NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】根性で戦うパートナーとの絆

Chicago Golden Gloves Amateur Boxing Tournament

※2019年12月21日~2020年1月10日まで年末年始休業となります。

※2019年12月21日以降のご依頼から価格が改定されます。

今日の午前中は、Skypeにてフルリーディングでした。

今日の方は、感情・根性・生命力ありの4/6マニフェスティング・ジェネレイターさん。ちょうど人生前半・後半の境目となる7年間と、 人生の屋根から下りる7年間が重なる時期に来ており、非常に重要な転機にさしかかっている方でした。

そして本来なら、根性を出して働きつつも、直観があるために、倒れるまでは働かないというデザインでした。しかし、どうやら根性が直観を圧倒したらしく、数年前にかなり忙しくなって消耗されたそうです。まるで、ボクサーが殴られて流血しているのに、なおも根性で戦おうとするようなものですね。ただ、そこでご主人が『仕事を辞めなきゃ離婚だ』と言いだし、強引にドクターストップをかけたとのこと。そういったセコンド的なパートナーがいてくれたおかげで、なんとか身体を壊さずに済んだようです。

以前も書きましたが、正しい導きとは『それはやらない方がいい』と、相手をものごとから引き離すものだそうです。そういう意味では、ご主人から正しく導かれ、それを正しく受け容れたという、健康的なパートナーシップに感じました。これから先の転機も、是非そのパートナーシップを活かしつつ、乗り切っていただければと思います。

Christmas party

そして午後もSkypeにて、ご夫婦2人にフルリーディングをお伝えしました。

今回のご夫婦は、『人生の生き甲斐のためなら、苦戦するリスクすら背負う』という力が共通していました。よくよくお聞きしてみると、たしかに現在ハードな状況にあり、人生でもがかれているとのこと。しかしお互い、相手に対して『この人なら』と賭けたわけですから、人生のゲームで勝つまで粘るわけです。それは周囲から見れば『なにもそこまで』という苦労なのですが、そういった苦闘があった方が燃えるのでしょう。

むしろ単純に、つき合いました、結婚しました、子供が出来ました、幸せで、特に何の問題もございませんという人生では、やり甲斐を感じないでしょう。

ただ、ご主人の方が、そのハードな人生によって身体も壊されたようなので、さすがに体調は整えましょうと。今回のご夫婦は、どちらも根性持ちでしたが、特にご主人がチャレンジ精神旺盛なライフスタイルだったため、根性を出しすぎてしまったようです。まあ、根性というのも、あったらあったで使い過ぎには注意しませんとね。

しかし、そういったハードな人生を歩まれている方でも、それを受け入れてくれるパートナーがいらっしゃるのは素晴らしいなと。ヒューマンデザインでは『自分らしく生きていくと、自分を受け容れてくれる人と出会う』と言われています。たとえ厄介な個性があっても、面倒な人生を歩んでも、それがその人本来の生き方なら、それを受け容れてくれるパートナーがいるはずです。そのあたり、臆することなく、自分らしく生きて頂ければなと思いました。 

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。