NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】火星大接近:承認欲求の暴発

Mars

本日7月31日16:50、火星が地球に5759万kmにまで接近しました。この火星大接近、2003年以来、15年ぶりだそうですが、今回の最接近の位置をヒューマンデザインのホロスコープで見ると、先日の水瓶座月食と同じく「妄想や空想」「エネルギーの集束」という位置になります。『~だったらいいのになあ』という想像的エネルギーを、単なる妄想で終わらせず、集束させることで実現に向かわせるという位置です。

しかし今回の火星最接近の位置を細かく見てみると、ネガティヴ面に偏りが生じ、「他人から認められたいという欲望から、目先の利益のために、感情を見せびらかすような思いきった行動を取ってしまい、お金やエネルギーを失う」という位置にあるのです。

つまりここは、他人から『この人には、ものごとを始める想像力がある』『この人は、エネルギーを持っている人だ』と認められたいんですな。しかしその想像力が『いや、あの人は単なる妄想家だよ』で済まされてしまうと面白くない。そこで他人から認めてもらおうとして承認欲求を暴発させるのですが、それはムダな行動であり、手元にあったエネルギーや物資を失ってしまうという位置なのです。

先日の水瓶座月食「誤った妄想に2人がかりでエネルギーを注ぎ込むと、2倍の速さでお金や物を浪費する」という、かなり厄介な位置でしたが、今回の火星もまた「妄想と空想」の位置にあり、何かこう、人間の誤った妄想が打ち砕かれる時期にも思えます。まあ、妄想が崩壊するのは辛いかもしれませんが、仕方ありませんね。もちろん、エネルギーを浪費してなお、自分の妄想にしがみつく人もいるでしょうが、それはもう地獄への一本道ということで……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。