NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】割れた風船、空を飛ぶモノ

red baloon.

10月20日夜の夢。僕は、以前勤めていた書店で働いていた。なぜか上司に『あれはダメ、これもダメ』と言われ続け、ああもうやってらんねーわー、辞めてやる!と叫ぶとシーンが切り替わった。今度は、電車の中にいて、近くで風船が割れた。06:07。

夢の中の「書店=本」は、人生の目的。そこに制限がかかる。「電車」は、仕事上のキャリアチャンス。「風船が割れる」は、幻想や妄想が壊れること。まあ、あまり高望みせず、現実的にいけってことですかね。

Miniature landspeeder

10月21日夜の夢。空を見上げると、映画「スターウォーズ」のランドスピーダーに似た、エンジンもプロペラも無しに、空を飛ぶ乗り物が浮かんでいた。それに乗っている人は、どうやら眼下の景色をビデオカメラで撮影しているらしい。あんなものが本当にあるんだなあと思ううち目が覚めた。05:37。

飛行機やヘリコプターなど「空を飛ぶ乗り物」は、魂の覚醒や上昇を意味するそうです。「ビデオカメラ」は、人生を撮影するもの。高い位置から、実在しない乗り物のように、現実を超越した視点をもって、客観的に人生を眺めなさいということですかね。

10月22日夜も、空を見上げる夢だった。空には、飛行機が4~5機、編隊を組んで飛んでいた。何か事件が起きているらしいが、高台に上がって向こうを見ても、何が起きているかは分からない。そのうち、近くにいた人が『✕✕さんが死んだよ』と言う。僕は『ああいう人は、もう代わりがいないよね』と答えた。00:59。

どこか自分の知らないところで、誰かが(肉体的にか精神的に)亡くなったのでしょうか。それを埋め合わせられる人はいないような存在の人が…… 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

【夢日記】袋の中のネコ

Close Cat

昨夜10月12日の夢。僕は、見知らぬ人たちと、見知らぬ建物の中にいた。他の人たちは、上の階に行こうとして階段に向かったが、僕は狭いエレベーターに一人で乗った。上の階に着くと、僕は手に持っていた猫のエサのパック袋を開けた。そしてそこから出したエサを、床に落ちていたお菓子の袋の中に入れた。心の中で『たしかこの袋の中にネコがいるはずだよな』と思いながら、その袋をつまみ上げ、中を覗いてみると、たしかに茶褐色のネコが、仏頂面で、袋の中でじっとしている。放り込まれるエサを食べもせず、ただ、じっと。僕は『あれ、このネコ元気がないなあ。もしかして死んでいるのか?』と思ったあたりで目が覚めた。00:37。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中で「エレベーターで上がる」は、正しい方向に進むことを意味します。「ネコ」は、自分の中の女性的な資質。「袋」は、隠すことを意味するので、自分の女性性を隠していたり、自分の女性性に元気が無いから栄養をつけてやれという意味でしょうか。 ここで言う女性性とは、直観や感覚的な部分を意味するので、あれこれ理屈で考えるより、自分の気持ちを尊重することが正しいということなんでしょうね。あるいは、自分が正しい方向に進むと、女性性=感情や気分が落ちている人に対して、栄養をやるようなことになるとか……

【夢日記】空港にて:あれから2ヶ月経ちました

f:id:crystal0207:20180519221108j:plain

昨夜10月9日夜、天秤座新月の夢。僕は、空港にいたが、飛行機は出発が遅れていた。どうやら乗客の中に犯罪者がいて、その人を逮捕するのに時間がかかっているようだ。僕は、見知らぬ女性と一緒にいたが、ふと『あれから2ヶ月経ったなんて信じられないな~』と言いつつ、その女性と連れだって、空港の建物の外へ出た。そして女性と『じゃあ、またね』と手を振って別れようとしたが、僕もその女性も、同じ坂道を一緒に上り始めた。坂の上には、駅があるようだが、そこへ着くまでに目が覚めた。01:28。

夢の中の「空港」は、魂の覚醒へ向かう場所を意味するそうです。「犯罪者」は、自分をごまかし、能力を制限すること。そういうことをしているうちは、覚醒へ向かう飛行機に乗れないってことですかね。「女性」は、直観や感覚や感情。「坂を上がる」は、正しい方向に進むこと。誰かといったん別れて、少し距離を取りながらも、一緒に正しい方向に進んでいくのでしょうか。

