NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】クアドルプル:4つの領域

Four

今日は、Zoomにて、ウラヌス・オポジション(42歳前後の転機)をお伝えしました。

今日の方は、感情権威の1/3ピュア・ジェネレイターさん。すでに他の方からフルリーディングを受けられていたため、今回は転機についてだけお伝えしました。珍しいクアドルプル・スプリット定義(全人類の中でも0.57%)の方で、僕自身、お客様として分析するのは初めてです。お客様以外でも、今まで1人しかお会いしたことがないんですよね。

f:id:crystal0207:20201202175312p:plain

たとえばこれは、今日のお客様ではありませんが、クアドルプル・スプリット定義の、某タレントさんのボディグラフです。自分の中に、4つのエネルギーの塊があり、それがバラバラなため、つながりを求めてしまうと言われています。

今日の方の場合、ウラヌス・オポジションを見ると、ちょうどそのつながりの部分に星が入っていたり、逆にそこを塞いで邪魔するような星の影響もありました。つまりこの時期は『やった、私が欲しかったところがつながった!』と感じるかもしれませんし、『私がどうしても欲しいところが邪魔されてる、ムカツク!』と感じるかもしれません。

今日の方は、すでに昨年、ウラヌス・オポジションの3.5年前にも入っていたので、ここ1年そのような感覚はありましたか?とお訊きしたところ、特に感じていないそうです。まあ、だったら良いかなと。

僕自身、クアドルプルの方にお目にかかったのが2人目なので、まだその特徴がつかめていないのですが、4つのつながりをこじらせているクアドルプルの方も分析して、本来の自分に立ち返るお手伝いもしてみたいですね。

 

 ・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。