NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】土星順行へ:制限と限界の世界へ

Saturn

5月11日から逆行していた土星が、明日から順行に戻ります。土星は今現在「自分は神秘的な真実を知っていると言う司祭が、その影響力によって新たな世代を形成する」にあります。この4ヶ月半で、いったい誰が、新たな世代を形成できる司祭なのか、見直しは済んだでしょうか? 本当の真実を知っているのは誰なのか、見極めはついたでしょうか? 実際この4ヶ月半で、化けの皮が剥がれた司祭も、結構いると思いますよ~

しかしこの神秘的な位置には、いまだに冥王星も滞在しています。冥王星の影響はネガティヴに作用すると言われているので、今現在、神秘的なことに惹かれても、あまり良い結果は得られないでしょう。先日も、ヒューマンデザインの養成講座に惹かれている方がいらっしゃいましたが、申し込む寸前で、他にお金のかかる案件が勃発し、養成講座には申し込まず、その分のお金は別に使われたそうです。もしも冥王星に引っ張られていたら、養成講座のお金を払った後で、他にもお金が必要になってしまい、経済的なピンチに陥ったでしょうね。ぎりぎりセーフでしたよホント。

順行に戻った土星は、11月4日05:54には、次の「制限」「限界」に戻ります。その2日前、11月2日12:51には、木星も同じ「制限」「限界」に入ります。木星土星水瓶座で重なるグレート・コンジャンクションは12月中旬以降ですが、ヒューマンデザイン的には、すでにこの11月4日から、同じゲートに入ることになります。

ヒューマンデザインでは、木星は人生の守るべきルールを意味し、土星はそのルールを破った者を処罰します。その2つの星が、どちらも「制限」「限界」に入るということは、「制限」を守ることが必要であり、それを守らなかった場合、自分の「限界」「壁」にぶつかるでしょう。

まあ、自分らしく生きていれば、そのような影響は受けないでしょうし、たとえ「壁」にぶつかっても、それを自然と受け容れ、その枠内で楽しめたり、ひょいと脇道から脱出できるでしょう。しかし不健康(Not Self)に生きている人たちは、11月4日あたりから、そのような苦しみと憂鬱に陥るので、今から是非、周囲の人たちを観察してみてください。

 

 ・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。