NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・システム認定プレアナリスト+LYDガイド 市川丈夫のBlog

【夢日記】線路の無い電車と馬に乗る

Tram

昨夜の夢。僕は、どこかの建物の個室トイレに入った。しかし個室なのに、外からは丸見えで、見知らぬ女性が声をかけてくる。どうやら転職コンサルタントのようだ。あまり気乗りがせぬまま応対していると、建物がゆっくり動き始めた。実はそこは建物ではなく、電車の車内トイレだったのだ。しかもトイレに座ったまま、移りゆく窓の外の景色が見えている。ふとトイレを出て先頭車両から前方を見ると、その車両は線路の上を走っておらず、ただ道路の上を走っていた。路面電車の軌道すらない。

Nice Thoroughbred mare

そのあたりでシーンが切り替わり、僕は馬に乗っていた。サラブレッドのようにきれいな馬だが、僕は手綱も握らず、ただ馬が走るに任せている。そのうち馬が行き止まりの道に入りそうになった時だけ、やっと手綱を握ってUターンさせ、また手綱を放した。馬は一瞬、歩いている子供にぶつかりそうになったので、僕は馬上から『ごめんよ』と言い、やがて見知らぬ書店に到着した。僕が書店に入ると、馬も人間の形になって一緒についてくる。そして浪人風の侍から『こいつを倒してくれ』と賞金首を殺す依頼を受け、なぜか複数のサイコロを振ったあたりで目が覚めた。05:36。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「トイレ」は、過去の体験を浄化すること。「電車」は、仕事上の進路なので、その2つが融合しているっとことですかね。でも「線路」という決められたルートは無いから、体験を浄化するにも、仕事上の進路も、どうにでもなる。自由さがある。

「馬」も自由を意味していたり、性的エネルギーを表すそうです。でも自分ではこれ、午年生まれの誰かなんじゃないかと思ってます。自分と近いところで言うと、1966年生まれ、1978年生まれ、1990年生まれの方でしょうか。その人とパートナーシップを組んで何かをするんだけれど、基本その人が行きたい方向に行かせる。僕は手綱を引く位置にいるけれど、本当に行き止まりの道に進もうとした時だけ、その手綱を引くと。事故を起こしそうになったら、僕が謝る。その代わり、僕はその「馬」的なエネルギーで、どこかに連れて行ってもらう……とか。まあ『名馬はことごとく悍馬(かんば・荒っぽい馬)から生じる』なんて言葉もありますから、そのパートナー的な馬が、僕を乗せてくれるまでには時間がかかるだろうし、乗りこなすにも時間がかかるのでしょうが、そういったプロセスも楽しめる余裕が必要かもしれませんね。

【夢日記】歩きにくい小道(Path)を行く

Path

昨夜の夢。僕は、見知らぬ神社を出て、駅に到着し、電車に乗って隣の駅に行ったかと思えば、また元の駅に戻って、さっきの神社に歩いて行き、また駅に戻ろうとする、というループ的な夢を見た。その駅に戻ろうとする最後の場面で、僕の目の前には、三叉路があった。左右の道はアスファルトで舗装されていたが、真ん中の道は細く、曲がりくねったその先は、どうなっているか分からない。でも僕は『この道が、駅まで一番の近道なんだ』と思い、その細い小道を歩き始めた。その道は、たしかに歩きにくかったけれど、緑に覆われていて眺めも良く、石畳も敷かれていて意外と整備されていた。ただ実際には、駅までの距離は結構あって『思ったほど近道ではなかったかもなあ、でも他の道はもっと遠回りだよなあ』とか思ううち、目が覚めた。06:22。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「神社=神聖な場所」は、魂や気づきを意味し、「駅」は仕事上の進路を意味しています。その間を行ったり来たりしている、というのは、たしかにここ数年の自分のプロセスを表しているかもしれません。「道」は、そのまま人生の進路を表していますが、昨夜の「道」は、英語でいうところのRoad(整備された道路)ではなく、Path(分かりにくい小道)だと思います。まあ真理に至る道というものは、気づきにくいし、歩きにくいとか申しますし、最終ゴールに着くにも時間がかかるけれど、それ以外の道を進むよりはずっと近道である、というのもよく聞く話です。「緑」も、癒やしや成長を意味する色ですしね。実際に自分も、そういった真理につながる小道を歩いていると良いのですが……

