NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】2匹のネコ、ホテルの火事、新幹線、ラジオスタジオ

cats

10月12日夜の夢。僕の(2階の)部屋に、ネコが2匹いた。僕は、エサをあげなければ思い、1階へ下りようとして、なぜか白い服に着替え、窓から下りようとした。ふと横を見ると、見知らぬ少年がいて、やはり窓から下りようか迷っている。僕は『俺は行くけど、君はどうする?』と訊ねた。夢の中の「ネコ」は、自分の女性性。「白」は、真実。

10月15日夜の夢。僕がホテルに泊まっていると、朝方、火事になった。僕は、持っていた書類を箱に入れて逃げようとした。書類は沢山あったが、全部は持ちきれなかったので、とりあえずこれだけ持っていけば良いだろうという量を持って出た。するとどこからか、知り合いの女性Nさんが現れた。彼女はその火事を見て、妙にウキウキして嬉しそうだった。夢の中の「ホテル」は、成長の可能性。「火事」は、それが燃えてしまうと。「書類」=仕事なのかなあ。とりあえずこれだけ助かれば十分だろうという感覚。Nさんは……たしかにあの人、あの仕事が燃えて灰になったら喜びそうだなあ(悪い意味で)

10月16日夜の夢。僕は、マンガ原作者という設定だった。これから出版社のエライさんと面接をするが、一緒にいた編集者らしき人は『みんなのために頑張ってくれ』と言う。

Shinkansen

10月17日夜の夢。この日の夢は3本立てだった。

まず1本目。僕は、崖を這い上って、新幹線のホームにたどり着いた。そして新幹線に乗り、そのうちまた下りることになった。僕はカバンを持っていて、忘れ物がないかどうか、よく確認してからまたホームに下りた。

2本目の夢では、僕は作業服を着ていた。そして誰かから『生き残れるだろうか』と聞かれて『俺たちは大丈夫なはずだよ。でも、誰と生き残ろうか』と答えた。

3本目の夢では、僕の携帯電話に、誰かから『ラジオスタジオへ来てくれ』という連絡が入った。夢の中の「ラジオ」は、導きからのメッセージだそうで……

【夢日記】テニス、即位式、温泉旅行

Emi tennis

9月30日夜の夢。僕は、暑い中、テニスのダブルスの試合に出ていた。ちなみに実際には、テニスなんて一度もしたことが無い。しかし夢の中では、これから全国大会に行くための大事な試合という設定だった。ところが相手方の選手は、コートに布団を敷いて、自分の側に球を打ち込まれないよう、姑息な手段を取っていた。僕は、その布団の隙間を狙って球を打ち込み、ポイントをあげた。夢の中の「スポーツ=ゲーム」は、人生のゲーム。相手は卑怯な手を使ってくるけれど、穴を衝けば何とかなると。

10月7日夜の夢。僕は、警察官という設定だった。僕の目の前には、一緒に住んでいる女性から部屋を追い出された男性がいた。僕はその男性に『女性からセクハラと言われたら、それでもうアウトですよ』と説教していた。するとシーンが変わり、僕は坂道を上っていた。坂の上には、剥き出しのエンジンが置いてあり、ちょっと近づいただけでも熱く感じるほどだった。夢の中の「警察官」は、助けてもらえること。「坂を上がる」は、正しい方向に進むこと。「エンジン」は、生命力。それにしても、最近妙に「警察官」の夢が多いような……

Chichen Itza

10月8日夜の夢。僕は、従姉妹の女性と、なぜか安倍元総理と、女性天皇即位式に参列していた。あたりはもう夜だったが、目の前にマヤのピラミッドみたいな建物があり、その周辺には沢山の報道陣が来ている。僕と従姉妹と安倍元総理は、新しい女帝の後ろに従って、ピラミッドの階段を昇っていった。夢の中の「王」は、全能の神や能力を意味し、「ピラミッド」は神秘的な力、「階段を上がる」は正しい方向に進むこと。まあ、安倍総理も交代しましたし、どこかで別の権力移譲が行われるのかもしれませんね。

