NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】腕時計、飛行機の風呂、家出少女、タバコの煙

だいぶ間が空いてしまったけど、夢の記録。

7月18日夜の夢。僕は(実際には持っていない)アップルウオッチを付けて、お茶の水駅近くにある学校に向かっていた。エスカレーターを上がると、授業にはぎりぎり間に合った。夢の中の「時計」は、人生のタイミング。「学校」は、人生の学びの場。「エスカレーターを上がる」は、最良の選択で、最良の方向へ向かうこと……良いですねえ。

7月19日夜の夢。僕は、学生時代の友人2人と、広島駅で待ち合わせた。その後、本屋さんに寄り、CDを探したが、特に欲しいモノは無く、また駅に戻って、階段を上がった。夢の中の「駅」は、仕事上のチャンスをつかまえる場所。そこからいったん離れて「本」=人生の目的に向かったけれど、また仕事へ戻ると。そして「階段を上がる」も、正しい方向へ進むこと。

Bathroom modulnova_1

7月26日夜の夢。僕は、お風呂が付いているジェット旅客機に乗っていた。到着までまだ1時間あったので、今のうちにお風呂に入ろうかと思ったあたりで目が覚めた。夢の中の「飛行機」は、精神的な高みに上がること。「風呂」は、浄化やリラックス。とりあえず、しばらくはお休みタイムで良かったんでしょうね。

7月29日夜の夢。僕は、東北地方から家出してきた女の子を、新幹線のホームに迎えに行った。「駅のホーム」は、仕事上のキャリアの出発ホーム。

7月30日夜の夢。僕は、ホテルのラウンジで、60代ぐらいの男性政治家と会っていた。僕は、相手の名刺を受け取り、その政治家に『お金、沢山使いましたか?』と訊ねた。

cigar

8月3日夜の夢。僕は、自分の妻らしき女性と、別の夫婦と4人で食事をしていた。誰かがタバコを吸っていたが、特に気にはならず、相手方の夫婦は『じゃあまた』と言って去って行った。「タバコ」=「煙」は、感情的な混乱。誰かがそういう状態に陥っているけれど、僕自身はたいして気にしていないと。

8月7日夜の夢。僕は、昔勤めていた出版社に戻り、また再雇用されることになった。でも営業は嫌だなあ、と言って編集も嫌だなあ、だったら経理はどうだろう……と思ったあたりで目が覚めた。

8月8日夜の夢。知り合いの女性の息子さんが、マリファナを吸っているという噂話が聞こえてきた。お母さんはそれを知っているんだろうか?と思ったところで目が覚めた。夢の中の「マリファナ」は、リラックスして気づきを得るか、良くないものに依存すること。さて、どちらだろう……

【夢日記】Suicaの限界、知り合いの息子、突然の雨

Suica

7月7日夜の夢。僕は、どこかの駅にいたが、切符を買っているうちに、乗るはずだった電車が出発してしまった。まあいいやと思っているうち、駅員さんから、大量のお釣りを受け取った。それをSuicaに入れようとすると、駅員さんが『自分で希望した金額以上は、Suicaに入れられませんよ』と言ったあたりで目が覚めた。

夢の中の「駅」は、仕事上のチャンスをつかまえる場所。「切符」は、新たな経験のチャンス。仕事より経験を優先するってこと? 自分で希望した額までしか入れられないというのは、自分で自分を縛ることなのかもしれません。自分で思っていることしか出来ないし、自分で思っている金額しか稼げない。マインド(思考)の呪縛。

7月11日夜の夢。僕の前に、知り合いの女性の(実際には会ったことがない)息子さんが現れた。30代ぐらいのその息子さんは、親しげに『なんで俺を雇ってくれないんですか?』と言い出す。僕が『お母さんはどうしたの?』と訊くと、息子さんは『こないだ、大ゲンカしたんですよ』と言う。しかし誰と大ゲンカしたのかは分からない。

ちなみにこの知り合いの女性とは、もう何年も会っていないし、近況も分かりません。なんとなく、パートナーの男性とケンカしたのかなあという印象。 

Rain in Yangon #rain, #yangon #iphone8plus

7月14日夜の夢。僕は、家の屋根に布団を干していた。しかし良く見ると、屋根は雨で濡れていて、布団も濡れてしまっている。それでも僕はそのまま外出したが、そのうち雨が降ってきた。しまった、屋根に布団を干したままだよと思ったが、もうだいぶ自宅から離れてしまったので、今さら戻るのも面倒だな……と思ううち目が覚めた。

夢の中の「屋根」は、保護するもの。「布団や毛布」にも、隠したり、守るという意味があるらしい。「雨」は、感情を成長するための準備、浄化。それが雨に濡れてもいいやと思ったってことは、今まで自分を守っていたものが、感情的に変化してもいいやということかも。それが具体的に何かは分からないけれど。

