NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】朝日、市電、泥沼、神社に逃げ込む

Hotel

6月22日夜の夢。僕は、知り合いの人たちと一緒に、どこかのホテルに来ていた。部屋に入ると、窓の外は真っ暗だったが、誰かが『そろそろ日の出です』と言うので、屋上へ出てみた。たしかに屋上に行くと、太陽が昇っていて、そんな早い時間だと言うのに、ずいぶん沢山の人が来ていた。夢の中の「ホテル」は、成長のための可能性を意味するそうです。「窓」は、状況を超越して見る力。でも窓の向こうが真っ暗ということは、状況はまだ見えない。「朝日=太陽」は、自分の内に宿る光。屋上に出ればそれが見えてくるということでしょうか。で、屋上ってどこよ?

Tram

6月25日夜の夢。僕は、市電が通っている、どこかの街にいた。しかしその市電はもう古く、廃止の危機にあるものの、存続させようとする人たちもいた。その人たちは、古いレールを地面から引き剥がし、また新たなレールを敷設する作業を行っていた。「市電」も一種の「列車」だとすれば、組織内の仕事上の進路を意味します。でも「市電」だから、あくまでローカルな組織ですかね。その組織は、すでに廃れているので、方向性を変える必要があるってことか。ですよねえ(納得)。

6月27日夜の夢。僕は、戦場にいて、ぬかるみにハマった仲間を助けていた。夢の中の「戦争」は、エゴ同士のぶつかり合い。「泥沼」は、悪習慣にまみれること。そういった人たちを助けるのか。うん、どんどん予知夢ってぽくなってきたなあ。

f:id:crystal0207:20200701171854j:image

6月28日夜の夢。僕は、新幹線の一番前の席に乗った。すると、どこかの駅で新幹線が停まり、僕は列車から下りて、誰かに捕まっている女性を助け出した。その女性と一緒に神社に逃げ込むと、後から修験者のような追っ手と、その中心にいる巫女のシルエットが闇に浮かび上がった。僕は、あわてて神社の門を閉めたが、その門には錠前が無かった。ええい、仕方ない、こうなれば迎え撃つまでよ、と覚悟して振り返ると、神社の本殿の周囲には、味方の戦士たちが何人も揃っていた。夢の中の「新幹線」は、やはり「列車」だとすれば、仕事上の進路。「神社=神聖な場所」は、魂そのもの。「錠」は、孤立や心に鍵をかけること。それをする必要は無い。仲間が守ってくれるから……という意味かな。しかし助ける夢、多いなあ。いったい誰を助けるんだか……