読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】蠍座下弦の月:価値観の崩壊?

ヒューマンデザイン
Time Asia [US] December 19 2016 (単号)

Time Asia [US] December 19 2016 (単号)

 

明日1月20日07:13に蠍座下弦の月。ヒューマンデザイン的に今回の月は「劣った価値観が物質的に成功してしまう」です。わがままな価値観なのに成功してしまいますが、伝統的な価値観まで無視すると、全体が崩壊してしまうという、なかなか厄介な位置です。

おりしもアメリカでは、ドナルド・トランプの大統領就任が目前。まさに新大統領の価値観が問われているこの時に、この月というのは、なかなかのシンクロですね。まあトランプ新大統領の場合、むしろ古くさい(白人男性優越的な)伝統的価値観で保守層の支持を得たので、実は国全体を崩壊させることにはならないのかも。

ただ、この位置は、1989年のベルリンの壁の崩壊に例えられています。1989年8月、汎ヨーロッパ・ピクニックと呼ばれた、ハンガリーやオーストリアでの西側脱出が始まったことから、急速にその動きが拡大し、わずか三ヶ月後の11月にはベルリンの壁が壊され始めました。今回の月の位置もそのような「ちょっとした変化で、全体がなし崩し的に変わってしまう」位置でもあります。トランプが大統領になったぐらいで大国アメリカは崩壊しないだろう、とか思っていると、案外あっさり、その大国の位置から滑り落ちてしまう可能性も否めません。油断のならない位置でもありますね。

その下弦の月を前にした、今日1月19日21:05、天王星が「稲妻」から「増益」の位置に入ります。天王星は、昨年4月15日にもこの位置に入ったのですが、昨年7月30日からの逆行によっていったん「稲妻」に戻り、再び「増益」に戻ってきた形です。この位置は、昨年の記事(上記リンク)でも書きましたが、新しく利益を増すサイクルを始めるために、古いサイクルを強制終了させる位置です。そこに入るのがトリッキーな天王星ですから、妙な形での強制終了、なんてこともあり得ます。まあ、トランプによってオバマ時代が終わる、というのも十分トリッキーですが……

天王星は、この「増益」に今年5月19日まで滞在しますが、8月3日に天王星が逆行に入ると、10月23日にまたこの「増益」に戻り、来年2018年3月11日まで「増益」に滞在することになります。古いサイクルの入れ替えも、この二度の天王星「増益」期間にやっておけということでしょうか。

また、明日の下弦の月では引き続き、木星冥王星コンビによる「野望によって社会的ヒエラルキーを駆け上がる」力があるうえ、地球+土星コンビによる「自分で実現しなくてもいいからアイデアを口に出して共有する」力も下りてきています。このあたりも、利益を増し、キャリアアップするために、何かアイデアを出すことになるのかも。

そして月はこの後、1月28日09:07、水瓶座新月を迎えます。この位置は「お互いの個性を損なわずに、お互いを受け入れる」「お互いを受け入れることを恐れて、結果的に拒絶してしまう」です。誰かと接近する際、その人間関係の中で、自分を見失わずにいられるかがポイントになります。この日も、火星が牡羊座に入るので、なかなかの節目になりそうですねえ。

【夢日記】失敗しただけで負けたわけではない

夢日記

French test

昨夜の夢。僕は夜中に、山の上のような場所にいた。核戦争が起きたので、街から避難したようだが、夜空を見上げても核ミサイルが落ちてくる気配は無い。ただ、遠くに見える街は火事になったように赤く光り、そちらの方から、切迫した声が聞こえている。

そのうち僕は、どこかの駅ビルに入り、エスカレーターで書店フロアに上がった。

立ち読みをしているうち、書店内のテレビにニュースが映り、日本が戦争で失敗したと伝え始めた。真珠湾奇襲のような華々しい作戦をやろうと思ったら、たいした戦果が上がらなかったらしい。本来なら戦勝報告をするはずだったニュース番組では、日本が勝つと思っていた出演者たちが作戦失敗を嘆き悲しんでいる。

