NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】津波警報、追ってくる警官

http://www.flickr.com/photos/94015342@N04/15124554511

昨夜の夢。僕は見知らぬ学校の前にいた。するとあちこちから学生服を着た生徒達が何百人と集まってくる。どうやら津波が来るらしく、みんな学校に避難してきたようだ。僕も校舎の中に入った方がいいかなと思っていると、どこから放送が聞こえ「栃木県に出されていた津波警報は解除されました……」と言うではないか。おいおい東京湾から内陸の栃木県まで到達するような津波だったのかよ、もしかして巨大地震でも起きたのか……と思ううち目が覚めた。00:00ジャスト。

まず「学校」は学びの場。「生徒」も人生を学ぶこと。「避難」はエネルギーが低下している時はいったん充電・回復して事態の処理にあたれ、ということだそうです。ただ僕自身は校舎の中に避難しなかったので、その必要はないかなと。「津波」は感情という名の海が荒れ狂った状態ですかね。でも僕たちのいる所までその影響は来ないから大丈夫、という解釈が合っていればいいんですが。そしていったい誰の感情が津波のように荒れ狂うんだか……

http://www.flickr.com/photos/26503210@N00/103146643

次の夢では、僕は見知らぬ街にいた。街にはオートバイに乗った警官が二人いたが、どうもそいつらが嫌で、僕は街から離れるトンネルに走っていった。ここから先は警官たちの街じゃないとも感じた。ところが警官たちはトンネルの中まで僕を追いかけてくる。ええい面倒な奴らだと思い、僕は警官に向かって指を突き出し、バン!バン!バン!と拳銃を撃つ真似をした。その仕草で一人は倒れたかもしれない。なんだたいしたことないな、と思ううち目が覚めた。05:24。

「当局に追われる」夢は、組織と自分の個人的主張の緊張を意味しているそうです。この夢を見るのは自分の欲求をコントロールしようとする強い義務感があるからだそうで、「警官」は自分の中の義務感を表しているんだとか。組織の中では自分を殺してまわりに合わせなきゃ、みたいな義務感ですかね。でもそれを倒したってことは、あまり欲求は抑えなくてもいいのかなと。「トンネル」は、新たな可能性に満ちた現実へと続く道なので、ここから先、新しい世界が開けるから、今までの義務感は殺して前に進めというメッセージかも。

Flicker Photo by Adrian Kingsley-Hughes

Flicker Photo by lewishamdreamer