NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】29歳での結婚、42歳での引っ越し

f:id:crystal0207:20200117205553j:image

今日はお昼から、銀座のHIGASHIYAさんで、2年前にフルリーディングを受けて下さった方とお茶してきました。昨日に引き続き、今日の方もサターン・リターン(土星回帰、29歳前後の転機)を目前に控え、やはりパートナー選び、結婚というテーマが浮上してきたので、ぷちパートナーシップ的な情報もお伝えしてきました。あいにくお相手の出生時間が不明だったので、正確なパートナーシップ・リーディングはお伝えできませんでしたが、恐らくこうではないか、もし不健康ならこう出るはず、という想定をあれこれと。

今日の方は、ジェネレイター同士のカップルでしたので、何よりも大切にしてほしいのは「満足」しているかどうかです。一応、僕の方から『彼に不満はある?』とお訊ねしたところ『う~ん(特にない)』という仙骨の反応が出たので、とりあえずは大丈夫かと。そこさえクリアしておけば、後は微調整で済むでしょう。まあ、他にもっと「満足」度の高いお相手が現れれば話は別ですけどね(^_^;) 

f:id:crystal0207:20200117205601j:image

その後、夕方からは丸ノ内に移動し、丸善カフェで、ウラヌス・オポジション(天王星半回帰、42歳前後の転機)リーディングをお伝えしてきました。こちらの方は、42歳前後で乗っかってくるテーマにはご納得頂けたものの、最近、強制的に引っ越すかもしれない状況に追い込まれ、ちょっと困っているとのこと。

しかし、よくよくウラヌス・オポジションを見れば「ひとつの人生経験が終わり、強制終了がかかる。しかしそれは新しい人生経験の始まりでもある」という力が下りていました。しかし、その力に抗おうとしてもどうにもならず、イライラしてしまうから手を出すな、という分析。恐らく、今のお住まいで暮らすという人生経験はやりきり、そこで学ぶべきものはすべて学んだのでしょう。

そして、そういった目に見えない宇宙の采配を理解することが、今日の方のウラヌス・オポジションのテーマでした。その仕組みが分からないと『なんで私がこんな目に……』と感じるのですが、仕組みさえ分かれば『ああはいはい、来た来た』と納得して受け容れられるものです。特に今日の方はプロジェクターさんでもあったので、そういった宇宙の采配に「身をゆだねる(Surrender)」ことも大切ですよと。

 

まあ、29歳にしろ、42歳にしろ、皆さんいろいろな転機を迎えておりますが、どうにか無事に(または少ないダメージで)乗り切っていただきたいところです。そういう僕自身、まだ50歳前後の小惑星キロンリターンの渦中にあるので、これから先どうなるかは、まだまだ未知数ですが……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。