NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】エスカレーター、東急線と車椅子、卒業式

Escalator

昨夜8月15日夜の夢。水瓶座満月のせいか、妙に強い夢を何度も見てしまった。

まず、夢その①。僕は、学校のような場所にいた。そこでメロディも無い、ただ音が鳴っているだけの、曲とも呼べないような現代音楽が流れると、周囲の人たちが『これは凄い、凄い』と言い出した。僕は『そんなピン・ポン・パンみたいなの、どこが良いんですか?』と言ったが、みんなは夢中になっている。僕は、こりゃ無理だわ、この授業は出なくていいやと思い、教室を出た。僕は外に出て、どこかの商業ビルに入り、上りエスカレーターを上がったが、朝早いらしく、まだ開店前だった……

夢の中の「教室」は、人生の学びの場。「音楽」は、癒やしや美。でもその音楽は、僕にとって癒やしにはならなかった。「エスカレーターで上がる」は、最良の選択で、最良の方向に進むこと。「店」は、成長に必要な手段やチャンス。教室から出たのは、最善の判断だったとしても、まだ必要なチャンスには出会っていないと。

Tokyu Toyoko Line "Shabon-dama" Train

そこから二度寝して、夢その②を見た。僕は、東急線らしき電車の側面にしがみつき、そのまま駅へと向かっていた。なかなか危ない状況だったが、すぐ駅に入ったので、ホームに下り、そこから階段を上がって、また別の乗り替えホームに向かった。乗り替えホームでは、沢山乗客が待っていたが、テーブルもいくつかあり、知り合いの独身女性ばかりが集まってお茶会をしていた。そこに加わると、知り合いのIさん(女性)がコーヒーをこぼしてしまった。代わりの飲物が来るのを待っていると、次の電車には間に合わない。僕は、その独身女性たちを置いて、ホームに入って来た電車に乗ろうとした。

電車は結構混んでいたが、ドアが開くと、車内では、30代ぐらいの女性がぶっ倒れている。ホームとは反対側のドアも開き、車内はだいぶ空いたものの、大丈夫かな?と、電車に乗るのを躊躇していると、僕の左腕を、誰か男性が引き寄せ、少し強引に電車に乗せてくれた。車内は座れなかったが、まあまあ余裕があり、ホッとして背後を振り返ると、さっき倒れた女性が、電動車椅子に座ってぐったりしていた……

はい、また出ました「電車」「駅」「ホーム」「乗り替え」=仕事上のチャンスをつかまえたり、仕事の進路を変更する系の夢ですね。しかし電車の側面にへばりついている夢は、初めてです。たしかに3~4年前、作家仕事から今の仕事にシフトする時期は、経済的にかなりヒヤヒヤでしたね。それが済んで「階段を上がり」=正しい方向に進み、また別のホームに向かっている。そして独身の人たちは置いて行く。むむ、それって結婚ってこと? しかし先に電車に乗っていた=チャンスをつかんでいた女性は、行動不能に陥ってしまう。「椅子」は、自分が置かれた状況なので、「車椅子」となると、その状況に拘束されるという意味でしょうか。そして「乗客」=お客さんもぐっと減る。でも、それと入れ替わるように、僕が強引にその電車に乗せられる……のかな?

実際、僕の観測範囲でも、最近まで経済的に上手くいっていたのに、今では精神的な病に陥っているのでは?と思う女性がいます。その女性のことなのか、それともまた別の女性が病んでしまうのか? そしてお客さんが減っても、むしろ車内は快適というのも面白いですね。忙しすぎるのも考えモノですから……

f:id:crystal0207:20190816100407j:plain

そこからまた三度寝をして、夢その③を見た。僕は、どこかの講堂で、仕事か資格の卒業式を迎えているという設定だった。すると先生が『この中に、ビートたけしさんからお祝いの手紙をもらった人がいます』と言う。誰だろうと思っていると、それは僕自身で、先生が『手紙は、午後になったら開けるといいよ』と教えてくれた。僕は、いったいどこで、たけしさんは僕の仕事を知ったのだろう?と不思議に思った。

