読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】特別講義「6つのライン The Six Lines」

f:id:crystal0207:20170521093727j:plain

昨日は、自分が翻訳した「6つのライン The Six Lines」と「カラーの意識 Color Consciousness」を用いた特別講義を開催してきました。定員9名が無事埋まり、満員御礼です。受講者の皆様、ありがとうございました。

テキストとしては、レイヴ心理学やPHSのような高度な内容も含むものですし、それをベーシック講座を終わったばかりの方にもお伝えするという、一種の荒技的講義でしたが、ラーが語る分かりやすいたとえ話も多く、ある程度はご理解頂けたかと思います。ご不明な点は、また御自分で読み込むなり、お近くの勉強仲間とああだこうだ輪講して頂ければなと思います。

引き続き6/10(土)には、テキスト「Profile and Type」を用いた特別講義「12プロファイル✕4タイプ」を開催します。こちらも昨日、定員9名が埋まり、満員御礼となりました。キャンセル待ちの方もいらっしゃるようですので、いずれまた2回目の特別講義を催したいと思っています。それまでしばらくお待ちください。

【ヒューマンデザイン】天王星:混沌から新たな秩序を生む

organized chaos

本日5月19日09:17、天王星がヒューマンデザインのホロスコープ(マンダラ)上で「増益」から「新たな秩序を生む」に入りました。この位置は、突然変異の可能性を高める位置であり、混沌から新たな秩序を生み出すエネルギーでもあります。そこにルールを超越する天王星が入ることで、かなりトリッキーな突然変異が起こりそうな気もしますね。

前回、天王星「新たな秩序を生む」に入ったのは、1933年6月~9月、1934年4月~1935年5月、1935年12月~1936年2月ですから、第二次大戦前夜の不穏な時代でしょうか。アドルフ・ヒトラーが総統という独裁的立場に承認されたのもこの時期(1934年8月19日)ですし、あれも一種の「混沌から生み出された新たな秩序」ですよね。願わくば今回は、多くの人が幸福になる新秩序が生まれてほしいものです。

国際秩序

国際秩序

 

今後の天王星の動きは以下に。

 5月19日09:17~「秩序を生む」

 7月3日 天王星逆行開始

 10月23日17:41~「増益」に戻る

 2018年1月2日 天王星順行開始

 2018年3月11日05:15~7月1日15:46 再び「秩序を生む」へ

つまり今年の10月後半まで突然変異の可能性が高まり、そこからしばらく「増益」に戻るものの、来年3月11日(意味深な日付ですな)から再び突然変異のゾーンに入ると。

またヒューマンデザインでの天王星は「土星のルールや制限を超越する」と言われています。占星術的には、その土星天王星が今日トライン(120°)のピークを迎え、この角度は以後30年ほど形成されないとも言われています。トラインは調和角ですから、土星が課すルールや制限に対しても、天王星が難なくそれを超越するのかもしれません。

僕自身のチャートで言うと、天王星「秩序を生む」に入ることで、突然変異能力が高まることになっています。ただしこの突然変異力は、なかなか変化が起きず、いつ変化が起きるか分からないため、「あー、いつになったら突然変異するんだろう……」「何も変化が起きない……」と悲しくなりやすいとも言われています。そういう時に、あれのせいだこれのせいだ、政治が悪い、社会が悪い、親が悪い、恋人が悪い、自分が悪いと何かのせいにしてしまうと憂鬱に陥るそうなので気をつけませんと。いずれにしろ、要注目な突然変異シーズンの始まりです。

【夢日記】お不動様に初詣

f:id:crystal0207:20170406145239j:plain

先日に引き続き、また元旦の夢を見た。僕は早朝6時頃、どこかの神社に初詣に行った。まだ時間が早いせいか、あまり人は集まっていない。鳥居をくぐった先には、古い民家が二軒あり、そのうちの一軒に入ってみると、大きな不動明王像が鎮座していた。この時点で、神社なのかお寺なのか、設定が分からなくなったが、とりあえずお不動様の前に座ってお詣りをし、その家を出ると、後から大勢の人が参拝に来ていて……というあたりで目が覚めた。06:44。

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

「元旦」の夢を続けて見るというのも面白いですね。実は今この時点が、個人的な新年の始まりなのでしょうか。先にお詣りすると、後から人がやって来る、ついて来るという意味もあるかも。場所は、神社かお寺かよく分かりませんでしたが、いつも深川に行く時は、まず富岡八幡宮にお詣りしてから、隣の深川不動にお詣りするので、自分の中ではワンセットだったりもします。自分は酉年生まれで、今年は年男。そして酉年の守り本尊は、不動明王。ということで、今日も深川にお詣りに行ってきましょうか。

【ヒューマンデザイン】どこまで自分を優先していいのか

Who said rain was dreary?