『あれから2ヶ月』と聞いて、はて2ヶ月前には何があったかな?と思い出すと、ちょうどプロフェッショナル・アナリストの国内認定が下りた頃ですね。あるいは、獅子座新月か、天王星が逆行し始めた頃か。8月の初旬は、懐かしい人や、面白い人に出会うことも多かったので、どの『2ヶ月前』なんでしょうね? 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

【夢日記】出発前のカフェ、到着後の旅館

Cafe - Upper Street, Islington

9月後半からの夢を記録していなかったので、まとめてメモ。

9月23日。金沢旅行から帰ってきた夜。夢の中で、アニメ「銀河鉄道999」の曲が流れている。しかし歌詞の一部が『魔術は変わる~♪』に変わっていた。05:15。目が覚めた後、人生にかかる魔法が変わるのだろうかと思った。

9月26日夜の夢。僕はなぜか柔道大会に出場していた。以前、出場した時は負けたらしく、他の人から『一回負けたのに、よくまた出ますねえ』などと言われた。06:20。まあ、ある意味、しぶといのか、打たれ強いのか、負けず嫌いなのか……

9月29日夜の夢。僕は、本屋とカフェが合体したようなお店で、一人くつろいでいた。心の中で『まだ出発までには時間がある』と思っていた。06:12。ここで言う『出発』が、10月1日のアナリスト認定だったのかも。

Ryokan

9月30日夜の夢。僕は、ヒューマンデザインの集まりのために、古い旅館に入っていった。部屋まで行く廊下は、雨漏りがしていたり、古本が積まれているうえ、忍者屋敷の抜け穴のような、狭い出入り口を通らないと先に進めないようになっていた。それでも何とか先に進むと、和室に勉強仲間が集まっていた。その中の誰かが、責めるように『東京は、お行儀が良すぎるよ』と言い出した。02:59。

この夢を見た翌朝、アナリスト認定の連絡が来ました。夢の中のように、雨やら難関やらを突破して、ようやくたどり着いたということでしょうか。「古本」は、古い人生の目的。それに気を取られてはいけない。そして、お行儀が良すぎるのも考えものと。

10月5日夜の夢。僕は、映画の撮影チームに加わっていた。多分、助監督より下という立ち位置。周囲の人から『どうしてそんなに忙しいんだ』『場所が大事だぞ』とワケの分からないことを言われた。そのうち、すぐ傍を、撮影用の電車が通って行った。撮影用とは言っても、実物大で、中にはちゃんと乗客が沢山乗っている。僕はそれを見て『とても撮影用とは思えませんねえ。かなり予算使いましたねえ』と言った。02:57。

夢の中の「映画」は、自分の人生。人生も場所が大事ということでしょうか。「電車」=仕事上のキャリアチャンスは、今までに何度も夢に出てきましたが、ようやくアナリストに認定されて、それを暗喩するお役目も終わりということでしょうか。

いずれも短い夢ながらも、自分の転機前後に見たと考えると、なかなか意味深です……

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

【夢日記】握手、フクロウ、中央線

Lovely hand

9月15日うたた寝中の夢。僕は、会社の面接会場にいた。席に座ると、対面にいた面接官の女性が『ペットボトルは持ってきましたか?』と言う。僕が、カバンから空になったペットボトルを出すと、女性は苦笑して『そーですよねー、メルマガ取ってないなら、ご存じないですよねー』と言い、僕の右手を親しげに握った。14:02。

夢の中の「右手」は、エネルギーや愛を与えること。と言っても自分から差し出したわけではなく、向こうから受け取りに来た感じ。まさか奪いに来たんじゃないだろうな。ちょっと小馬鹿にしたような笑い方だったけど、決して嫌な感じはしなかった。「空のビン」は、必要のなくなった自分の一部分。ある意味、自分の不必要な部分に気がついていなかったけれど、それを回収しに来てくれたってこと?