僕は、いや作戦が失敗しただけで戦争に負けたわけじゃないだろうと思いつつ、作戦指揮官がいるホテルの部屋を訪ねた。すると一緒に年配の女性もついて来て「私もまだ負けたとは思ってないのよね」と言う。僕と女性は、山本五十六みたいな風貌の指揮官の部屋に入り、これからどうするおつもりですか、と訊ねたあたりで目が覚めた。06:30。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「戦争」は、自我と自我の戦い、または自分自身を拒絶することを意味しています。「山」は、全体的に把握する能力。魂の気づき。「エスカレーターで上がる」は、最良の選択で最良の方向に進むこと。「書店=本」は、今生での人生の目的。「テレビ」は、人生を観察する手段。「軍人」は、導き。

なんでしょうね。どこかで「戦争」=エゴ同士のぶつかり合いが起きているけれど、僕はそこから離れて、山や高いビルに上がり、全体を把握している。それがベストの選択であり、人生の目的でもあると。「戦争」に夢中だった人たちは、失敗した失敗したと騒いでいるけれど、周囲から客観的に観察すれば、単に一回失敗しただけであって、戦争そのものに負けたわけではない。これから幾らでも巻き返せるし、なんなら戦争そのものを止めてしまえばいい……ってことかなと。

銀河英雄伝説』の中で、皇帝ラインハルトが、敗北した部下に対して「百戦して百勝というわけにもいくまい」と慰める場面がありましたが、まさにそれが大局観だと思うのです。大相撲で言えば、15戦15勝しなくてもいい。3敗しても12勝して優勝すればいいわけです。しかし1つの負けも許せないと思ってしまうと、1敗した時点で意気喪失してしまう。あるいは1敗もしてはいけないと堅くなってしまったり、全勝優勝に固執してしまったりする。僕は「肉を切らせて骨を断つ」という言葉が好きなんですが、それも、自分の一部を犠牲に出来る余裕があればこそだと思うのです。でも自我(エゴ)の戦争をしている人たちには、それが出来ないんでしょうねえ……

R.D.レイン「引き裂かれた自己 狂気の現象学」

ヒューマンデザイン 読書
引き裂かれた自己: 狂気の現象学 (ちくま学芸文庫)

引き裂かれた自己: 狂気の現象学 (ちくま学芸文庫)

 

精神分析R.D.レインの「引き裂かれた自己」を読了。統合失調症についての著作ですが、自分もシゾイド的なパーソナリティ(親密な関係を求めず、孤独を好み、よそよそしい)があると自覚しているので、かなり参考になりました。特に、面倒な相手を石に見立てて無視するという「石化」は、自分の中でもやった覚えがありますね。それをヒューマンデザイン的に分析するなら、人も石も愛する普遍的な愛を持っているけれど、いったんその愛が憎しみに転じると、人を石のように扱う……といったところでしょうか。

また他人と接し、その影響に「飲み込まれる」「爆入される」ことを恐れて孤独になる、というのも納得です。ヒューマンデザインでも、他人からの条件付けからは逃れられないし、それは悪ではないとしています。ただ、その条件付けによってNot-Self(本来の自分ではなくなる)になることは、避けていきたい。理想的には、他人と接し、条件付けを浴びながらも、常の自分をキープできるようにするのが目標ですね。

その対人的なテーマと、自分の開花期である小惑星キロン・リターン(50歳前後の転機)に向き合わされるんだろうなあ、というのが今現在の予測です。僕自身のキロン・リターンは、来年5月24日。あとまだ一年以上あるとは言え、徐々に「年貢の納め時」が近づいているような気もしています。物理的根拠は何もありませんが……

【夢日記】赤ちゃんと、鳥の神社

夢日記

baby smile

昨夜の夢。僕の目の前に、小さな赤ちゃんがいた。男の子か女の子かは分からず、なぜか両腕を怪我している。どうやら僕の知り合いの女性が産んだ子らしいのだが、どういうワケだか僕の家族が拾ってきたらしい。赤ちゃんは素っ裸で寒そうにしていたので、僕がタオルを布団のようにかけてあげると、嬉しそうに笑ってくれた。

