NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】いきなり稼げると思いました?

今日も、池袋にてフルリーディングでした。今日の方は、すでにヒューマンデザインを学ばれている方でした。実は、僕とその方には共通して『周囲の仲間が、ショッキングな状況でパニックに陥っていても、1人だけ生き残る』という個性があったのです。まあ、お互いヒューマンデザインという仲間内にいますので、そのうちヒューマンデザインを学んでいる人たちがパニックに陥るけれど、僕たちだけは『ああ、はいはい、やっぱりね』という感じで、そのパニックを冷静に眺めているのかもしれません。

ただし僕の場合、冷静に高みの見物ばかりしていると『だったら、もっと早く本当のことを教えてくれればいいのに!』と怒られる可能性もあるので、今回は、これから仲間内で予想される「パニック」について書いておきましょう。

f:id:crystal0207:20141218095135j:plain

実際ここ1~2年、ヒューマンデザインを仕事にしようとしている人が、かなり増えたようですが、資格を取っても、ヒューマンデザインが理解できなかったり、お客さんがなかなか来ず、もうすでに「パニック」に陥っている方もいるかもしれません。そこでビジネス・コンサルタント的な助言を得ても、うまくいかず『自分の頑張りが足りないのだろうか……』と責任を感じている方もいるかもしれません。

しかし資格を得たからといって、すぐにお客さんが来るはずもないですよね? そもそもいきなり仕事になると思ったその自信、どっから来たんですかね? 基礎講座LYD(相場は5万円)とゼネラルリーディング(相場は1~2万円)というメニューだけで、稼げると思いました? それこそ「ショック」な言い方ですが、そう考えて起業した時点で、もうすでにビジネスセンス無いんじゃないですかね?

基本的にヒューマンデザインは、自分らしい生き方を取り戻すものです。まずは『最低でも7年間かけて条件付けを落とし、ストラテジーと権威を実践し、自分らしく生きる』ところから始めれば、そのうち自然とお金も稼げるかもしれません(自然と、がポイント)

そう、最低でも7年間です。実現力があるはずの、マニフェスターである僕自身も、ようやく生計が立てられるようになったのは入門6年目からです。それも、自前で英語の文献を読み込んで『たぶん、こうだろうな』という実験を繰り返して、ようやくという感じです。これはかなり面倒な修行ですが、遠回りに思えても、最低7年間、条件付けを落とすことに取り組むのが、一番早道なのです。

それでも『そんなに修行してられない』『今すぐお金が稼ぎたい』と言うなら、ヒューマンデザインは向いていませんし、もっとお金が稼げそうな仕事に切り替えた方が良いですよ。早めにヒューマンデザインには、見切りをつけましょうマジで。

まあ、不健康なまま別の仕事に切り替えても、結局うまくいかないでしょうし、お金を稼げたからといって、それで人生が満たされるとは限らず、正しい目的(魂の使命)のために使わなければ、ムダ遣いして終わりでしょう。さてここから先、本当に仲間内で「パニック」が起きるのかどうか、しばらくまた高みの見物です……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。