NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】放置された猫、ワンルームマンション

Cat

書きそびれていた5月後半の夢をまとめてメモ。

まず5月22日夜の夢。僕は、飼っていた猫に餌をやろうと思い、引き出しを開けた。すると引き出しの中で、その猫がぐったり倒れている。触ってみると、もう冷たい。ああ死んじゃったのか、この間飼ったばかりなのにな、餌や水をやり忘れたのだろうか……と思いつつ、その猫を庭に埋めようとして目が覚めた。

夢の中で「放置されていた動物」は、隠していた自分の本能を意味するそうです。中でも「放置されていた猫」は、自立の必要性なんだとか。本当は自立心があるのに、それを発揮していないということですかね。

ちなみにこの「飼っていたペットが、いつの間にか死んでいた」という夢ですが、こうして夢日記を付け始める前は、何度も見ていました。多分、自立というテーマが昔からあったけれど、ここ数年はおさまっていて、またこの時点で浮上してきたかもしれません。

November 28, 2018

5月25日夜の夢。僕は、20代の頃に住んでいたワンルームマンションに帰ってきた。久しぶりだなあと思っていると、ドアが開き、若い頃のビートたけしさんみたいな男性が勝手に入ってこようとする。僕は、いやいや困りますと、その人を押し戻してドアを閉め、ロックをかけた。その後、冷蔵庫を開けて、何か料理を作ろうとして目が覚めた。

夢の中の「家・部屋」は、自分自身。そこに知らない人を入れてはいけない。「冷蔵庫」は、冷淡さ。相手を拒否する時は、それも必要になりますよね。先日このBlogでも書いた『自分の中の街に、誰を住まわせるか』問題ですね。実際、ヒューマンデザインで見ても、僕に適した環境は、ワンルームマンションのような、出入り口がひとつだけの「洞窟」のような場所だそうです。そしてその出入り口を開け閉めし、誰を入れ、誰を追い出すかという権利も持たなくてはならない……そういう環境作りも必要なのかなと。

他にも夢を見たけれど、またキーワードだけ書き残して、ストーリーを忘れているものばかり。夢日記兼手帳には「双子があらわれる」「呼び出され」「鏡の向こう」「もう二度と行かないよ」「うなされる少年」「仮面ライダー」「エルフ」「アリ」「誰かのために星を作る」と書いてあるけど、なんのことやらさっぱり……(^_^;)