NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】「変わり者」の定義が逆転する

f:id:crystal0207:20200119164213j:image

今日は、赤坂のザ・キャピトル ホテル東急のラウンジ「Origami」にてフルリーディングでした。今日の方は、以前のBlogをお読みになったようで『Origamiでお願いします』とリクエストを頂戴しました。僕もあちこちのラウンジを利用しておりますが、やはりリクエストが多いのは今回の「Origami」と目黒雅叙園の「パンドラ」ですね。もしこのBlogをご覧になって『私もここでリーディングを受けたいなあ』と思われたなら、お申し込みの際に、その旨お知らせ下さい。そしていつものように、リーディング前には日枝神社にお詣りと。

f:id:crystal0207:20200119164221j:image

さて今日の方は、50歳からが人生の本番という6/2ジェネレイターさんでした。幸い、まだ本番まで10年ほどありましたが、僕も同じく6/2マニフェスターなので、ついついその準備期間の大切さ、そして人生の本番について長々とお話ししてしまいました。

そして今日の方の場合、その人生の本番が、2027年前後という時代の節目にさしかかっておりました。この2027年以降、これまで420年ほど続いた部族の時代……つまり『みんなで協力して助け合っていこう、その代わり個人のことはガマンしようね』という滅私奉公的な時代は終わります。もちろん今までの時代でも、個人性の強い『いや、家族や仲間がどうであろうと、私は自分のことを優先するよ』という人たちもいましたが、そういった人たちは『なにあの人?自分勝手ね』と思われ、部族から「変わり者」として見なされてきたわけです。しかし2027年以降は、逆に個人性が優位となり、自分勝手に生きる人が増えたり、一人勝ちを目指す人も増えるでしょう。それは、今までの部族的な道徳観からすれば「良くない」ように見えるでしょうが、良い悪いではなく、時代の性質が変わっていくのです。

そして今日の方の場合、部族的な力だけを持っているのに、人生のメインテーマは個人性というデザインでした。今日の方の運命は、2027年以降も『みんなで協力して助け合っていこう』と、部族的な助け合いを続けていくことです。ところが新しい時代では、その古い部族的な生き方をする人が少数派となり、個人的に生きる多数派から『なにあの人?今時、助け合って生きてるの?』と思われ、「変わり者」として見なされるでしょう。つまり「変わり者」の定義が逆転するわけです。

恐らくこの人は『なんでもかんでも新しければ良いってもんじゃないわよ。古い助け合いだって価値があるんだから』という思いを実践していくのでしょう。 それは古い時代の性質ですが、新しい時代においては、むしろ少数派で個人的になります。ヒューマンデザインのチャートで部族性が強い人たちは、是非この逆転劇を覚えておいてください。家族や仲間を大切にする人たちも、新しい時代に必要となるはずですから。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】「ショック」を甘口にするな

Shock

今日は、Skypeにて小惑星キロン・リターン(50歳前後の転機)リーディングでした。今日の方は、4/6プロファイルという、まさにその50歳前後から人生の本番を迎える方でした。ジャスト小惑星キロン・リターンは、まだ来年ですが、すでにその前段階3.5年という時間帯には入っており、今から準備ですねと。

で、そのキロン・リターンのテーマを見たところ「自分が受けたショッキングなことを話し、相手にもショックを与える」というものでした。これは、自分が遭遇した衝撃的な事件を話し、相手を覚醒させる力です。実際、今日の方は以前、かなりの大病をされたそうですが、たまたまテレビで健康番組を観たので、ふと健康診断を受けたところ、その病気が見つかったと。しかし今では健康に過ごしているという話をすると、その話を聞いた人たちに驚かれるそうです。そういった話を聞いて『じゃあ私も健康診断を受けようかしら』と思うのも、ある種の覚醒でしょう。

さらに言えば、ヒューマンデザインを通じて、本来の自分を知ることも「ショック」であり「覚醒」です。『私ってその個性は無いんだ!(悲)』も『なんで私にこんな個性があるのよ!(怒)』も、どれも本人にとっては衝撃です。創始者のラー自身、この「ショック」を太陽に持つ人だからこそ、ヒューマンデザインという情報が下りて来たのでしょう。