DSC_1175.JPG

昨夜9月17日夜の夢。僕は、新宿近くの公園のようなところにいた。大きな木立の上には、フクロウが停まってる。それを見ているうち、僕の衣服も、バットマンのような……いやフクロウだから『ウォッチメン』のナイトオウルのような、フクロウじみた服に替わっていた。正直、街を歩くには恥ずかしい格好だが、そのまま歩き出すと、新宿の大通りは、泥だらけでずるずると滑りだす。そのうち地下鉄の入口が見えてきたので入ると、マンホールのような穴からハシゴを伝って下に下りることになった。穴の下にはオレンジ色の中央線電車が停車している。こんなところから中央線って入れるんだっけ?いや待て中央線に乗って自分はどこに行くんだ?と思いつつ、ホームに立つと、車内からどっと人が下りてくる。入れ替わりに車内に入ると、たまたま席が空いていたので座り、ホッとしたあたりで目が覚めた。05:11。

夢の中の「フクロウ」は、智慧、未知の部分や無意識を見極める能力のこと。「泥の道」は、たとえ歩きにくくても、あるべき自分を見つける道。「地下」も、やはり無意識。「電車」は、組織内での仕事のチャンス。「オレンジ」は、エネルギーや平和を表す色……だそうです。 まあ、席に座った安心感は良い感じでしたね。行き先が分からないまま、チャンスという名の電車に乗るのも良いのかも?

ウォッチメン ナイト オウル

ウォッチメン ナイト オウル

 

 

【夢日記】答えを出す時期、宮脇咲良さん、感覚性の解放

Moonrise

9月4日夜の夢。僕は、女性という設定で、暗い夜道を見知らぬ男性と歩いていた。ふと夜空を仰ぐと、雲間から、ぼんやり月明かりが見えている。それを見ながら僕は(私は)『そろそろ答えを出す時期じゃないかなあ』とつぶやいた。すると横にいた男性が、その言葉を別れの言葉だと思ったのか、急にキスしようと襲いかかってきた。僕は(私は)、なによ気持ち悪いわね!と思いつつ、その男の頭を、持っていた傘でガンガン殴りつけた。男はシュンとして萎縮し……目が覚めた。00:24。

夢の中の「月」は、愛や安らぎを意味するそうです。「夜」は、自分の無意識や未知の領域。「女性」は自分の感覚的部分。「男性」は自分の思考的部分。「キス」は愛情。「傘」は、あふれる感情から身を守るモノ。なんでしょうね。自分の中の感覚性は、すでに何かの潮時を悟っている。しかし思考はそれに抵抗したり、答えを出して欲しくないと思っている。愛情のように見えるけれど、それは執着。それを傘ではねつけ、思考をぶん殴る必要がある……のかもしれませんね。 

9月6日夜の夢。僕は、HKT48の(そして最近IZ*ONE のメンバーにもなった)宮脇咲良さんと、学校から一緒に帰っていた。僕と宮脇さんは、つき合っているという設定だったが、いったい俺はいつからこんなカワイイ子とつき合っているんだろう?と不思議でしょうがなかった。そのうち宮脇さんが『子供ができたらどうのこうの』とドキっとすることを言いだした。僕は、まだ手も繋いでいなかったので『びっくりするようなこと言わないでよ。言われる方の身になってよ』と言い、やがて僕たちは、手を振って別れた。01:09。

夢の中の「恋人」は、自分の中の男性性・女性性を統合することだそうです。先の夢では、強引にキスしたり、傘で殴っていたその2つが、やっと足並みを揃えて、統合されたということでしょうか。ヒューマンデザインも、自分の意識・無意識を統合するものですし、自分の本当のソウルメイトとは、自分の中にある無意識だとしています。だから、ソウルメイトを探す必要はない。ソウルメイトは、自分の中にいると。しかしその象徴が、宮脇咲良さんというのも意外でしたね。ちなみに僕、HKT48では駒田京伽さん推しなんですが……(宮崎と宮崎と宮崎)

IMG_4487 - Caffe bene 台中

そこから二度寝すると、今度は知り合いと喫茶店で集まる夢を見た。しかし正直、知り合いの中には、あまり会いたくない人もいたので、僕はそのお店を出た。すると次は、以前勤めていた会社の先輩に出会った。先輩は『これくらいの制限ならガマンできるだろ』と言う。どうやら面倒な上司の話をしているらしい。先輩は『みんなあの上司にお金の相談をしているぞ(だからお前も相談してみろ)』的なことを言うが、僕は『いや、俺はあの人のこと、リーダーとして認めてませんから』と言うと、先輩たちも笑い出した。

