NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】武蔵野線、厚化粧、地下室、空港

_MG_8061

3月に見た夢をまとめて記録。

まず3月5日夜の夢。僕は、JR武蔵野線の、どこかの駅のホームにいた。ホームに併設されたカフェでコーヒーを飲んでいると、いつの間にか電車が来ている。あわてて乗ろうとしたが、カフェに忘れ物をしてしまい、取りに戻る間に電車は発車してしまった。まあいい、次のに乗ろうと思い、僕はまたカフェに戻ることにした。夢の中の「駅」は、異なるキャリアチャンスをつかまえる場所。まだ乗り替えなくていいと。

3月13日夜の夢。僕は、知り合いの男性のマンションに来ていた。その奥さんが、妙に濃いアイシャドウをつけ、全身ブランドモノを身につけていた。夢の中の「厚化粧」は、自分の内面的な価値に気づかず、自分自身を貶めること。いやー、たしかにあの人の奥さんって(以下自主規制

3月16日夜の夢。夢日記には「仮面だけ生きていればいい。捨てようとしても勝手に部屋に戻ってくる」とメモしてあるけど、どんな夢見たか忘れてしまった……

3月17日夜の夢。今から戦争が始まるという設定で、僕は、ワンルームマンションみたいな地下室に隠れる準備をしていた。これからずっと地下生活が始まるので、スーパーに食料を買いに行き、自炊をすることにした。それにしても自分の部屋で自炊なんて久しぶりだなあ……と思ううち、目が覚めた。これから地下生活=隠れて生活する、ってのは、合ってるかもね。なるべく人目につかないような活動とか。

3月27日夜の夢。僕は、友人と一緒にロールプレイングゲームの世界に入っていた。2人とも剣を持ち、目の前に現れるモンスターをバッタバッタとなぎ倒しながら、なぜか古本を集めていた。そのうち僕は、見知らぬ教室に入り、見知らぬ人たちにヒューマンデザインを教えることになった。誰かが『ここは時間の流れが違いますよ』と言った。

f:id:crystal0207:20200829214853j:plain

3月29日夜の夢。僕は、空港へ向かうバスに乗っていた。上空には、何百機もの旅客機が待機し、次から次へと空港へ下りていく。僕は、搭乗口に行き、荷物を詰めたが、まだ一緒に行くパートナーが来ていなかった。夢の中の「空港」は、魂の覚醒に向かうところ。「飛行機」も、魂の覚醒へ向かうこと。でもパートナーがまだ来ていない。パートナーって誰よ?まあ、あんだけ飛行機があったら、離陸するチャンスはいくらでもあるんだろうけど。

 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)