ですからヒューマンデザイン全体に関しても、ショッキングな情報として伝えるのが正しいと、ラーも言い残しています。わざわざ「ショック」を受けないよう、耳障りの良い、楽しい部分だけ切り取ったり、甘口にしてオモシロオカシク編集しても、それはそれで楽しいでしょうが「覚醒」はしません。そして楽しい部分だけで遊んで「覚醒」しない人がいても、もう置いていくしかないですね。僕自身も「ショック」の持ち主ですから、そこは甘口にせず、お伝えしております。そして意外と、甘口にしない方が、お客さんにハッキリ伝わるものです。まあ、お客さん側も「ショック」を受ける準備が出来ているんでしょうね。今日の方には、そういった「ショック」のやり取りも、是非味わっていただければなと思います。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】29歳での結婚、42歳での引っ越し

f:id:crystal0207:20200117205553j:image

今日はお昼から、銀座のHIGASHIYAさんで、2年前にフルリーディングを受けて下さった方とお茶してきました。昨日に引き続き、今日の方もサターン・リターン(土星回帰、29歳前後の転機)を目前に控え、やはりパートナー選び、結婚というテーマが浮上してきたので、ぷちパートナーシップ的な情報もお伝えしてきました。あいにくお相手の出生時間が不明だったので、正確なパートナーシップ・リーディングはお伝えできませんでしたが、恐らくこうではないか、もし不健康ならこう出るはず、という想定をあれこれと。

今日の方は、ジェネレイター同士のカップルでしたので、何よりも大切にしてほしいのは「満足」しているかどうかです。一応、僕の方から『彼に不満はある?』とお訊ねしたところ『う~ん(特にない)』という仙骨の反応が出たので、とりあえずは大丈夫かと。そこさえクリアしておけば、後は微調整で済むでしょう。まあ、他にもっと「満足」度の高いお相手が現れれば話は別ですけどね(^_^;) 

f:id:crystal0207:20200117205601j:image

その後、夕方からは丸ノ内に移動し、丸善カフェで、ウラヌス・オポジション(天王星半回帰、42歳前後の転機)リーディングをお伝えしてきました。こちらの方は、42歳前後で乗っかってくるテーマにはご納得頂けたものの、最近、強制的に引っ越すかもしれない状況に追い込まれ、ちょっと困っているとのこと。

しかし、よくよくウラヌス・オポジションを見れば「ひとつの人生経験が終わり、強制終了がかかる。しかしそれは新しい人生経験の始まりでもある」という力が下りていました。しかし、その力に抗おうとしてもどうにもならず、イライラしてしまうから手を出すな、という分析。恐らく、今のお住まいで暮らすという人生経験はやりきり、そこで学ぶべきものはすべて学んだのでしょう。

そして、そういった目に見えない宇宙の采配を理解することが、今日の方のウラヌス・オポジションのテーマでした。その仕組みが分からないと『なんで私がこんな目に……』と感じるのですが、仕組みさえ分かれば『ああはいはい、来た来た』と納得して受け容れられるものです。特に今日の方はプロジェクターさんでもあったので、そういった宇宙の采配に「身をゆだねる(Surrender)」ことも大切ですよと。

 

まあ、29歳にしろ、42歳にしろ、皆さんいろいろな転機を迎えておりますが、どうにか無事に(または少ないダメージで)乗り切っていただきたいところです。そういう僕自身、まだ50歳前後の小惑星キロンリターンの渦中にあるので、これから先どうなるかは、まだまだ未知数ですが……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】サターン・リターンのMAX面倒臭い感情

f:id:crystal0207:20200116203412j:image

今日は、2年前にフルリーディングを受けて下さった3/5感情マニフェスターさんと、目黒雅叙園でお茶してきました。偶然というか必然と申しますか、なんと明日がサターン・リターン(土星回帰、29歳前後の転機)当日で、実際この一年、かなり激しい変化があったと。サターン・リターンのチャートを拝見しても、憂鬱になりがちな性質や、感情が大きく上下動する性質が下りて来ているので、普段よりも激しく感情が揺さぶられているのも納得です。ある意味、感情がMAX面倒臭い状態に。

それはご本人にとっても、非常に辛い状態ですが、裏を返せば、そのMAX面倒臭い感情を発した時に、誰がそれを受け容れてくれるか、拒絶するかが分かるでしょう。一般的にヒューマンデザインでは「自分らしく生きていくと、それを受け容れてくれる人と出会う」と言われています。感情の波がある人にとっては、その感情を相手が受け容れてくれるかどうか、尊重してくれるかどうかが重要になります。激しい感情を出すことによって、相手の器が推し量れるわけですね。 

f:id:crystal0207:20200116203453j:image

特に今日の方の場合、個人的な感情の持ち主でしたので、感情の出方も独特なはずです。相手からすれば『え、今日会いたいの?』『え、今日は会いたくないの?』『え、今はダメなの?』『え、今はOKなの?』『そんなことで嬉しいの?』『そんなことで悲しいの?』という、他人からすればワケの分からない、ユニークな感情になるはずです。その感情の出方に理由はありません。個人性は論理的ではないので、理屈で説明できるものではないんです。その個人的な感情を、大きな器で受け止め、楽しんでくれるお相手なら、その人にとって正しいお相手ではないでしょうか。