そのうち僕は、どこかの神社に入っていった。これから大きな祭礼が執り行われるらしく、境内には大勢の外国人観光客も集まっている。そして本殿には、大型の鳥(トキやコンドル)が歩き回っている。どうやらこの祭礼では、鳥が神様のお使いとして丁寧に扱われ、本殿に入ることも許されているんだな……と思ったあたりで目が覚めた。04:27。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「赤ちゃん」は、自分の中の新たな始まりを意味するそうです。「手」は、エネルギーをやり取りする部分で、左手でエネルギーを受け取り、右手でエネルギーを送り込むと言われています。「裸体」は、自分を包み隠さず、表現すること。なるほど、自分の中で新しくスタートする部分があるけれど、そこでのエネルギーのやり取りはまだ出来ていないと。そのためには自分を素直に表現しなさいってことですかね。

「神社=神聖な場所」は、魂による気づき。「観光客=旅人」は、自分を探索する人。「鳥」は、精神的自由さだそうです。「コンドル」は、自分の過去を浄化すること。よく、自分の肉体を神聖な場所だと思って丁寧に扱えば参拝客=良いことがやって来る、とか申しますので、気づきを得れば、自分を探索する人たちが集まってきて、自分の過去も浄化できるのかも。そういや今年は酉年。僕も酉年生まれの年男です。「鳥」が敬われる祭礼、というのも今年らしくて良い夢ですねえ。

【夢日記】砕けた窓ガラス、フェリーで出航

夢日記

HH-Ferries Mercanida IV (1989) 1

昨夜の夢。シーンその1。僕は、自分の部屋にいた。すると突然、窓の外に宇宙人か何かが現れ、窓ガラスを突き破ってきた。うわっ、どうしようと思っていると、いつの間にか窓ガラスは元通りに直っていた。

シーンその2。僕は、フェリーのような大型客船に乗ろうとしていた。出航時間ぎりぎりなのか、走って船尾に入り、エスカレーターを駆け上がって乗客係の人にチケットを渡した。その途端、ぐっと船が進み始めて目が覚めた。01:25。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「窓」は、状況を超越してものごとを見る力。「ガラスが砕ける」は、夢や希望が打ち砕かれること。「宇宙人」は、自分が拒絶したり恐れているもの。なんでしょうね。自分が恐れているものに、夢や希望が打ち砕かれたように見えていても、実際には大丈夫だってことですかね。そうあって欲しいものです。

「船」は、感情の海を旅する乗り物。「エスカレーターを上がる」は、最良の選択で最良の方向に向かうこと。正しい方向に進んだ結果、感情の海に出航する準備が整ったのかもしれません。そういや今年の初夢は、誰かの感情を観察したうえで、いつかその感情の海に出航しなければならない、というものでした。早くも今年の大テーマが動き出すのでしょうか、どうなんでしょうか。

【ヒューマンデザイン】「The Six Lines」を訳しました

ヒューマンデザイン ヒューマンデザイン書籍

f:id:crystal0207:20170113182742j:plain

「愛のゲート The Love Gates」に続く、ヒューマンデザイン個人翻訳プロジェクト第2弾、「6つのライン The Six Lines」を訳し終わりました。正味、英文85ページ。昨年12月9日から訳し始めて、1月5日に完訳。途中の年末年始では、作業を中断していたので、実質一ヶ月かからなかったですね。我ながら、なかなか良いペース。

この「The Six Lines」は、易の爻(こう)にあたる、6つのラインと呼ばれる特性について、創始者ラーが6回に渡って講義した記録です。この講義録では、単にラインの特性を見るだけでなく、その下層にある6つのカラー、6つのトーン等からの影響も記してあり、「なぜ1番ラインの人は研究するのか?」「なぜ3番ラインの人は不運な目に遭うのか?」といった謎も解き明かしています。カラーやトーンの性質にも触れていますので、ヒューマンデザインの上級課程である、PHS(プライマリー・ヘルス・システム)や、レイヴ心理学の入門編にもなるなあと感じました。