【夢日記】一年前に予約した果物

Mysore - Fruit vendor

昨夜の夢。僕は、家族とスーパーマーケットに来ていた。母親が店員さんに『一年前に予約した果物はまだ入ってないの?』と訊ねたが、棚にはまったく果物が陳列されていない。その後、僕たちは京成線に乗ってどこかへ行こうとした。電車に乗りこむと、僕と母親は空いていた席に座れたが、妹が座れなかったので、僕は妹に席を譲り、つり革につかまった。車内は混んでいて、うるさいおばちゃんグループもいたが、そのうちどこかの駅に停車した。停車時間は結構長く、僕たちはゆっくりと衣服を着替えて、その駅のホームに降り立った。すると、4~5人の外人さん家族も一緒に降りてきたが、どうやらその家族は、僕の奥さんの家族らしい……とか思ううち目が覚めた。05:18。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「家族」は、自分の様々な側面を表すそうです。「果物」は、問題に立ち向かって得られる実り。そういや去年、自分が達成した成果物(=翻訳テキスト)の報酬って、まだもらってないものが沢山あるんですよね。 そして久しぶりに出ました「電車」=仕事上の進路の夢。ただし、人が大勢いて面倒だったり、誰かに「席」=状況を任せる必要もあるかもしれません。そして「駅」=仕事上のチャンスをつかまえる場所で、「外国人の家族」=まだ馴染みのない自分の側面と出会うと。今までとは違う「衣服」=役割を身にまとうことにもなると。

まあ、とりあえず昨年翻訳したテキストを配布したり、特別講義を開いて、実りの果実を手にしたいところです(引き続き交渉中……

【夢日記】恐ろしい敵はいない

120828-A-PP104-196

昨夜の夢。僕は、ヘリコプターに乗って、遠くの建物めがけて機関銃を撃っていた。どうやらそこに敵がいるらしい。しかし発射している手応えは無く、目標にも命中しているのかどうかも、よく分からない。目標の近くまで接近すると、敵はこちらの攻撃を察知して、すでに逃げ出した後だった……というところで目が覚めた。00:05。

夢の中の「ヘリコプター」は魂の成長を意味し、「敵」は恐れていた自分の未知の部分を意味するそうです。自分の一部分を敵だと思って攻撃していたけれど、自分が成長したことによって、もうその敵はいなくなった……なら、良いんですけどねえ。

Big Cats Mosaic

二度寝すると、今度は猛獣の檻の前にいる夢を見た。檻というか、動物園で普段、動物たちが収容されているような、コンクリート製の居住空間が3つ並んでいる。その一面は、分厚いガラス張りのサッシがはめ込まれていて、中が見えるようになっていた。どうやら僕は、その3つの空間で、ライオン、トラ、ヒョウを飼っているという設定なのだが、猛獣たちの姿はどこにもない。それどころか、ガラス張りのサッシの鍵が開いていたので、備え付けの鍵でしっかりと施錠した。僕は、そういや猛獣たちにエサをやった覚えがないなあ、もしかして死んでしまったのかな……と思ううち目が覚めた。06:42。

夢の中の「動物」も、自分の側面を表しているそうですが、ライオン、トラ、ヒョウといずれも猛獣なので、自分の中の獣性、猛々しい部分、肉食的な部分を表しているのでしょうか。そういった部分に鍵をかけ、エサもやらなかったけれど、実際にはそんな部分は最初から存在していなかったのでしょうか。先の夢と併せて考えると、自分の中に恐ろしい敵はいないってことですかね。その前に見たのも「戦争」=自分の側面を拒絶する内的葛藤の夢だったので、今はそういった内観の時期なのかもしれません…… 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

【夢日記】降伏(身をゆだねる)するしかないのに自爆する

Stryker Soldiers prove abilities at range [Image 2 of 8]

昨夜の夢。僕は、戦場にいる兵士という設定だった。敵がいる建物に突入すると、敵兵が自暴自棄になったのか、爆弾を自爆させた。逃げ場のない僕は、爆風だけでも避けようと身をかがめると、耳をつんざく轟音が聞こえたが、とりあえずケガもせず無事だった。そして立ち上がると、その敵兵もまだ無事に立っている。僕は、そいつに拳銃を向けたが、あいにく弾が入っていない。まあ、命を取るのも可哀想だからと、僕はその敵兵に降伏するよう促した。敵兵は、おとなしく従うかに見えたが、ゆっくりと胸元から拳銃を取り出し、僕に向かって発射した。すると僕の足下に、ぼたぼたっと何かが落ちる感触がある。ふと自分の胸元を見れば、銃弾が命中した穴が開いていて、黒い血が床に落ちている。僕は、ああ、やられたなと思いつつ床に倒れ、「弾が入ってないんだもんなあ」とつぶやくうち……目が覚めた。02:15。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「爆発」は、抑圧されたネガティヴなエネルギーの解放を意味します。他人のネガティヴな爆発に巻き込まれた感じでしょうか。それでも一応無傷だったのは幸いです。そしてその相手に「降伏(Surrender)」を迫ったのは、「身をゆだねろ(Surrender)」ということでしょうか。しかし相手はそれを拒否し、「拳銃」=性的なエネルギーをぶつけてきた。僕には、そのようなエネルギーは無く(弾が無い)、「胸」=自分の中心にある愛や方向性、あるいは自我や意志力を壊された。「血」は生命エネルギーなので、エネルギーを喪失された……という感じですかね。