なにはともあれ、人生の転機サターン・リターンを上手く乗り切っていただきたいところです。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【夢日記】コーヒー、エノク、霧雨の中歩く

Talkhouse Coffee

また良く夢を見る時期に入ったらしい……

1月11日夜の夢。僕は、自宅の庭で、お客さん2人にコーヒーを出そうとした。ところが、カップに入れたはずのコーヒーが、お客さんのところまで行くと空っぽになっている。夢の中の「コーヒー」は、くつろぎや刺激。それが足りないんですかね。

さらにシーンが変わり、僕は、駅の券売機でキップを買おうとした。すると背後から、見知らぬ男が僕の首を絞め、キップを買うのを邪魔しようとする。僕は、恐ろしくなったが、なんとか逃げ出し、改札をくぐり抜けた。乗る予定だった急行電車はもう行ってしまったが、まあ次の電車で行けばいいやと思った。夢の中の「キップ」は、新たな経験のチャンス。「駅」は、仕事上のチャンスをつかまえる場所。「首」は、喉のチャクラを意味するので、仕事上の情報発信やコミュニケーションをさせまいと邪魔する人がいる。そのせいで乗り遅れたけれど、次のチャンスを待てば良いと。

1月12日夜の夢は、僕が大学にいると、女吸血鬼が現れるという夢だった。「学校」は人生の学びの場、「吸血鬼」は他人の力を奪うエネルギー・ヴァンパイア。

classroom 2nd fl

1月13日夜の夢。僕は、外国人の先生から、何か神秘的な授業を受けに来ていた。教室には、先に知り合いのF君が来ていて、本を読んでいる。その本は、すでに僕が読んだ本だったので『ああ、それか』とつぶやくと、F君は感心したように『君は本物のエノクだね』と言う。そのうち先生が来たので、僕も席にリラックスして座った。しかしメモを取るものが何も無い。困ったな……と思ううち、朝方の地震で目が覚めた。

夢の中の「本」は、人生の目的。誰かがそれに取り組んでいるけれど、僕はもうそれを済ませた。「エノク」は、「創世記」に登場する365年生きた男性で、神に召されて天使メタトロンになったとも言われる人物。だからなんなんだろう……

64.2018 As the snow disappears

その後、二度寝すると、今度は霧雨の中を歩いている夢を見た。僕以外にも、仲間が数人いて、後方にはもっと仲間が何十人もいるらしいが、霧雨のせいで、誰が来ているのか、まったく分からない。とりあえず今いる人間だけで先に行くことになり、僕たちは見知らぬ街を歩き始めた。やがて歩道の脇に大きなトカゲが現れ、向こうから歩いてくるお婆さんの口にぱっと飛び込んだ。お婆さんは、そのトカゲを口から取り出し、何ごとも無かったかのように歩き始めた。そのうち、市民センターみたいな公共の建物にたどり着き、ここでいったん休もうとしたあたりで目が覚めた。

夢の中の「雨」は、感情の浄化。「霧」は、状況が判然としないこと。「トカゲ」と「お婆さん」は何だったんだろう。でも、ついてくる人間がいるのか分からなくても、とりあえず行けるところまで進んでみる、というのは、なんとなく今の状況を表しているような気がしますね。

しかし山羊座コンジャンクションで、神秘的なプレッシャーが高まっているせいか、たしかに神秘的なイメージが散見されました。そういや「エノクの鍵」という、秘教的な本もあるんですよね。以前ちょっと気になったのですが未読。読む? いや昨日の日記で「神秘的なことに引っ張られ過ぎないように」と書いたばかりよ? 