【夢日記】朝日、市電、泥沼、神社に逃げ込む

Hotel

6月22日夜の夢。僕は、知り合いの人たちと一緒に、どこかのホテルに来ていた。部屋に入ると、窓の外は真っ暗だったが、誰かが『そろそろ日の出です』と言うので、屋上へ出てみた。たしかに屋上に行くと、太陽が昇っていて、そんな早い時間だと言うのに、ずいぶん沢山の人が来ていた。夢の中の「ホテル」は、成長のための可能性を意味するそうです。「窓」は、状況を超越して見る力。でも窓の向こうが真っ暗ということは、状況はまだ見えない。「朝日=太陽」は、自分の内に宿る光。屋上に出ればそれが見えてくるということでしょうか。で、屋上ってどこよ?

Tram

6月25日夜の夢。僕は、市電が通っている、どこかの街にいた。しかしその市電はもう古く、廃止の危機にあるものの、存続させようとする人たちもいた。その人たちは、古いレールを地面から引き剥がし、また新たなレールを敷設する作業を行っていた。「市電」も一種の「列車」だとすれば、組織内の仕事上の進路を意味します。でも「市電」だから、あくまでローカルな組織ですかね。その組織は、すでに廃れているので、方向性を変える必要があるってことか。ですよねえ(納得)。

6月27日夜の夢。僕は、戦場にいて、ぬかるみにハマった仲間を助けていた。夢の中の「戦争」は、エゴ同士のぶつかり合い。「泥沼」は、悪習慣にまみれること。そういった人たちを助けるのか。うん、どんどん予知夢ってぽくなってきたなあ。

f:id:crystal0207:20200701171854j:image

6月28日夜の夢。僕は、新幹線の一番前の席に乗った。すると、どこかの駅で新幹線が停まり、僕は列車から下りて、誰かに捕まっている女性を助け出した。その女性と一緒に神社に逃げ込むと、後から修験者のような追っ手と、その中心にいる巫女のシルエットが闇に浮かび上がった。僕は、あわてて神社の門を閉めたが、その門には錠前が無かった。ええい、仕方ない、こうなれば迎え撃つまでよ、と覚悟して振り返ると、神社の本殿の周囲には、味方の戦士たちが何人も揃っていた。夢の中の「新幹線」は、やはり「列車」だとすれば、仕事上の進路。「神社=神聖な場所」は、魂そのもの。「錠」は、孤立や心に鍵をかけること。それをする必要は無い。仲間が守ってくれるから……という意味かな。しかし助ける夢、多いなあ。いったい誰を助けるんだか……

【夢日記】雪の京都、嵐の大阪

A Snowy Day

夢ノートがだいぶ溜まっていたので、まとめて記録。

まず5月30日夜の夢。僕は、京都にヒューマンデザインを教えに行くという夢設定だった。講義が終わり、受講者さんたちと料亭で食事をすることになったが、外は雪で、料亭に向かう大きな石段はカチカチに凍っていた。僕はその石段をひとつずつ、ロッククライミングでもするように上っていった。夢の中の「階段」は、人生の方向性を意味するそうです。「上に上がる」なら、正しい方向に進んでいる。「氷」は、感情が凍り付いていること。それを少しずつ溶かしながら進んでいるってことですかね。

6月4日夜の夢。僕は、スパイという夢設定で、敵の基地に忍び込んでいた。するとそこには、沢山の蟹がうじゃうじゃいた。夢の中の「スパイ」は、自分の成長より、他人がどう生きているかに関心を持っている人。「蟹」は、脇道へ逸れたり、感情的に気難しい人。まあ、そういう人が大勢いるってことですね。それは納得。

6月9日夜の夢。僕は、ビールをぐっと飲んでいた。ところがそのビールは、お茶やコーヒーのように熱かった。夢の中の「ビール=アルコール」は、心のリラックスさや、感情を出すこと、意識やものごとの変化を表すそうです。

6月13日夜の夢。僕が、どこかの部屋にいると、知り合いの女性Yさんがやって来て、隣の部屋を覗き始めた。何をしているのかと聞くと『(僕に)相手がいないかどうか、確かめに来た』と言う。向こうの部屋には誰もいなかったようだが、実際、僕にはまだ「相手」がいないということなのでしょう。

osaka in the rain

6月17日夜の夢。僕は、仕事で大阪に来たという夢設定だった。外は台風で、僕はホテルの部屋に居たが、携帯の充電コードを持ってくるのを忘れてしまった。どこかになかったかなとポケットを探ると、何かの鍵が見つかった。夢の中の「嵐」は、感情的などしゃ降り状態。でも僕は安全なところにいる。大阪が感情的に荒れているってことかな。「鍵」は、真実に通じる扉。