昨日は、雨の有楽町にてリーディングでした。毎回思うことながら、両親や世間からの、本人の個性を無視した「ああしろこうしろ」という条件付けは強力なものだなあと。場合によっては、長く生きれば生きるほど、その条件付けと一体化してしまい、どこからが本来の自分で、どこからが他人の影響なのか、判然としなくなることも、ままあります。

そのためリーディングの際にも、チャートだけ見て「多分こういう人なんだろうな」と想像してお会いすると、まったく違う方向に条件付けられていて、本来のチャートからだいぶ離れた状態になっている場合もあります。もちろん御本人には悪気は無く、むしろ「親の言うことは、ちゃんと聞かなきゃいけない」「世間の常識から外れたら、みんなから叩かれる」「ワガママに生きるなんて良くない」という常識的かつ道徳的な理由から条件付けを受け入れてしまうのですが、そういう風に生きても、本来の個性は活かされず、いろいろ上手くいかなくなってくると。

以前も書きましたが、ヒューマンデザインで自分を分析すると、結構ワガママな個性も表れてきます。それは一般的な常識や道徳からすると「いやマズイだろ、そんなワガママさを発揮しちゃ」と言われそうな個性ですが、意外とそのワガママさを発揮した方が輝けたり、周囲に自然と受け入れられたりするものです。むしろそのワガママさ=自分を優先的に大事にしたり、自分を人生の主人公にしないと、他人の言いなりに動かされて、人生が台無しになる、なんて事態にも陥るワケです。

もちろんこれは、他人をないがしろにするワガママさではありません。実際、他人に尽くすことは素晴らしいのですが、他人に尽くすことだけが素晴らしいワケでもなく、自分を大切にできない人は他人も大切にできないというお話です。

そしてどこまで他人に尽くせばいいのか、どこまで自分を優先させていいのか、という境界線が直観的に理解できている人は、人類の中で50%しかいません。その境界線を意志力で「ここまでしか出来ません」と決められる人は、人類の中で35%しかいません。それを口に出して「もう無理」と言えない人も30%ほどいます。相手のペースに巻き込まれてしまう人も30%います。そして世の中には、そのすべてを併せ持った……自分を優先していい境界線が分からず、それを意志で決められず、言葉にして言えないまま他人のペースに巻き込まれている人もいるのです。なんとかしたいものですね……

 

・ヒューマンデザインの個人リーディング・基礎講座を受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.com へご連絡ください。

【夢日記】城を攻め、馬を拝む

Ozakajō Osaka castle

昨夜の夢、その1。僕は、忍者のように仲間たちと夜闇を駆け抜け、城砦のような場所に忍び込んだ。外にいる番兵の目をかいくぐり城内に入ると、中は家電量販店のような造りで、とても明るい。しかし途中で仲間が罠にかかったか何かで次々に脱落し、僕も「ここを1回で攻略するのは無理だ、でも2回目がある」と思い、力尽きた感じで下りエスカレーターに乗って……目が覚めた。04:09

夢の中の「城」は、夢を実現することだそうです。なるほど。たしかに夢を実現するなら、1回ぐらい挫折するのは当たり前で、2度3度と挑戦するぐらいの意気込みが必要かもしれませんね。また「エスカレーターで下る」は、間違った方向に進むことなので、夢を諦めちゃいかんと。

OBS Two Year Old Sale April '15

そして二度寝した後、また夢を見た。今度は、僕は大きな神社の本殿の前にいた。本殿にはサラブレッドのように見事に均整の取れた馬がいて、その横には元AKB48小嶋陽菜似の、やはり素晴らしいプロポーションの女性がいた。僕はその女性に「馬のようにおきれいですね」と言おうと思ったが、はて、それは果たして褒め言葉なのか?と疑問に思った。いったん本殿から離れてよく見れば、境内には、晴れ着を着た女性がどんどん集まってきている。僕は「そうか、今日は元旦なんだ。これは初詣なんだ」と気づき、ふと写真を撮ろうと思って……目が覚めた。06:49。

夢の中の「神社=神聖な場所」は魂や精霊を意味し、「馬」は自由や能力、性的エネルギーを表すそうです。自由な女性、能力のある女性、性的エネルギーが豊かな女性を崇めるんでしょうか。あるいは自分の中の女性性を自由にしなさい、崇めなさいとか。何かしらこのタイミングで「元旦」=一年の始まりを迎えるようなことがあるのかもしれません。まあ、たしかにこじはるさんは崇めたくなるかも(^_^)

小嶋陽菜写真集 『どうする?』

小嶋陽菜写真集 『どうする?』

 