10月10日夜の夢。僕は、友人と温泉旅行に来ていた。そろそろ大浴場に行こうぜなんて立ち話をしていると、見知らぬ人から、ちょっとだけ中身の入ったウイスキーの瓶を渡された。『なにもこれだけ持ってこなくても』と思っていると、今度はまた別の男性が『私は一年間勉強したんですけど、大丈夫ですかね?』と訊ねてきた。とっさに僕は『無理無理。まだ勉強不足でしょ』と言い残して、大浴場へ向かった。お風呂に入る前に、持っていたペットボトルを捨てたあたりで目が覚めた。夢の中の「温泉=風呂」は、くつろぐ時間。「お酒」も、リラックス。でも少しだけじゃあ、満足できないと。勉強不足な人は……まあ、なにごとにしろ一年じゃ無理かもしれませんね。

【夢日記】空港、棚卸し、奪われそうな権利

f:id:crystal0207:20200829214853j:plain

9月18日夜の夢。僕は、友人と空港にいた。今から出発するところで、荷物を預け、ついでに帽子も預けていた。ふと行き先を見ると「青森」になっていた。夢の中の「空港」は、魂の覚醒に向かうところ。「荷物」は重荷。「帽子」は演じている役割。余計な重荷や、本来とは違う役割は置き去りにして、本来の旅に出発という感じでしょうか。

9月21日夜の夢。僕は、国会議員や官僚との名刺交換会に来ていた。そこでは、さまざまな駆け引きが行われていたが、それをやらないと実務が進まないようだった。「政治家」は、ものごとを行う特定の方法を受け容れること。つまり政治力が必要だと。理想やきれいごとばかりでは話にならず、清濁併せのむことも必要なのかも。

9月22日夜の夢。僕は、書店で棚卸しをしていた。「書店=本」は、人生の目的。それを棚卸し=再整理して、要らないものは処分しろということかな。

Maasai

9月26日夜の夢。僕は、自分の窓から外を眺めていた。すると自宅の周囲には、ケニアとかタンザニアに住んでいるような人たちが集まり、屋根の上に勝手に上がって、畑を作ったり、そこで採れた野菜を持っていこうとしている。僕が『そこはうちの屋根だぞ』と言うと、どこからか『権利が取られそうだ』という声が聞こえてきた。なるほど。屋根の上……権利……意味深ですな。

【夢日記】家賃のかからない部屋、怒りと不満

f:id:crystal0207:20200124175428j:plain

先週から、火星逆行、木星順行と星の動きが多かったせいか、妙に強い夢を見ています。

まず9月9日夜の夢。僕は、小型飛行機に乗って、塔のある洋館に接近していった。その塔に、飛行機がドッキングして、まるでホテルのラウンジのような空間になり、今日からそこが僕の住まいになった。住まいとしてはステキなのに、家賃はほとんどかからないという設定で、僕は助かるなあと思った。しかしその部屋から外へ出ると、暗い建設現場のような場所につながっていて、タバコを吸う人たちがいた。そこで見知らぬ男性が近づいてきて、映画に出演してみないか?と言う。しかし僕は『いや、そんなのもっと若い奴がいいですよ』と言って断った。夢の中の「飛行機」は、魂の覚醒を意味するそうです。「塔」は、精神力、予見力。「火」は、生命力。「映画」は、人生。まあ、細かいことはともかく、家賃のかからないステキな部屋に住むってのは良いですね。

9月10日夜の夢。僕は、昔勤めていた書店で働いていた。ふと見ると、自分の肩には私物の入ったカバンがぶら下がっている。やれやれ、こんな荷物を持ったままじゃあ、仕事の邪魔だよなと思ったが、しばらく経っても、僕はカバンを提げたまま仕事を続けていた。「書店=本」は、人生の目的。「カバン」は、重荷。たぶん、仕事の負担を背負い込みすぎているんですかねえ。

9月11日夜の夢も、昔勤めていた書店の夢だった。僕は、出席していた会議が終わると、上司と一緒に焼き肉屋さんに行った。上司は『お前はすぐ辞めると思っていた』『うちは近いうちに吸収合併される』と言う。ふーん……

rage

9月13日夜の夢。僕の目の前に、ぎゃーぎゃー騒ぐ40代ぐらいの女性がいた。僕が『うるせーなー、ババア』と言うと、女性はさらにブチ切れ、僕のことを追いかけてきた。僕は、階段を駆け下りて、一気に建物の外まで逃げた。振り返ると、女性もまだ追いかけてくる。ええい、しつこいババアだ、ここで迎え撃つかと思ったところで目が覚めた。「怒る女性」は、自分の女性性の怒りなのかな。「階段を下りる」は、間違った方向に向かうこと。自分の怒りにフタをしないこと。逃げずにちゃんと向き合うこと。しかし、久しぶりに恐ろしい夢だった。