気がつくと、僕は、卒業式を終えたみんなとバスに乗り、明治神宮から表参道へ向かっていた。車窓から見ると、原宿あたりには、袴姿の女性も多く、やっぱり今は卒業シーズンなんだなあと感じた。そのうち、お笑い芸人のハライチの澤部さん似の男が現れ、僕に向かって『どうしてお前がたけしさんから手紙をもらうんだよ!』と怒ってきたが、ああ、嫉妬しているんだなあと分かると、特に言い返す気力も出なかった。

やがて僕たちはバスから下り、夜の街に着いた。すると知り合いのTさん(男性)が、真っ暗な坂をどんどん下りていく。僕は、Tさんの姿を見失わないよう、暗闇の中、必死に追いかけた。しかし暗闇の先で、急に開けた公園が現れ、大勢の人たちがバーベキューを楽しんでいた。Tさんの姿は、その人ごみに紛れて消えてしまった……

夢の中の「卒業式」は、今までの課題を終え、次の成長段階へ進むこと。卒業シーズンってことは、他の人たちもそうなんですかね。「手紙」は、情報や教え。今日の午後になったら、思わぬ情報が入ってきたりして。「バス」は、自分の潜在能力。それに乗って進めと。しかし「坂を下りた」=間違った方向に進んだ人を追いかけても、その人を捕まえられるわけではない。

……とまあ、この夢日記を付け始めて約6年半。その中でも屈指の、強烈な一夜となりました。さすが水瓶座満月。いろいろインスピレーションが下りて来ましたが、それが現実とどう重なるかは、これから要経過観察ですね…… 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

【夢日記】また「乗り替え」の時期かも

subway

8月9日夜の夢。僕は、見知らぬ商店街にいて、その一角にある小さな商店の2階を借りようかと思い、下見に行ってみた。その1階には、すでに夫婦が経営している雑貨屋さん?が入店していたが、あまり経営は上手くいっていないらしい。旦那さんは『とりあえず、あと一年やらせてくれ』と言っていたが、奥さんは不満そうだった。

そこから僕は、地下鉄に入る階段を下りていったが、その階段が途中で切れている。仕方なく、えいやっ!と床まで飛び降り、ホームに入った。電車に乗ると、乗務員さんが3人いたが、全員見習いらしく『でも、3人いれば心強いですよね』と話していた。

夢の中の「お店」は、成長やチャンスの手段だそうです。そういった手段を借りるということ? そして、すでにそういった手段を手にしていながらも、上手くいっていないカップルもいると。「階段を下りる」は、間違った方向に行くこと。「地下鉄=地下の電車」は、無意識の、組織内での仕事のチャンス。見習いが運転しているような仕事のチャンスには乗るなってことですかね。

2011-02-11 京成上野駅に並ぶ新旧スカイライナー

8月13日夜の夢。僕は、誰か知り合いと、駅のホームに停車している電車に座っていた。その車内には、面倒なオジさんがいたので、僕はそのオジさんを両手で持ち上げ、隣のホームの、別の電車まで運んでいった。オジさんは抵抗もせず、そのまま電車も発車し、どこかへ行ってしまった。僕もあわてて元の電車に戻り、すぐ出発した。

ところが出発して、窓の外を見てみると、どうやら自宅とは逆方向に向かっているらしい。そこで、ひとつ先の駅で下り、階段を上がって乗り換えのホームに向かうことにした。しかしその雑踏の中でも、また誰か面倒な人と出会った気がする。僕はかまわず、ペットボトルの水を買い、乗り換えのホームへ向かった。するとそのホームにも、また別のオジさんが、酔っ払ったのか、仰向けに倒れていた。

夢の中の「駅」は、仕事上のチャンスをつかまえる場所。「ホーム」は、そのチャンスを待つ場所。「階段を上がる」は、正しい方向に向かうこと。「乗り換え」は、キャリア的な転進。ということは、仕事上、面倒な相手を排除して、正しい方向にキャリアを変えても、また面倒な相手に出会うということでしょうか。うわ、ホントに面倒……

しかし数年前の一時期、よく「駅」「ホーム」「電車」「乗り替え」の夢を見ていたものの、ここ最近は見なくなったなーと思ったら、また続けて見てますね。たしかにあの頃は、仕事上の「乗り替え」の時期でしたが、またそういう時期に来たのでしょうか…… 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 
100の夢事典

100の夢事典

 