たしかに自分の周囲にも、身をゆだねればいいのに、自分を抑圧したり、周囲をコントロールしようとする人はいます。そして結局、身をゆだねるしかない(降伏するしかない)状況に陥ると、それを絶対に回避するため、自暴自棄になって周囲を巻き込むような自爆スイッチを押してしまうと。ある意味、大戦後期の日本軍みたいなもので、特攻をやったり、玉砕攻撃に出るわけです。いやこれ、現実にそういった人間に心当たりがあるだけに、勘弁してほしいですねえ。少なくとも、ネガティヴな自爆にだけは巻き込まれたくないものです……

【夢日記】白石さん、海、テープレコーダー

白石麻衣写真集 パスポート

白石麻衣写真集 パスポート

 

昨夜の夢。目の前に、乃木坂46白石麻衣さんが出てきて『あなたと海とテープレコーダーの夢を見たので、解釈してください』と言われた。僕は、夢解釈の本を取り出して、『海は、大きな感情』『テープレコーダーは、潜在意識の記憶を再生すること』と告げた。つまり、潜在意識に記憶された感情を思い出す、ってことなんじゃないの?と。

そして僕は『僕の夢を見たなんて、ありがとう。推し(ファン)の人に知られたら、嫉妬されそうだなあ』と冗談ぽく言うと、白石さんは割とマジメに『頭の中から消えないんだから、仕方ないですよ』と答え……目が覚めた。05:17。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

お美しい白石麻衣さんが出てきたので、なかなか嬉しい夢でしたが、かなり複雑でもありますね。夢の中で、他人が見た夢を解釈し、それを今起きて自分で解釈するっていう。そもそも「他人が見た夢」というのも解釈が難しいのですが、「夢」=無意識と考えるなら、他人の無意識に目を向けなさいということかと。 あるいは、誰かの頭から消えない記憶や、潜在意識に刻み込まれた感情と向き合うことになるのかもしれません。

まあ、ヒューマンデザインというツールを通して、ある程度、その人の無意識も分析できますが、「記憶」となると、これはもう個人的な経験によるので、話してもらわないと分からない部分もあり……。しかし僕自身をヒューマンデザインで見てみると、「誰かの秘密(過去)を聞き出す」というのが人生のメインテーマなので、そのあたりが出たようにも思います。そろそろ「誰かの秘密(過去)を聞き出す」時が来るから、心の準備はしておけよってことですかね。

【夢日記】戦闘機と地震予知?

1.1 - Spitfire

1月5日の夢。僕は、屋外のイベント会場にいた。ふと空を見上げると、薄曇りの空に、何百機ものプロペラ戦闘機が浮かんでいる。飛んでいるのではない。ただびっしりと浮遊しているのだ。そこへ誰かが聖火のようなたいまつを持って会場に走り込んできた。ここはオリンピックの開会式場なのかな……と思ったあたりで目が覚めた。04:20。

夢の中の「飛行機」は、魂の高みへ舞い上がることを意味し、「たいまつ=炎」は、魂を覚醒させるための誘導灯だそうです。どちらにも共通するのは、魂の覚醒……

Earthquake

1月6日の夢。僕は、見知らぬ男性と、書籍の倉庫にいた。その男性は僕に『お金がすべてだ。お金を稼いでいないお前はダメ人間だ』と言ってきた。僕は気にもせず『いや僕はお金側の人間じゃなくて、遊びや楽しみ側の人間なので』と言い返した。するとどこからか、ズドドドドド……と地響きのような音がしてきて、僕は倉庫に積んであった本が崩れたのかな?と思ったあたりで目が覚めた。00:42。もう一回寝ようとうつらうつらしていると、今度は本当に地震が来た(00:54)。あれは予知夢だったのだろうか……

ちなみに夢の中の「地震」は、日常生活の変化を意味するそうです。さて正月早々、変化があるのか、それとも誘導灯が見えるのか……