その夢で目覚めたのが02:00頃で、そこからまた二度寝して、次の夢を見た。今度は、ヒューマンデザインの集まりの夢だった。場所は、道路に面したカフェ的なところ。しかし講義が始まっても、集まった若い生徒たちは授業内容にぶーぶー文句を言い、みんなざわざわとおしゃべりを止めない。僕はそれを眺めつつ、まあ若い奴らに言わせるだけ言わせておこうと思い、特に何も発言はしなかった。うん、これ現実そのものですね。

【夢日記】結婚式、捜査会議、倒れる鳥居、マラソン

IPhone

8月19日夜の夢。僕は、今日が結婚式という設定だった。しかし今日が結婚式ということをすっかり忘れており、今からでも間に合うかなと思いつつ、結婚相手のところに電話をかけた。夢の中の「結婚」は、自分の中の男性性と女性性の統合。「電話」は、助けを求めるか、状況を理解したいという意味。いずれにしろ「電話」の夢は、重要だそうで。

8月20日夜の夢。僕は、映画館に一人で座っていた。手元にはボタンがいくつもあり、どの映画を観たくないか、拒否できるボタンだった。夢の中の「映画」は、自分の人生。生きたくない人生は拒否してもいいと。でも、観たい映画を選べるわけじゃないのよね。そこがポイントだし、意味深だなあ。

8月26日夜の夢。僕の目の前で、捜査会議が開かれていた。しかしその会議を仕切る悪徳刑事が、捜査の中止を言い出した。部下の刑事たちは納得いかず、文句を言い始めると、悪徳刑事はなんやかんや誤魔化そうとした後、電車に乗って逃げだした。僕が、その行き先に先回りすると、悪徳刑事はガラスのようなバリアーを張った。しかし、僕がそのバリアーに手をかざすと、それが粉々に砕け、後から追いかけてきた刑事たちが、悪徳刑事を捕まえてボコボコに殴り始めた。夢の中の「刑事=警察官」は、助けてくれる人。または、助ける振りをする悪人がいるってことか。なんとなく納得。

f:id:crystal0207:20200908195424j:plain

9月4日夜の夢。僕は、見知らぬ女性と、神社に向かって歩いていた。その女性は『ライバルはIRAだよ』『今しかない』などとワケの分からないことを言っていた。そのうち、広い丘の上にある神社に着くと、空は灰色で、強い風が吹いて神社の鳥居が倒れてしまった。僕とその女性は『今日は、一年に一度の日なのにね』と残念がった。夢の中の「神社=神聖な場所」は、魂による気づき。「風」は変化。「嵐」なら、感情のどしゃぶり状態。なんとなく、神聖であるはずの場所(集まり)が、変化に寄って感情的に崩壊したという感じがしますね。でもIRAってなに? 

9月6日夜の夢。僕は、博多マラソンに友人と出場した。友人と『無事にゴールしたら、ホテルに戻って一杯やろうぜ』などと話しているうち、ぐんぐん走って、ゴールである神社に到着した。そこには、先にゴールした男性たちが大勢休んでいたが、ふと足下を見ると、僕は靴を履いていなかった。どこかに忘れてきたのかな?と思い、本堂に向かうところで目が覚めた。夢の中の「走る」は、新たな成長や道を見つけたいという気持ち。またまた登場の「神社=神聖な場所」は、魂による気づき。「靴」は、人生の旅で自分を守ってくれるもの。基礎知識。まずは基礎的な学びが必要ということですね。

【夢日記】グリーンピース、警察官と犯罪者、逃げたブタ

peas αρακας μπιζελι P1060352

8月14日夜の夢。僕は名古屋にいて、(自分が大嫌いな)グリーンピースの沢山入ったカレーライスを食べていた。近くに誰か女性がいて、僕はその人に『あなたの年代の人、多いんですよ』『断るところまで言わないとだめだよ』と言ったことだけ覚えている。夢の中の「緑」は、成長。嫌いなモノや、苦いモノを食べることで成長できると。

8月15日夜の夢。僕は総武線に乗って、これからリーディングに向かうところだった。車内は混んでいたので、僕は立っていたが、ものすごく眠くて、うつらうつらしていた。夢の中の「列車」は、組織内の仕事の進路。「眠る」は、挑戦する意欲の欠如。まあ、組織内の仕事はやる気が無いってことですね。