【夢日記】家賃6万円の部屋、絵を描く少女

Room

8月6日夜の夢。僕は、都会から離れた、どこか地方の街にアパートを借りているという設定だった。家賃は、6万円。部屋の中には、あまり家具は無く、本が少し置いてあるだけだった。この部屋に来ることはあまりなく、交通も不便で、単なる倉庫として使っているだけなのに、毎月6万円も家賃を払っているなんて、経済的ではないよなあ、と自分でも思った。この部屋に来たのも、何かモノを取りに来た気がするが、特に持っていくようなモノは無いように思えた。

ふと見ると、天井から毛虫が、糸を出してぶら下がっている。その糸を取ろうとすると、手にくっついて、うわ~とか思っていると、壁にも、青や赤の虫がひっついている。その虫も取ろうとしたが、すでに死んだまま壁にくっついていて、引き剥がすと壁紙まで剥がれてしまった。よく見ると、壁には、前の住人が開けた穴やら傷があり、これ敷金返ってくるかなあと思ったあたりで目が覚めた。

夢の中の「部屋」は、自分の中の一側面だそうです。たぶん自分の中に、ムダな部分や習慣があるのでしょう。そこに、たいしたモノは無いと。「虫」は、小さな悩み。でもそれはほとんど死んでいる。「壁」は、自分と他者を遮るモノ。そこに小さな悩みがくっついて死んでいる。「前の住人」ってことは、以前つき合いのあった人ですかね。対人関係で、無用な壁は外せということですかね。

Girl

8月8日夜の夢。僕は、どこかの建物を出て、置いてあった自転車に乗り込んだ。鍵はかかっていなかったので、自分の自転車だと思ったが、良く見ると、前部には子供用の座席があり、3~4歳ぐらいの女の子が座っている。うわっ、誰か別の人の自転車を乗ってきちゃったよ、しかも子供まで連れてきちゃったら誘拐だよ!と思い、あわてて、元の建物にUターンした。その女の子は『お母さんは、✕✕に行っちゃった』とかなんとか言ったような気がする。

僕は、元の建物に入ったが、しばらく探しても、母親らしい人はどこにもいない。だいぶ時間が経ったので、自転車に置いてきた女の子も心配になり、また自転車に戻ってみた。すると女の子は、いつの間にか12歳ぐらいに成長して、自転車の横に立ち、ノートに何やら絵を描いている。訊いてみると『素敵な書生さんがいたので』と言う。「書生」なんて、今時、珍しい言葉を使うなあと思ううち、目が覚めた。

夢の中の「自転車」は、人生のバランス。「子供」は、自分の中の無邪気な部分とか言うけれど、ちょっとそういう感じはしなかったなあ。むしろ、幼い誰かに出会って、また時間を置いて再会したら、少し成長していた……という意味じゃないかと思ったり。または、会わない間に、その人は「お母さん」を失ったとか、「母親的な役割」を失ったとか。あるいは、本当に絵を描いているとか。「絵を描く」のは、その人が「書生」を好きだということ。「書生=勉強ばかりしている人」は、誰なのか…… 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

【夢日記】ライオンは眠っている

Happy lion

獅子座新月直前、7月31日夜の夢。僕は、トロッコのような列車に乗って、どこかの空港に到着した。しかしその空港には、ライオンやトラが平然と寝そべっている。こちらも、あまり怖いとは思わず、それを避けて待合室に向かった。待合室では、なぜかフランス人と共同生活をすることになり、一緒にパスタを作り始めた。その準備をしていると、遠くで、妙にテンションの高い女性が騒いでいる。しかし僕は『まあ、あれが彼女の役割だから』と悟ったようなことを言い……目が覚めた。

夢の中の「列車」は組織内での仕事上の進路を意味し、「空港」は魂の覚醒に向かうところ。「ライオン」や「トラ」は、雄々しさや勇気。しかしそれは眠っている。覚醒してはいない。「料理」は、人生の諸要素を融合させること。「テンションの高い女性」はなんなんでしょうね。感情の高まり?

