NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】サターン・リターンのMAX面倒臭い感情

f:id:crystal0207:20200116203412j:image

今日は、2年前にフルリーディングを受けて下さった3/5感情マニフェスターさんと、目黒雅叙園でお茶してきました。偶然というか必然と申しますか、なんと明日がサターン・リターン(土星回帰、29歳前後の転機)当日で、実際この一年、かなり激しい変化があったと。サターン・リターンのチャートを拝見しても、憂鬱になりがちな性質や、感情が大きく上下動する性質が下りて来ているので、普段よりも激しく感情が揺さぶられているのも納得です。ある意味、感情がMAX面倒臭い状態に。

それはご本人にとっても、非常に辛い状態ですが、裏を返せば、そのMAX面倒臭い感情を発した時に、誰がそれを受け容れてくれるか、拒絶するかが分かるでしょう。一般的にヒューマンデザインでは「自分らしく生きていくと、それを受け容れてくれる人と出会う」と言われています。感情の波がある人にとっては、その感情を相手が受け容れてくれるかどうか、尊重してくれるかどうかが重要になります。激しい感情を出すことによって、相手の器が推し量れるわけですね。 

f:id:crystal0207:20200116203453j:image

特に今日の方の場合、個人的な感情の持ち主でしたので、感情の出方も独特なはずです。相手からすれば『え、今日会いたいの?』『え、今日は会いたくないの?』『え、今はダメなの?』『え、今はOKなの?』『そんなことで嬉しいの?』『そんなことで悲しいの?』という、他人からすればワケの分からない、ユニークな感情になるはずです。その感情の出方に理由はありません。個人性は論理的ではないので、理屈で説明できるものではないんです。その個人的な感情を、大きな器で受け止め、楽しんでくれるお相手なら、その人にとって正しいお相手ではないでしょうか。

なにはともあれ、人生の転機サターン・リターンを上手く乗り切っていただきたいところです。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。