【ヒューマンデザイン】蠍座満月:突破と分かち合い

Breakthrough

明日5月11日06:42に蠍座満月。昨日のノードの切り替わりと併せて、節目感の強いタイミングですね。ヒューマンデザインのホロスコープ(マンダラ)で見ても、今回の満月は太陽と手を組み「相手の考えをまるっきり変えてしまうようなユニークな考えを説明する」力を下ろしています。これは、うまく話して相手の壁を突破できれば天才と思われるけれど、突破できなければ「は?何言ってんの?」と奇人変人に思われる力です。

まあ、例えて言うならコロンブスの卵』ですかね。パラダイムシフト(大転換)を起こすような考えは、だいたい最初は誰もその価値を理解できないものです。そのためこの力は、誰かから「話してくれる?」と求められてから話すのがベスト。何か突拍子もない自己洞察があったとしても、自分から話すのは控えた方が良いかもしれません。

実は僕は、もともとこの力を持っています。そこに太陽・月の応援が加わったせいか、5月20日に開催予定の特別講義「6つのライン」への申し込みが、今日になってとんとんとんと相次ぎ、おかげさまで満席となりました。それももしかしたら「ヒューマンデザインについて話してくれる?」という求めなのかもしれませんね。

Sharing

また今回の満月時には、水星と天王星「成長をみんなで分かち合う」で重なっています。今回の特別講義も、僕が翻訳したテキストを用いてその知識を受講者の皆さんと分かち合うものですから、おお、なかなかのシンクロだなと。ただしこの位置がネガティヴに作用すると「分かち合うことを拒絶する物質主義」と、ケチくさくなるのでご注意を。

月はこの後、5月26日04:44に双子座新月を迎えます。この月(と太陽)の位置は「細かさに集中することで、気づきを完成させる」です。この新月もパワフルな力が下りて来ますし、パワフル過ぎて、ちょっと脱線するかも。また5月19日に天王星が位置を変え、5月25日には小惑星キロンも位置を変えます。そのあたりの解釈についてもまた後日……

【ヒューマンデザイン】ノード:運命と責任を受け入れる

lovers' eclipse

占星術的には、そろそろノード(太陽と月の交点、日食や月食が起きる地点)が乙女座から獅子座に切り替わります。ノードが星座を移動するのは2015年11月以来、1年半ぶり。ノードは、人生の課題や過去世との繋がりを意味すると言われますが、この乙女座・獅子座の境界線は、ヒューマンデザイン的にもゲート間の境界線になっていて、ひとつの節目になっています。

ヒューマンデザインのホロスコープ(マンダラ)上では、昨年12月24日21:16にノースノード(ドラゴンヘッド)が性的親密さによって絆を結ぶ」に入り、サウスノード(ドラゴンテイル)は「豊かな感情」に入りました。ヒューマンデザインでは、ノードを「その人が成長するための逆風的な環境」だとし、ノースノードはその人の人生後半に作用し、サウスノードは人生前半に作用するとしています。つまり昨年のクリスマスイヴからずっと、誰かと親密になったり、感情を豊かにすることが成長課題だったものの、なかなかうまくいかない時期……とも解釈できます。僕自身を振り返って見ると、たしかに性的に親しくなった相手はいませんが、それはただ単にモテなかっただけですかね……(^_^;)

fire

そのノードが、明日5月9日12:06に「困難な責任にOKを出す」(ノース)と「困難な運命に情熱の炎を燃やす」(サウス)に入り、7月19日14:51まで滞在します。そもそも「逆風」を意味するノードが、どちらも困難さを含む位置に入るので、なかなか厄介な配置だなと。恐らく人生前半(42歳以下)の方は「情熱の炎を燃やす」ことが課題として強く出て、人生後半(42歳以上)の方は「OKを出す」ことが課題として強く出るのではないでしょうか。

「情熱の炎を燃やす」とは『運命は過酷だけど、この世界にはもっと良いものがある、もっと良い人がいる、それを探しに行こう!』という欲望です。ここに逆風が入ると『私の人生は、この程度のものだ。どうせ酷い運命なんだ。これ以上良くなることなんて無いだろう』という悲観主義や諦めに陥るかもしれません。

また「困難な責任にOKを出す」は、相手やものごとに関わる決心を意味します。たとえ相手が厄介でも、困難な仕事でも、うまくいかないとは限らない。うまくいくかもしれないけれど、結果は分からないし、相手に対する責任も負わなければならない。それでも受け入れ、関わるのか……という決断を迫られるかもしれません。

僕自身は、明らかに「困難な責任にOKを出す」が課題となる年齢ですし、ここにノードが入ることによって「みんなが失敗するところで成功し、みんなが成功するところで失敗する」という、ヒネくれた力が湧いてしまいます。それがどう作用するかは、7月19日まで要観察ということで……