Lion

さらに8月3日夜の夢。僕は、以前勤めていた職場の同僚と、勤務中に、お昼ご飯を食べに行くことになった。壁にかけられた時計を見ると、文字盤の数字がさかさまで、一番上の中央が6時、一番下の中央が12時となり、ちょうど12時を過ぎたところだった。

そこからシーンが切り替わり、僕は、見知らぬ女性について、トンネルの中を歩いていた。その女性は、とてもたくましい体格で、後ろから見ると、がっちりとした筋肉質の太い足でガシガシと前進していく。その後についていくと、夜の動物園に出た。周囲には、またライオンやヒョウが寝ていたが、その脇を通って、女性について行き、螺旋階段をどんどん上っていった。やがて頂上に着くと、アフロヘアの黒人男性が現れ、金細工を施した黒い木管楽器(ディジェリドゥ?)を差し出してくれた。なかなか見事な作りだったが、先導してくれた女性が『値段は42万円』だと言う。なかなか高いなあ、でもこれ1本売れば、この男性は2~3ヶ月生活できるんだろうなあとか思ううち、目が覚めた。

夢の中の「時計」は、重要なサインであり、数字が何時を指しているかに注目すべきだそうです。12時過ぎってことは、12=1+2=「3」=心・肉体・魂の調和を意味する数字ですね。「トンネル」は、新たな意識レベルへの通路。それを「女性性」=感覚が導いてくれる。その先には、また「ヒョウ」「ライオン」=雄々しさや勇気が眠っている。「階段を上がる」は、正しい方向に進むこと。「楽器」は、内なる調和を奏でるもの。

獅子座シーズンとは言え、続けて夢にライオンが出てくるのはなんなんでしょうね。そういや「ライオンは眠っている(The Lion Sleeps Tonight)」という曲もありましたが……

【夢日記】電車に乗れない、空港、先生がいない

f:id:crystal0207:20190719091218j:image

7月11日夜の夢。僕は、どこか地方のローカル線駅のホームで、電車が来るのを待っていた。やがて電車がやって来たが、僕の目の前で、車両と車両が切り離されていて、そこだけぽっかりと何も無く、当然乗車するドアも無い。しかも目の前に、見知らぬ男性が両手を広げて、僕が電車に乗ろうとするのを邪魔している。仕方なく、隣の車両から乗るかと思った瞬間、ドアが閉じ、その電車は発車してしまった。なんだよと思いながらも、しばらく待った後で次の電車に乗り、目的地の駅に着くと、お金を両替することになった。しかし財布の中には、4000ペソしか入っていない。それを差し出すと、なぜかもっと多い金額を渡されて……目が覚めた。

夢の中の「電車」は組織内での仕事上のチャンス、「駅」はそのチャンスをつかまえる場所、「ホーム」は正しいキャリアの出発点を意味します。正しいキャリアに就こうと思っていたのに、誰かに邪魔され、遅れを取ることになった。しかしチャンスはまだ来るのだし、それに乗れば良いと。「外国」は、まだ馴染みの無い自分の側面なので、正しいキャリアに就けば、自分の新しい面にも気づくし、お金も入ってくる……と良いなあ(^_^) 

7月15日夜の夢。僕は、どこかの空港についたばかりで、コーラを飲んでいた。するとテレビ画面に『宇宙怪獣キングギドラ襲来!』というニュースが流れ、遠くからキングギドラを撮影した動画が映った。それを見た誰かが『戦いに行くぞ!』と声を上げたが、僕はそれが妙に他人事のように思えて、戦いに行く気はしなかった。心の中で『まだあれは遠くの騒ぎだし』『まだ第1ラウンドだしな』と思っていた。

夢の中の「空港」は、魂の覚醒へ向かう出発点だそうです。たとえ「怪獣」=何らかのトラブルが起きていても、それは他人事であって、自分は自分の行き先へ向かうと。

7月18日夜の夢。僕は、沢山の本が梱包されている倉庫にいた。その本は、学生向けの教科書で、これから勉強する人たちのために、それを運び出している最中だった。ところが、その作業を本来行うはずの担任の先生がどこにもいない。仕方なく僕がその本の束を台車に載せて……目が覚めた。

夢の中の「本」は、人生の目的。それを教えるはずの先生がいないから、仕方なく、僕が代わりにそれを生徒のもとに運んでいく……なるほど。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