Policeman

8月16日夜の夢。僕は、警察官という設定だった。すると目の前に、見知らぬ男性が現れた。その人も警察官だが、同時に犯罪者なのだという。その男性は、自分の罪を認めて僕に頭を下げ、他の警察官に連れて行かれた。その途端、僕はホッとして、その場に座り込んだ。周囲の人たちから、この事件についてどう思うか聞かれたが、僕は『詳しいことは知りませんよ。それはあの人の人生ですから』と言った。

そこでシーンが切り替わり、いつの間にか僕は、日本家屋の三階くらいから、下の様子を眺めていた。地上には、沢山の人たちが集まり『ブタが逃げた』と騒いでいる。ふと振り返ると、部屋には、三杯分の蕎麦があった。それを下にいる人たちに持っていこうかと思ったが、知らない間に、その一杯を僕は食べてしまっていた。

夢の中の「警察官」は、助けてくれる人。「犯罪者」は、自分を偽ったり、恐怖心に縛られている人。実際そういう人がいたら『自分を偽っても、それはあなたの人生に跳ね返ってくるから』と思うでしょうね。「ブタ」は、貪欲さを表し、分け合うことを拒否すること。そういう人が、さんざんお金やモノをかき集めて逃げ出すのかもしれません。そして人々がパニックに陥ると。でも僕も、分け与えるつもりだった蕎麦を食べてしまっていた。それとも、他人にお蕎麦をあげる前に、まず自分でお蕎麦を食べて、お世話する準備を整えなさいということですかね。やれやれ。  

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

 

【夢日記】腕時計、飛行機の風呂、家出少女、タバコの煙

だいぶ間が空いてしまったけど、夢の記録。

7月18日夜の夢。僕は(実際には持っていない)アップルウオッチを付けて、お茶の水駅近くにある学校に向かっていた。エスカレーターを上がると、授業にはぎりぎり間に合った。夢の中の「時計」は、人生のタイミング。「学校」は、人生の学びの場。「エスカレーターを上がる」は、最良の選択で、最良の方向へ向かうこと……良いですねえ。

7月19日夜の夢。僕は、学生時代の友人2人と、広島駅で待ち合わせた。その後、本屋さんに寄り、CDを探したが、特に欲しいモノは無く、また駅に戻って、階段を上がった。夢の中の「駅」は、仕事上のチャンスをつかまえる場所。そこからいったん離れて「本」=人生の目的に向かったけれど、また仕事へ戻ると。そして「階段を上がる」も、正しい方向へ進むこと。

Bathroom modulnova_1

7月26日夜の夢。僕は、お風呂が付いているジェット旅客機に乗っていた。到着までまだ1時間あったので、今のうちにお風呂に入ろうかと思ったあたりで目が覚めた。夢の中の「飛行機」は、精神的な高みに上がること。「風呂」は、浄化やリラックス。とりあえず、しばらくはお休みタイムで良かったんでしょうね。

7月29日夜の夢。僕は、東北地方から家出してきた女の子を、新幹線のホームに迎えに行った。「駅のホーム」は、仕事上のキャリアの出発ホーム。

7月30日夜の夢。僕は、ホテルのラウンジで、60代ぐらいの男性政治家と会っていた。僕は、相手の名刺を受け取り、その政治家に『お金、沢山使いましたか?』と訊ねた。

cigar

8月3日夜の夢。僕は、自分の妻らしき女性と、別の夫婦と4人で食事をしていた。誰かがタバコを吸っていたが、特に気にはならず、相手方の夫婦は『じゃあまた』と言って去って行った。「タバコ」=「煙」は、感情的な混乱。誰かがそういう状態に陥っているけれど、僕自身はたいして気にしていないと。

8月7日夜の夢。僕は、昔勤めていた出版社に戻り、また再雇用されることになった。でも営業は嫌だなあ、と言って編集も嫌だなあ、だったら経理はどうだろう……と思ったあたりで目が覚めた。

8月8日夜の夢。知り合いの女性の息子さんが、マリファナを吸っているという噂話が聞こえてきた。お母さんはそれを知っているんだろうか?と思ったところで目が覚めた。夢の中の「マリファナ」は、リラックスして気づきを得るか、良くないものに依存すること。さて、どちらだろう……