NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】言うは易いのか?行いは難いのか?

f:id:crystal0207:20140426134813j:plain

今日は午後から南青山のTHE WHITE MAGICさんでヒューマンデザインのリーディングでした。お店に向かう途中、表参道の交差点を見上げたら、ちょっと気になる広告が。「常識を壊すことで成功に導く」「言葉だけでは足りない。行動、結果ではじめて信用は得られる」……なるほど、たしかにお説ごもっとも。ただ、頭ではわかっていても、それを実践できるかどうかはまた別のお話ですよね。

今日リーディングした方にも、いろいろとお伝えはしたものの「そこが難しいんです」とのお返事が。まあ、やるべきことが見えている場合に限って、それが難しく感じることも、ままあります。それでも「難しい」と思えば難しくなるもので、その思考を取っ払えるかどうかかなと。

長年うまくいかなかったことに対して「どうせまただめだろう」とネガティヴになるのも自然ではありますが、「どうせまただめ」と云う保証すら本当は無く、その先入観を取っ払えるかどうかも大切だなあと。

「言うは易く、行いは難し」なる言葉がありますが、実は「言うことすら難しい」と感じる方がいるのも事実。逆に、周囲が止める間もなくスパッと行動する方もいて、昔の言葉なんてものは万人に当てはまるものでもないよなあ……とも思ったり。

帰りの地下鉄でうとうとしながら、そんなことを考えていました。はい。