NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】「Line Companion」を訳しました

f:id:crystal0207:20190130104025j:plain

ヒューマンデザインの384のラインをすべて解説した「Line Companion(ライン・コンパニオン)」の翻訳が終わりました。

ラインとは、ヒューマンデザインのチャートで見られる「13.6」とか「43.2」といった細かい個性や性質のことです。易経でも、64の卦が6分割され、64x6=384爻(こう)がありますが、ヒューマンデザイン的な384種類の爻について、創始者ラーがたっぷりと解説したものです。またチャート上でも「13.6▲」「43.2▼」のように、三角形で記されたマークが出る場合がありますが、その性質の偏りについても、詳しく説明しています。言うなれば本書は、ヒューマンデザイン研究の辞書みたいなものですね。 

作業開始は、昨年2月でしたが、7月初旬には進捗75%まで進み、これなら8月中に終わるだろうと思ったら、ありがたいことにリーディング依頼が増え、最後の詰めの作業が延び延びとなり、今日のゴールとなりました。実際の翻訳期間は、正味4~5ヶ月ぐらいでしょうか。これからまだ清書と校正が残っていますが、とりあえずここまで完成させた自分を褒めてあげたいと思います(^_^) 

f:id:crystal0207:20190130103754j:image

なにしろ原書は、英文で約440ページあり、いつも自分が作っている日本語版テキストと同じ形で組んでみたら、全部で635ページとなりました。校正のためA4用紙に2ページずつ印刷してみましたが、それでも300枚以上。持ち歩くのも難儀な分量です……

この「Line Companion」に関しては、すでに先行して訳されている方がおり、数年前にヒューマンデザイン・ジャパンに日本語訳が納品されているのですが、何年経っても一向に公開・販売されないので、だったらもう自分で訳そうと思い、完訳した次第です。ですので、この市川版テキストを販売する予定は今のところ無く、特別講義を行う予定もございません。僕が個人的に、チャート分析のために使うことになるでしょう。

とは言え、ヒューマンデザインを学ぶ人にとっては必携の資料なので(特に海外では、PTL1受講者は必須となっています)、もし機会があれば、販売するなり、講義をする等して、シェアできる日が来るかもしれません。そういった可能性も含めて、一応「特別講義」のページにも「準備中?」ということで載せておきます。

もちろんリーディングにいらした方には、この資料から読み取った情報をお伝えしますので、どこか知りたい部分がございましたら、フルリーディングをご依頼ください。すでにヒューマンデザインを学んでいらっしゃる方でも、本書に書いてあるラーの解説を知ると『なるほどそのラインは、そういう意味だったのか!』という驚きが得られると思いますよ(^_^)

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。