれませんし、連絡も無いかもしれませんが、せっかくここまで学んできたのですから、とりあえず肩書きだけは取っておきましょう。

と言うワケで、2018年8月8日の8並び、ライオンズゲートの日に、プロフェッショナル・アナリスト認定のご報告でした。小惑星キロン・リターンという転機の3ヶ月半後にアナリストになるというのも、ある種のタイミングなのかもしれません。これからもヒューマンデザインの研究とテキスト翻訳を進める所存ですので、引き続き皆様、どうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディング(120分 30000円)を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。