そのうち先輩が自転車に乗って、夜道を走り出したので、付いていったが、途中で先輩の姿を見失ってしまった。まあいいやと思いつつ、見知らぬ街の路地に入り、下り階段をガコンガコンと自転車で下り、どこかの建物に入った。いったん上りエスカレーターで上がったが、なぜかまた下りエスカレーターで元の階に戻り、これじゃあいかんと、また上りエスカレーターを2つ上がった。するとそこに女性が倒れている。どうやら監禁されていたようだ。僕はその女性を背負って、今度は階段を下り始めた。階段の途中には、僕らを妨害するためのカカシのような人形が置かれていたが、僕はそれを蹴飛ばして、先へ進んだ。さらに階段から下のフロアへ飛び降りたが、床にはふわふわのクッションが敷かれていたので、僕たちは無傷だった。05:02。

前半のくだりは、まあ、今の人間関係なのでしょう。自分の中の男性性=思考は、上司に従うようアドバイスしているけれど、自分自身はそれを拒否していると。

後半のくだりは、上がったり下りたりが多いですね。基本的に「上がる」は正しい方向に進み、「下る」は間違った方向に進むと言いますが、「下る」ことをあまりネガティヴに捉えなくてもいいかなと感じています。それよりはむしろ、エスカレーターで正しい方向に上がって、監禁されていた自分の女性性や感覚性を解放すると。邪魔モノは無力だし、蹴飛ばしてもいい。飛び降りても、下にクッションが敷いてあるから大丈夫と。

しかしいずれも強烈な夢でした。またそういう時期かな……

【夢日記】蛇口、ナギナタ、サバイバルゲーム

Faucet

8月30日夜の夢。僕は、見知らぬ職場でデスクワークをしていた。僕は、周囲の誰かに『目新しい日々ばかり過ごしている人なんて誰もいませんよ』と言った。しばらくすると、シーンが病院に切り替わり、水道の蛇口から水があふれ出していた。僕はそれを手で抑えようとして……目が覚めた。00:29。

『目新しい日々ばかり過ごしている奴なんていない』というのは、たしかにそう思うし、目新しい日々を追い求めるのも違うような気がする。いつもと変わらぬ日常的な業務でも、それを楽しんだり、しっかりこなすことが大事かなと。インフラ的な。夢の中の「病院」は、癒やしの場。「蛇口」は、感情のコントロール。水があふれているのは、感情があふれていること。それを抑圧しろとは言わないけれど、ある程度、コントロールする必要はあるのでしょう。

Nakano Takeko

9月1日夜の夢。僕は、どこかの公衆トイレにいた。ふと振り返ると、背後に細長い布包みを持った女性が立っている。その包みの中身は、鋭利な刃のナギナタだった。僕は、襲われると思い、その女性からナギナタを奪うと、窓からそれを放り捨てようとした。しかし立て付けが悪いのか、なかなか窓が開かない。女性は逆上し、こちらに向かって拳銃を撃ち始めた。僕は、どうにかナギナタを窓から捨てて……目が覚めた。01:10。

夢の中の「トイレ」は。過去の体験を浄化するところ。「ナギナタ=武器」は、エネルギーを誤って使うこと。「拳銃」は、性的エネルギー。「窓」は、予知能力や認知能力を意味します。なんなんでしょうね。過去の体験を浄化するには、誤ったエネルギーを捨てる必要があるし、性的エネルギーを濫用してもよくない。しかし何が誤ったエネルギーなのか、見極めるには、正しい認知能力を養う必要がある……とか?

Eastern Baghdad

そこから二度寝すると、今度はサバイバルゲームの夢を見た。僕のチームは、5人だったが、若めの美女が2人いた。その美女2人は、すぐに準備を整えて、さっさと出発していった。リーダーは、フードを被った無精髭の男性で、顔はうつむき、生気が無いし、出発する意欲も見られない。僕は『まあ、敵もまさか、こんなやる気の無い奴がリーダーだとは思わないでしょ』とか何とか言いつつ、そのリーダーを引きずるようにして出発し……目が覚めた。06:08。

夢の中の「サバイバルゲーム」は、人生を生き残るためのゲーム。「女性」は、自分の無意識や感覚的な部分なので、自分はもう、無意識かつ感覚的に人生を生き延びるゲームに参加している。一方自分の「男性」的な部分……つまり意識的な部分や、思考は、まだやる気が無い。しかしその意識的かつ思考的な部分も、いよいよゲームに参加せざるを得なくなったということでしょうか。あるいは、人生を生き残るためには、たくましく決断の早い女性と、やる気の無い男性リーダーに出会うのかもしれませんねえ…… 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)