6月19日夜に見たのは、その続きのような夢だった。僕は、台風の後始末をしたり、倒れた人たちのお世話をしていた。そのうち、知り合いのIさんが来て、2人で喫茶店に入り、僕は『アンチョビおかわり』と言った。まあ多分、感情的なもめごとの後始末ってことですよね。やれやれ、面倒だけど、やらなきゃならん時はやりますけどね。

そして京都、大阪という関西モチーフが続けて出ているのも興味深いところです。いずれまた、何かの機会で行くとは思いますが、果たして……

【夢日記】牡羊座の女性、借金、大阪と金沢、パスポート

A lovely old time and horoscope piece

5月後半に見た夢・総まとめ。

5月16日夜の夢。僕は、どこかの喫茶店で、知り合いのYさん(女性・牡羊座)に、12星座占いをしていた。そこへ見知らぬ別の女性がやって来て『お二人はカップルですか?』と訊いてくる。するとYさんは、僕を指さして『ううん、この人、奥さんがいるから』と言う。俺は独身なのに、なにを勘違いしているのかなあ、と思ううち目が覚めた。夢の中の「占い」は相手を導くこと。しかしもっと深い意味がありそうな……

5月17日夜の夢。僕は、何かを教える教師になったばかりという設定だった。最初に授業を受ける4人の生徒と顔合わせをして……目が覚めた。夢の中の「教師」も、そのまんま、進むべき道を教える人という意味。 

5月21日夜の夢は、忘れていた借金3万円を誰かに返す夢だった。財布の中はすっからかんになったが、今は旅の途中で、お金も無い状態でどこに泊まろうかなと考えていた。そしてシーンが変わると、僕はまた教師という設定になり、教え子の女性(NMB48井尻晏菜さん似)に心理テストをしていた。教え子の女性は『もうすぐ授業が始まりますね』と言った。夢の中の「借金」は、自分が撒いた種を収穫すること。カルマを返し終えたなら、それはそれで良いかな。そしてまた「教師」か……

5月23日夜の夢は、ヒューマンデザインの仕事で大阪まで行く夢だった。新幹線に乗っていたが、それが空間を飛び越えるように走り、あっという間に大阪に着いた。しかし現地での仕事は「テキストを2ページだけ受け取る」というものだった。僕は周囲の人たちに『そのためだけに大阪まで来たんですよ、贅沢でしょう』と笑って言った。おっと、NMB48に続いて、大阪の夢が続いたな。

5月24日夜の夢。僕は、原稿を書き終え、金沢へ新幹線で向かった。うーん、ここでは「新幹線」=組織内の仕事上の進路、が連続。

5月27日夜の夢は、パスポートを手にしていたが、行き先が分からないという夢だった。夢の中の「パスポート」は、自由への切符。しかし自由すぎて、どこに行けば良いのか分からないのかも。

なんとなく「教師」「教える」というモチーフが重複したし、自由にあちこち行って教えたいという願望の表れかもしれませんね。まあ、実際どうなるかは要経過観察と。

【夢日記】クレジットカード、100人から5人に、乗り過ごし

Credit card in a jacket

5月6日夜の夢。僕は、クレジットカードで買い物をしようとしたが、古いカードだったので、交換する必要があった……という夢。夢の中の「クレジットカード」は、後でツケを払う必要があるものを手に入れること。でも期限が切れていたから、そういう買い物は出来ないと。今、その場で現金決済できるものだけ買えってことか。

5月8日夜の夢は、手帳に一言だけ『楽しいことを考えようとすればするほど自殺的に』と書いてあるけど、どんな夢だったか、まったく覚えていない。いやしかし意味深な言葉よね。ヒューマンデザインの創始者ラーも『楽しいことが正しいとは限らない(=不愉快なことでも、自分にとって正しいこともある)』と言い残しているし、僕はその言葉がすごく好きなんだけど、それと似たニュアンスを感じるメモだなあ。

bookstore

5月9日夜の夢。僕は、どこにあるとも知れない、秘密の本屋に来ていた。僕は、そこそこお金を持っていたので、買い過ぎないように注意しなくちゃと思ったが、意外にも欲しい本はまったく無かった。そのうち場面が切り替わり、ヒューマンデザイン活動者の会議が行われている部屋に入っていった。部屋に入った時は、100人ぐらいの人間がいたのに、ふと気がつくと、もう5人ぐらいしか残っていない。そのうち代表の人が『実はコンピュータソフトの更新に1億円ぐらいかかるんですよね。困ったなあ』と言った。

夢の中の「本」は、人生の目的。それに投資するお金はあるけれど、自分のエネルギーを注ぎ込みたいほどの目的は無いと。後半のヒューマンデザインの夢は、正夢になるかもですね。ちょうど今、認定登録者は100人ちょっといますが、コロナの影響で仕事にならなかったり、例のカードのゴタゴタ含めて、ごっそり減るかも。まあ、減ったら減ったで、こちらに仕事が回ってきて、また忙しくなるかも。