【夢日記】足場から下りる、新札発行

Scaffold

7月1日夜の夢。僕は、銀座駅に向かって歩くうち、いつの間にか高い足場の上に来ていた。下りようとしても、階段やハシゴも無い。仕方なく、えいやっ!と飛び降りて、また歩くうち、これから新規開業するオフィスに入って行った。そこが僕の職場らしく、周囲にはまだ新品の家具の匂いが漂っていた。しかし自分の机の上には、工事で出たプラスチックの切り粉が散らばっている。それを片付け、手を洗おうと洗面台に行くと、鏡には、背後で順番を待っている3人の顔が映った。その顔は、僕を憎んでいるようにも見えたが、なんだよ手を洗う順番ぐらい待てよ、とか思ううち、目が覚めた。

夢の中の「駅」は、仕事上のチャンスをつかまえる場所を意味します。「足場」は、人生の屋根かもしれませんね。チャンスが欲しいなら、屋根から下りなければならず、それによって「オフィス」=日々の生産力が新しくなると。「粉」には、Take a powder=さっさと逃げるという意味があるので、古い場所からは早めに逃げるってことですかね。「手」は、エネルギー(お金を含む)をやり取りすること。「洗う」は、浄化を意味するので、そこから仕事上のお金のやり取りも新しくなるのかも? ただ、その背後には、こちらを嫉妬する人たちもいるので要注意と。

Money

そして7月9日夜の夢。僕は、新幹線でどこかへ向かっていた。乗車する前に買っておいた本は、自分には興味の無い建築関係の本なのに、自分が好きな歴史のことが書いてあるというモノだった。つまり普段、見慣れている歴史の本棚では見つからず、興味の無い本棚から思わぬ出物を見つけたわけで、僕は『あんなところに、こんな面白そうな本があったとは』と驚いていた。

そのうち場面が切り替わり、今度は東京へ戻ることになった。その前に、郵便局で買い物をすると、お釣りとして、見たことも無い紙幣を渡された。その瞬間、そうだ、今日から新札に切り替わるんだっけと思い出した。そして駅に着き、Suicaで改札を通ると、駅員さんから呼び止められ、新札への切り替えに応じて、Suicaも登録変更してくださいと言われた。あーはいはい、まあこっちで手続きをしておけば、東京に着いた後、楽だから今のうちに済ませておこうと思い、僕は手続き用紙を手にして……目が覚めた。

夢の中の「新幹線」は「列車」=組織内の仕事上の進路の凄いバージョンですかね。「本」は、人生の目的。しかも、思わぬところで人生の目的を見つけることですね。まさに先日書いたセレンディピティ(思わぬ発見)。「お金」は変化を意味し、「お札」なら大きな変化を意味します。新札への切り替えですから、これはかなり大きな変化のようですね。そしてまた「駅」=仕事上のチャンスに出入りするSuicaの仕様も変わると。

どちらの夢も仕事上の変化、金銭的なやり取りの変化を感じますが、実際、最近リーディングがますます忙しくなり、これもまた変化の一環なのかなと思っています。それとも、今以上の変化があるのか、どうなのか……

【夢日記】消防士と放火魔

For The Cortland Firefighter

6月29日夜の夢。僕は、消防士という設定だった(6/16の夢に続いてか)。消防署にかかってきた電話を取ると、放火魔からの電話だった。相手は『どこからかけていると思う?』と挑戦的なことを言ってきた。僕は咄嗟に、こいつ、まさか俺の家に放火しやがったか!と思ったが、自宅はすぐ傍という設定だった。しかし自宅の様子を確かめようとしても、そちらの方角に窓が無い。別の方角の窓からは、神社と大きな御神木が見えていて、境内では騒いでいる人たちがいる。やはり放火騒ぎか……と思った時、目が覚めた。ものすごく胸くその悪い夢だった。

夢の中の「消防士」は、高次の自己(ハイヤーセルフ)。浄化の能力。「電話」は、重要なメッセージ。「火」は、生命エネルギーだけど、「放火魔」は何だろう。勝手に生命エネルギーを垂れ流すもの? 「窓」は、知覚能力。その「放火魔」が今、何をしているかは分からない。自分に見えているのは「神社」=神聖な魂のみ。まあ、ネガティヴな相手から挑発されても、それと向き合う必要はないってことですかね。

しかし「消防士」「電話」というモチーフが続くのも気になります。どこか自分の知らないところで、もう火が付けられていて、そのうち消火要請が来るのかも。なにしろ水瓶座19度「消し止められた森林火災」生まれですから……