エノクの鍵 ― 宇宙の仕組みを解明し、本来の人間へと進化させるための光の書

エノクの鍵 ― 宇宙の仕組みを解明し、本来の人間へと進化させるための光の書

 

 

【ヒューマンデザイン】山羊座コンジャンクションの圧力

f:id:crystal0207:20200113160732p:plain

本日1月13日18:07、ヒューマンデザインのホロスコープ(マンダラ)上で、太陽、土星冥王星が同じ位置に入りました。占星術的には、山羊座コンジャンクションと呼ばれ、水星もほぼほぼ同じ位置にありますが、ヒューマンデザイン的には1目盛り(ライン)ずれております。上の図が、18:07時点での各星の位置です。

この太陽、水星、土星冥王星が入っているのは「神秘的な真実の声を聞く」という位置です。ここは、個人的な神秘や謎、真実を解き明かそうとするプレッシャーなので、今現在、世の中の人すべてに、未知のことについて考えようとする圧力がかかっています。実際、僕も今、頭が重いんですけどこれのせいかな……

しかし神秘的なことをすべて理解しようとすると、頭がおかしくなってしまうので、あくまでも自分に必要なことだけを理解し、自分には分からないことや、自分に不必要なことは放っておくのが良いでしょう。この圧力に引きずられてしまうと、自分には理解できないことや、必要無いことまで考えてしまうので、注意してください。

さらに細かく見ると、太陽、土星冥王星が重なっている位置は「真実を理解するための人間関係を築く」か「真実を解き明かせない人間関係を切り捨てる」です。神秘的なことが分からない場合、誰かと一緒にそれに取り組み、お互いの智慧を持ち寄って理解することも必要です。しかしそれも相手次第です。ヒューマンデザインにしろ占星術にしろ数秘術にしろ、誰かのところに神秘的な知識を学びに行ったはいいけれど、その相手が良ければ謎が解けますし、相手がダメならいつまで経っても真実は理解できません。そういった相手とつながるか、別れるかという位置なんですね。

f:id:crystal0207:20200113160943p:plain

また、ヒューマンデザインでの土星は「木星のルールを破った者を処罰する」とされています。じゃあ今、木星はどこにあるかと言えば、これも面白いことに、太陽、土星冥王星コンジャンクションとなる直前、今日の17:01に「正々堂々とリスクを取る戦士」「いつ戦えば良いか霊的に悟る」に入っています。誰かと一緒に神秘的なことを学ぶにしろ、相手と別れるにしろ、それに挑戦するタイミングを見極めなさいということでしょう。そのルールを破ったら、神秘的なことも理解できずに終わりますよと。 

ちなみに、1目盛りずれた水星は「神秘性の深みを探究し、それを最大限に応用しようと集中する」にあります。そういや上の図でも、火星+ノースノードによって、集中力も下りているので、何かしら勉強に集中させられてる感じはありますね。

まあ、いつも書いていますが、こういった星からの影響に引っ張られ過ぎると、本来の自分からかけ離れてしまうので、注意しましょう。むしろ今は、神秘的な思考から離れるぐらいでちょうど良いかもしれません。僕も、こんなことをぐちゃぐちゃ書いているより、散歩にでも行って身体を動した方が良いかも。皆さんも(ここまで書いておいてなんですけど)こういった神秘的な情報を読み過ぎるのは避けましょう(^_^;)

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。

【ヒューマンデザイン】突然変異に身をゆだねる

Volcano

今日はSkypeにて、2020年最初のリーディングでした。今日の方は、3年前にフルリーディングを受けられ、今年、小惑星キロン・リターン(50歳前後の転機)を迎えるということで、ここから先の転機についてお伝えしました。

今日の方は、今現在ジェネレイターとして、私生活も仕事も満足しておられるので、もう今のリズムを崩したくないと。しかし、あいにく「突然変異」の力が備わっているので、恐らくこの先も変化があるでしょう。ただし「突然変異」は、自分でどうにかすることはできません。『なんか面白いこと起きないかなー』と思っていても何も起きず、逆に『今年も平穏な一年でありますように』とか思っているとドカーンと火山が爆発するようなものです。そのマグマ的エネルギーが自分の中に溜まってきても、自分で噴火はできず、悶々としたり、鬱々となってきます。それが「産みの苦しみ」です。

今回の方の場合、元々「突然変異」の力をお持ちなのに、さらにキロンリターンのメインテーマが「産みの苦しみ」という構造になっていて、ますます「突然変異」力がアップしそうでした。ですので、これから先も鬱々とせず『まあ、噴火する時は勝手に噴火するし、産まれない時はいつまでたっても産まれないし、自分にはどうすることもできないから、放っておくしかない』とあきらめる=Surrenderすることが大切です。

「突然変異」は、面倒なアクシデントとして表れる場合もあれば、予想外の嬉しいサプライズになる場合もあります。もしかすると5年後、振り返って見て『5年前は満足していたけれど、あれはまだ70点の満足だった。突然変異が起きて仕事や生活は変わったけれど、あれが無かったら、今の90点の満足は味わえなかっただろう』と感じてもおかしくありません。そういった楽しい「突然変異」を味わっていただければと思っております。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。