NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】電車の座席、勝手な引っ越し

Seats of Shinkansen super express, Japan

2月12日夜の夢。僕は、ロングシート(縦長式)の電車の座席に座っていた。すると隣に男性が座ってきて、僕の膝の上にカバンをドカッと置いてきた。僕はムカつきながらも、そのカバンを相手の膝に置き直した。相手は、特に文句も言わない。するとその男性は、急に立ち上がり、座席を回転式クロスシートのようにくるっと回した。どうやらここから、電車の運行形態が変わるらしい。僕も『ああ、ここから景色が変わるんだなあ』と思い、くるっと席を回してそこに座り……目が覚めた。

久しぶりの「電車」=組織内での仕事のチャンスの夢。「手荷物」は、人生の重荷。それを僕に押しつけてくる人間がいるけれど、その重荷は相手に返せばいいと。それはその人が対処すべき問題なのだから。「座席=椅子」は、自分の立場。それが変化して、景色が変わる……ということですかね。今現在、自分の仕事的立場も、いろいろ制約があって面倒なのですが、ここ数日で『だけどこの立場も、結構美味しいよな』と感じるようになりました。制約もあるけれど、その範囲内で自由にやれる部分もありますしね。そういった気づきが、景色の変化なのかもしれません。

Moving truck

2月14日夜の夢。僕は、自宅の近所で、見知らぬ中学生男子と出会った。その子は、僕に近づいてきて『あの人、勝手に引っ越そうとしているんです。そのことを誰にも言わないんですよ』と言う。ふと見ると、近くに立派な家が建っているが、その家の住人がバタバタと引っ越し作業をしている。さらにその周囲には、近所の人か知り合いが集まっていて『勝手に引っ越すな』と詰め寄っていた。しかし当の本人は、それに聴く耳を持たず、黙々と引っ越しを続けていた。僕は『まあ、近所づきあいが無いなら、勝手に引っ越すのもありだよな』と思い……目が覚めた。

夢の中の「引っ越し」は、内面の大きな変化。それが、誰かに起きている。周囲の人たちは騒いでいるけれど、僕はそれを観察しているだけ。「中学生男子」ってのはなんですかね。学ぶ人。まだ幼い人。その誰かの内面的変化も、これから先の景色の変化につながるのでしょうか。 

【夢日記】戦争、洪水、占領

Flood

2月5日夜の夢。僕は、見知らぬ建物……テレビ局か政府施設の2階あたりから、窓の外を眺めていた。どうやら昨日、戦争が始まって、敵軍が攻めてくるようだが、まだその姿は見えない。近くにいた人と『戦争は、最初の36時間が大事なのに、いまだに攻めてこないってことは、敵は遅れているんじゃない?』『どうせ敵の攻撃は失敗するんじゃない?』などと話し合っていた。

ところが敵が近くの川を氾濫させたのか、建物の周囲にどっと、茶色く濁った濁流があふれてきた。あれよあれよと言う間に建物は濁流の中で孤立していく。あわてて政治家が建物から逃げだそうとしたが、すでに敵兵が、僕のいるフロアにも突入してきた。

さらに敵国の(フランス人のように見える)政治家が、その建物にやって来て『(外国語で)この国は占領した。お前たちもこれで終わりだ』みたいなことを言う。すると僕は『Fxxk !!』と言い放ち、その政治家の前に進み出て『あなたは、賢明ではない。我々は今、あなたの発言に注目している。そのあなたが、そんな居丈高な発言をしたら、我が国の人間から反感を買って、自分で自分の首を絞めるようなものだ』と言った。

とりあえず(数十人いた)僕らは、ひとつのところに集められることになった。僕は天井に据えられているダクトを見上げて『あーあ、映画のダイ・ハードみたいに、誰かあの中に隠れてて、俺たちを助けてくれよ』とぼやいた。そのうち誰かのところに『500万円盗まれました』という電話連絡が入った。そんなこと言われても、今この国は、敵に占領されて警察機能も停止しているからなあ……と思ううち目が覚めた。02:18。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「窓」は、予知能力や認知能力を意味します。「戦争」は、エゴ同士のぶつかり合い。「洪水」は、感情に押し流されること。「政治家」は、ものごとを特定の方法でさせること。なんでしょうね。誰かと誰かが、エゴを衝突させている。それを傍から観察しているうちに、一方の感情がブチ切れ、濁流となってあふれ出し、こちらまで飲み込まれ、支配されそうになる。それに対して『No !』を突きつけても、殺されるわけではない。しかしそこで盗みのような犯罪が行われていても、警察が逮捕できるような状況ではない……ということを予知しているんですかね?

