NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】他の人を好きになれない

Lovers in Paris

昨夜は、Skypeにてフルリーディングでした。

昨夜の方は、僕と同じく50歳前後の転機・小惑星キロン・リターンが重要となる方。そしてまさに今、その50歳前後の転機を迎えられ、30代~40代で過ごした人生の屋根から下りる時期に来ていました。実際、ここ数年でいろいろな変動があり『もうこれ以上、今の場所にはいられない』という感覚があったそうで、仕事や人間関係の切り替わりを自覚されているようでした。まあ、あと数年で屋根から着地できればOKですねと。

で、この50歳前後が重要となる人たちは、共通して「ソウルメイト」を求めると言われています。ただ単に友情があるかどうかではなく、魅力的かどうかでもなく、目に見えない魂のつながりを求めるレベルだと。そして昨日の方も、すでにそういったご縁を自覚しているそうで、もしかしたらこの転機に、その方と新たな関係を結ぶかもしれませんねという話にもなりました。 

Lovers

敏感な人になると、相手がソウルメイトかどうか分かると言われています。昨日の方も、直観が安定しているせいか、お相手に対して、最初からピンと来たそうです。しかし僕のように直観が頼りないデザインだと、そのあたりも良く分からないワケです。

ただ、昨日話していて共通したのは「他の人を好きになれない」ということでした。いつまでも、自分の中にその人がいて、ずっと1番であり続ける。別の人と出会って、なんとなく良さそうに感じても、やっぱりその人を超えることはできない。または、もうつながりを断とうと思っても、不思議とつながりが続いたり、いつまでも自分の中に居続ける。それは執着じゃないのか?とも思うのですが、執着というほど、強烈でもない。まあ、結ばれなくてもそれはそれでいいし、むしろ何がどうなろうと、結ばれる時は結ばれるだろうという楽観主義(これも50歳の転機のキーワードです)なのです。

なぜか自分の中にずっと居続けている人がいるなら、その存在を、自分の中にずっと置いておきましょう。無理して忘れる必要もないし、遠ざかろうとしても、離れられる相手でもない。邪魔になるわけでもないし、必死になるわけでもない。たぶんそれが、本当のソウルメイトではないでしょうか。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。