5月13日夜の夢。僕がトイレに入ると、便器が床に埋まっていて、フタが閉まっていた。そして床がとても汚い。僕は、床に水を流して汚れを洗い流そうとした。夢の中の「トイレ」は、過去の体験を浄化すること。僕の前にトイレに入った人は、それを浄化しきれていない。それが誰かは分からないけれど……

bound for Mitaka

5月14日夜の夢。僕は、以前勤めていた書店で勤務を終え、くたくたになっていた。自分の部屋に帰ると、行く当ての無い外国人が何人も泊まりに来ていた。僕は『そのうち、うちの奥さんも帰ってくるから』と言った。するとまたシーンが変わり、僕は、総武線の電車に乗っていた。ひとつ隣の市川駅まで行くはずが、車内でカードゲームで遊んでいるうちにもう市川駅に着いてしまった。あわてて下車しようとしたが、カードを束ねようとするうちに扉が閉まった。まあ、次の小岩駅でUターンすればいいやと思い、窓の外を見ると、やけに赤い岩肌の山が見えた。

またしても「書店=本」=人生の目的。でも疲れている。まあ、体力が無いなりに頑張ってます。「外国人」は、自分の中の未知の側面。「電車」は、組織内の仕事の進路。「ゲーム」に夢中になると、それを乗り過ごしてしまう。「遠くに見える山」は、新たな経験や学びが待っているということ。「赤」はエネルギー。とりあえず、しばらくゲームで遊ぶのは無しかな。実際、遊んでもいないけど、いつどのタイミングで下車すれば良いのかは、よく分からないですね……

【夢日記】死を告げる電話、客船、青い鳥、揚陸艦

iphone!

4月23日夜の夢。電話がかかってきて、出てみると、大学時代の同級生S君からだった。彼は『Hが死んだってよ』と言う。僕の人生で、Hという知り合いは、小学校時代の同級生しかいないし、その人と大学時代のS君が知り合いのはずもない。それでも『えっ、コロナで?』と聞き返すと、そうだと言う。27日がお通夜だそうで、場所は清瀬市の方らしい。しかし緊急事態宣言下で、都心は通れなくなっている。僕は『だったら武蔵野線で行くよ』と告げて……目が覚めた。

夢の中の「電話」は、導きからの伝言であり、重要なメッセージ。うーん、もしかすると、本当に身近な知り合いがコロナで死ぬのかも。そういや今日は27日だけど……

Cruise ship

4月24日夜の夢。僕は、大型客船で北海道の港に着いた。船を下りると、僕はなぜか匍匐前進で進み、そのうち目の前に襖が表れた。その襖を開いてみると、その先には地下への入口があり……という夢。

夢の中の「大きな船旅」は、人生の感情の波を旅すること。その旅が終わって表れた「襖=戸」は、自分を見つけるチャンス。「地下」は、無意識への入口。何かひとつの旅が終わって、自分の潜在意識に気づくチャンス……だったら良いですねえ。

Blue Crowned Pigeon

4月25日夜の夢。僕は、新幹線で京都に行くため、駅のホームにやって来た。出発時間は、05:11。まだだいぶ時間があるし、次の新幹線に乗れば良いはず……と思っていたら、駅のホームを、ダチョウよりも大きな、見たこともない青い鳥が、のっしのっしと歩いている。うわあ、なんだこの鳥はと思っていると、他にも何羽か、駅の雑踏に紛れて、青い鳥があちこちにいた。

夢の中の「駅」は、仕事上のチャンスを見つける場所。「新幹線=列車」は、組織内での仕事上の進路。「鳥」は、精神的な自由さ。「青」も、精神性。とは言え、単純に「青い鳥」=幸せのシンボルととらえても良いような。いや、そう思いたい(^_^;) それから「5:11」は、なんとなく5月11日のことかなと思ったり。そのあたりで何かあるかも。あ、5月11日から土星逆行だ。しかも僕自身の太陽星座の水瓶座で。

200204-N-VE240-1203

4月26日夜の夢。僕は、アメリカ軍かどこかの大型揚陸艦に乗っていた。そこに、敵国のフロッグメンが、海中を潜って船内に侵入し、銃撃戦が始まった。でも僕は、それをただ傍観しているだけだった。

これもある意味「大きな船旅」=人生の感情の旅だとすれば、そのどこかで、銃撃戦のようなトラブルが起きている。でも僕はそれに参加しておらず、ただ観察しているだけ、ってことですかね。まあ、それもなんとなく身に覚えが。

とにかく4日連続、印象的な夢を見ているので、ここから先、何かしらの変化なり事件がありそうですね……