これが水瓶座新月直後、しかも自分の誕生日前日の夢というのも意味深です。もしかすると誕生日を過ぎた次の一年は、こういった災厄が現れるかもしれませんね。やれやれ……

【夢日記】学校のトイレ、金券さん、大島さん

School Hallway

2月2日夜の夢。僕は、見知らぬ学校にいた。トイレ待ちの長い行列に並んでいると、若い男女のカップルが前に割り込もうとしてくる。僕がそれを阻止すると、若い男が拳を振り上げたので、咄嗟に『殴る?(殴るなら警察沙汰だよ?)』と言うと、カップルはそのままどこかへ去ってしまった。トイレに入ると、中は事務室になっていて、「金券(きんけん)」さんというネームプレートを付けた女性事務員がいた。金券さんは、先ほどのやり取りを見ていたのか『困った人がいるのよねえ』とぼやく。僕は、学校の外へ出ようと階段を下りていった。1階に着く間際、階段の途中からジャンプして着地すると、近くに居た年配の女性が不機嫌そうな顔をして……目が覚めた。

夢の中の「学校」は、人生の学びの場。「トイレ」は、過去の感情的体験を癒すこと。「拳」は、攻撃や怒り。過去の経験を癒したい人は、大勢いるけれど、まずは優先して自分を癒すこと。それに対して怒りを向ける人(私の方が先だ!)もいるけれど、それは無視と。「階段を下りる」は、間違った方向に進むことを意味しますが、個人的には、過去の体験を癒やして、人生の屋根から着地することかなと思っています。「金券さん」は、何でしょうね。過去の経験を浄化すると、お金にも出会えるんでしょうか? 

そこから二度寝すると、次の夢では、元AKB48大島優子さんが出てきた。僕と大島さんは、見知らぬBARで、うだうだと吞んでいる。大島さんは『私、3回結婚したけど、どれも上手くいかなかったよー』と言う。僕は『大島さんは、リフレクター(人類に1%しかいない少数派タイプ)だから、ヒューマンデザインのことを学んだ方が良いかもね。特に愛のゲートとかさ』と言いながら、はて、大島さんは多忙な芸能活動をしながら、いったいいつ3回も結婚したんだろう?……と思ううち、目が覚めた。

2013年の初夢にも大島優子さんが出ましたが、それ以来6年ぶりです。大島優子さんは1988年10月17日生まれですが、出生時間が分からず、正確なヒューマンデザインのチャートも出せていません。ただ、たしかにその日はリフレクターになる時間も結構あるので、大島優子さん=リフレクター説も、あながち無いとは言い切れませんね。

しかし夢の意味となると……なんでしょうね。「結婚」がキーワードだとすれば、自分や他人のさまざまな面を組み合わせることを意味します。それが上手くいかない人たちにヒューマンデザインの知識を伝えるのかな。実際、リーディングでも、恋愛が上手くいかなかった方、離婚された方、離婚を考えている方に良くお会いしますが……それとも、特にそのことを誰かリフレクターに伝えるのかも?

【夢日記】疲れた馬、引き籠もる小鳥

DSC_0341

1月28日夜の夢。僕は、馬にまたがって、やけに混んでいる飲食店の中を歩いていた。カウンターや席で飲み食いするお客さんの間を『馬が通りますよー』と言って、縫うようにして通過し、店先に出た。下りてみると、その馬はやけに小柄で、痩せていて毛並みも悪く、疲れているようにも年老いているようにも見えた。僕は、店先にあった蛇口から水をひねり出し、洗面器にそれを受けて、馬に飲ませてあげようと思った。

ところがその馬は、いつの間にか小鳥に変わっていて、棚の奥の方に隠れたか、あるいは棚の奥にハマりこんでいた。僕は、その小鳥を手で救い上げ、水を飲ませようとした。手のひらの中の小鳥は、まるで人間のように、痛めた肩を翼で撫で……目が覚めた。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「馬」は、自由や性的エネルギーを表すそうです。また「馬に乗る」は、判断力が広がることなんだとか。「飲食店」は、心の栄養を摂ったり、気持ちを通わせ合うこと。「鳥」は、精神的自由、またはより高次の気づきに到達すること。

ただ、夢に出てきた「馬」はあまり状態が良くなかったので、誰かが自由やエネルギーという点で衰えているのかも。「鳥」も、閉じこもっていたので、むしろ精神的な自由が無い状態なのかもしれません。

そう言えば、ちょうど一年前にも「馬」の夢を見たんですよね。その時『これは、午年生まれの誰かなんじゃないか』『自分と近いところで言うと、1966年生まれ、1978年生まれ、1990年生まれの人ではないのか』と書きましたが、今回の「馬」も、もしかすると、午年生まれの誰かがエネルギー的に疲れていたり、閉じこもっているという意味なのかもしれません。果たして、その疲れた「馬」に水を飲ませてあげたり、閉じこもっている「小鳥」を救い出すことはできるのでしょうか?