また、6つのラインの組み合わせによる12のプロファイル(その人のライフスタイル)についても多くの説明があり、768の個別インカネーションクロス(人生の目的)を読み解くにも、まずはこの講義録から訳した方がいいな……と感じ、訳した次第です。

この講義録も、いずれ何らかの形で、ヒューマンデザインを勉強している方にシェアしたいと思っていますので、続報をお待ちください。

そして早くも、次の、個人翻訳プロジェクト第3弾「Profile and Type」の翻訳に取りかかりました。こちらは、12のプロファイル✕4つのタイプ=48パターンの組み合わせを詳解した一冊です。ヒューマンデザイン的に、自分は普段どう過ごすのが一番自然なのか、人生で迷った時にどう決断すればいいのか、を解説しています。こちらは正味125ページですが、すでに2割ぐらいは訳してあるため、2月中には完訳したいなあと思っています。こちらについても、訳が終わり次第、お知らせいたしますので、お楽しみに。

そんな感じで、個人翻訳プロジェクト、進行中です。

【夢日記】図書館、朝の駅、猫用トイレ

夢日記

Library Books

活動宮のグランドクロス(牡羊座天王星・蟹座月・天秤座木星山羊座太陽)のせいなのか、昨夜は断続的に目が覚め、その都度4回も夢を見てしまった。そのうち、はっきり覚えているのは、2つの夢。

まず夢その1。僕は、どこかの図書館にいた。ふと見ると、自分がずいぶん昔に執筆した小説が収録された本がある。それを眺めていると、地震か何か災害があって、僕と周囲の人たちはその建物から出て、いつの間にか一緒のバスに乗って帰宅の途に就いていた。ところが僕は「明日またここに来なきゃいけないし、いったん家に帰ると遠いから、もっと近い親戚の家に泊まろう」ということで、一人だけバスを下り、夜道を歩き始めた。そのうち朝になり、どこかの駅前に到着したが、駅自体はまだ開いていない。そのうち駅が開き、僕もそこへ入って……目が覚めた。05:51。

Cat

夢その2。僕は、自宅で掃除機をかけていた。すると部屋には(本来は我が家にいないはずの)猫がいる。部屋の隅には、砂箱的な猫用トイレがあったが、間違ってその砂まで掃除機で吸い込んでしまった。ああまずいなあと思い、掃除機を開けて、砂を掻きだしていると、なぜか封筒に入った札束が出てきた。どうせ千円札ばっかだろと思いきや、ほとんどが一万円札ばかりで、35万数千円あったと思う。どうやら何十年も前に自分が預かったお金らしいが、もう預かる理由もないし、自分が使っちゃってもいいかな……と思ったあたりで目が覚めた。07:39。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

まず夢その1の「図書館」は、内なる知識、新しいことを学ぶこと。「災害」は、変化。「バス」は、自分を表現するための潜在能力。「駅」も変化を意味し、目的地を変えるとか、キャリアチャンスをつかむ場所という意味もあります。多分、ものごとを学ぶ課程で、何か変化があり、自分一人が目的地を変えることになる。ただ、戻ってくる予定なので、あくまでも一時的な寄り道、という意味でしょうか。

夢その2の「掃除機で掃除する」は、感情の浄化だそうです。「猫」は、女性性。「トイレ」は、過去の体験の浄化だそうなので、「猫用トイレ」ってことは、誰か女性の過去の体験を浄化するのか、自分の女性性を浄化するのかもしれませんね。「お札」は人生の大きな変化。金額にも意味があると言われていますが、きっちり覚えてないんですよね。「35」なら3+5=「8」で、無限を意味する数字なのですが。

まあ、活動宮のグランドクロスの下、どちらもなかなか強烈な夢でした。共通するのは「変化」ですかね。何がどうなるかは分かりませんが、一応、心の準備だけは……