NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】入門7年目:脱条件付けプロセス

f:id:crystal0207:20190317170810j:image

先日は、常磐線で茨城方面に古書探索に。4年ぶりに関東鉄道竜ヶ崎線にも乗り、日帰り散歩を満喫してきました。いやー、のどかのどか。

そんな今日この頃ですが、2013年の3月16-17日に、ヒューマンデザインの基礎講座LYD(Living Your Design)を受けてから、まる6年が経ちました。明日からは入門7年目が始まるわけですが、ヒューマンデザインでは『人間は、他人からの影響(条件付け)を落としきり、本来の自分を取り戻すには7年間かかる』と言われています。人間の細胞が(骨まで含めて)7年かけて入れ替わるように、7年間ヒューマンデザインを真面目に実践すれば、親や世間や周囲の人たちから受けた影響=条件付けが落ち、本来の自分を取り戻せるとも言われています。

僕自身、その脱条件付けプロセスに真面目に取り組んできたかどうかは分かりませんが、7年前から考えてみると、あの頃とはだいぶ変わったというか、たしかに余計な憑き物が落ちたし、今の方が自然で、楽に生きているなあと感じています。

マニフェスターというタイプは、誰にも邪魔されずに好きなことをやりたいタイプですが、まさに今、誰にも邪魔されずにヒューマンデザインのテキスト翻訳に取り組んだり、リーディングをしたり、趣味の時間で遊ぶという、平和な時間を過ごしています。結局ヒューマンデザインは、こうしてプレッシャーを感じずに、自分が目指す生き方にたどり着くためのものなので、そういう意味でも6年前に、これを勉強し始めて良かったなあと思っています。 

f:id:crystal0207:20190317170820j:image

もっとも、今の状態がゴールではないなとも感じています。まだ僕自身も、キロン・リターンという人生の転機の真っ只中にいますし、7年間の脱条件付け期間=第1サイクルが終わった後、来年からは第2サイクルとして『自分を取り戻した後、自分に何ができるかを発見する』7年間が始まると言われています。

まあ、これは目に見えない世界のことですから、実際ちゃんと第1サイクルの脱条件付けを終わらせたかどうかも怪しいのですが、少なくとも『俺はもう7年経ったから、条件付けは落ちているんだぞ』と思い込むのは危険だと思っています。

実際、ヒューマンデザインを7年以上学んでいるのに、周囲からの条件付けを受け続けて、本来の自分を取り戻していないように見える人もいるので、学んだからといって、自動的に条件付けが落ちるものではないだろうと。

そのあたりも注意しつつ、今日からの入門7年目も、自分に最後までこびりついている、ガンコな条件付けを落としていこうと思います。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。