【夢日記】いつかやると思っていた

Classroom.

1月24日夜の夢。僕は、大学2年生という設定だった。クラスメイトたちと、教室でダベっていると、誰かが『✕✕がさ、痴漢で逮捕されたってよ』と言う。それが誰だか分からないが、僕は咄嗟に『あいつなら、いつかやると思ってたよ』と返した。すぐ傍では、背の高いきれいな女性が、何かのデータをずっとプリントアウトしていた。

夢の中の「教室」は、人生という学びの場。「痴漢=性的暴力」は、誰かの能力や自尊心を奪うこと。「プリンター=印刷機」は、人生の演目を何回も演じること。これは、僕自身の能力が誰かに何度も奪われているのか、それとも他の人たちの能力を何度も奪うような人がいるのか。もしかしたら両方かもしれません。実際、心当たりはありますし、その「痴漢」が捕まったり、#metoo運動のように、告発されるのかもしれません。

また「共に学ぶ仲間内から痴漢という犯罪者が出る」というのも意味深です。僕も今ヒューマンデザインを学んでいますが、さてどうなることやら……

【夢日記】また長距離バス、理想の恋人、落ちてきたヘビ

NISSAN DIESEL Space Arrow_PKG-RA274RBN_Fukuoka200Ka1977

1月14日夜の夢。僕は、九州行きの長距離バス乗り場にいた。バスはすでに到着していたが、乗る人が大勢いて行列になっている。そのバスは、僕が下りる停留所をスルーしてしまうため、これには乗らなくていいやと思い、別の場所へ向かった。

シーンが切り替わると、僕はヒューマンデザインの授業を受けていた。手元のテキストを開くと、ちょうど自分が生まれた13番「同志」のページだった。ところがそのページには、「同志」ではなく「理想の恋人」と書いてあった。

そこでまたシーンが変わり、僕は見知らぬ川沿いを歩いていた。ふと川沿いに並んだ木を見上げると、枝から長いヘビが、びよーんと伸びた状態で、自分の手に落ちてきた。うわっ!と驚いた瞬間、目が覚めた。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

先日に引き続き「バス」=潜在能力の夢。 ただしバスにはまだ乗らないし、行き先が違うのは、なんなんでしょうね。潜在能力を使うにしても、タイミングや目的や使い道が大切ってことでしょうか。

ヒューマンデザインで見ると僕は、共通の趣味を持つ「同志」と結びつくことがテーマなのですが、実はそれは「理想の恋人」とイコールなのかもしれません。共通の趣味で結ばれた恋人……たしかに理想的ですね(^_^)

そして夢の中の「川」は、人生の流れ。「枝」は、自分が伸ばしてきた才能。「ヘビ」は、クンダリーニ的な生命力や覚醒を意味します。人生の流れに沿って成長すれば、驚くような生命力や覚醒と出会えるということでしょうか……

【夢日記】長距離バス、義理の息子、30年ぶりのドライブ

Buses Fierro

1月7日夜の夢。僕は、深夜の長距離バスに乗っていた。行き先は分からないが、車内には大きなソファもあり、ノートパソコンで仕事をしながらでも、快適に旅が出来そうだった。夢の中の「バス」は、自分の潜在能力。「夜」は、自分の中の未知の部分。自分の未知なる能力にくつろぐ(身をまかせる)ということでしょうか。

1月9日夜の夢。僕は、子持ちのバツイチ女性と結婚していた。子持ちと言っても、彼女の息子はもう30代の立派な男性だったが、再婚が気にくわないらしく、僕にちょっかいを出してくる。僕も、ウザい奴だなあと思いつつ、その手を払いのけていると、彼女がニコニコして『なに仲良くしてるの~?』と笑いかけてきた。夢の中の「息子」は、自分の中の男性的部分を表すそうですが、「義理の息子」となると、なんなんですかね。

1月13日夜の夢。僕は、自分で車を運転して、北陸かどこかへ行くという設定だった。机の上にあったカギや文房具をカバンに入れて準備をするうち、時計を見ると17:45だったので、そろそろ出かけなきゃな、でも車を運転するなんて30年ぶりだなとか思ううちに目が覚めた。夢の中の「車」は、現実の自分。「カギ」は、真実に通じる扉のカギ。さて、いったいどこへ行くんだか。30年ぶりに、何かに再挑戦するのでしょうか……

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)