NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】突然変異をキッカケにして移住する、プロジェクターはスルーできない

f:id:crystal0207:20220524183020j:image

※2022年6月21日~23日 宮城県仙台市にて対面リーディングを募集します。

昨日は西へ、今日は東へ。本日は、茨城県つくば市にて小惑星キロン・リターン(50歳前後の転機)リーディングでした。しかしもう空が夏ですね。

今日のお客様は、ちょうど1年前の5月24日にフルリーディングをお伝えした、6/2マニフェスティング・ジェネレイターさん。場所も昨年と同じく高倉町珈琲で。ジャスト・キロン・リターンは来年4月ですので、その前に情報をお伝えできて良かったです。

f:id:crystal0207:20220524183037j:image

今日の方のインカネーションクロス(人生の目的)は本来「他の共同体に移住する」でした。実際、元々生まれ育った故郷を離れて、今は茨城県に住まわれ、この先また故郷に戻ろうかという話もあり、移住・移転については心当たりがあると。ただまあ、6番ラインですから、本当の一番大きな「移住」は来年のキロン・リターン以降かもしれません。

そんなキロン・リターンのテーマは「突然変異にイライラする」でした。恐らくご家族か、居住地か、職場か、趣味の集まりか分かりませんが、何らかの人間関係が突然変化し、それをキッカケにして「移住」されるのでしょう。もしかするとそのキッカケは、ネガティヴに感じられる事件かもしれませんが、事件そのものをどうにかしようとしても上手くいかず、イライラするだけでしょう。何かしら変化があっても、それはそれで粛々と受け止め、新たな「移住」をした方が良いのかなと。

よく精神世界の人たちが、ネガティヴな事件をキッカケにしてその世界に入った……なんて話がありますよね。病気、失職、離婚、借金、詐欺……そういった事件は一見、良くないことに見えますが、実はその人の魂の強さを試したり、鍛える意味でのイニシエーション(通過儀礼)だったりします。なにしろ目に見えない精神世界は修行の道ですから『お前にその道を行く勇気があるかどうか、今から試す』という感じですね。恐らく今日の方も、そういった突然変異に出会うかもしれませんが、それに抗うのではなく、あくまでも受け容れて、先へ進んでいただければと思います。

f:id:crystal0207:20220524183044j:image

また今日の方は、この一年で手術をされたり、体調不良の原因となる病気が分かったりと、健康面での問題が噴出してきたそうです。6番ラインは、50歳からが本番なので、それまでは周囲に養ってもらう必要があるほど弱い存在です。その6番ラインの肉体を酷使してしまうと、不健康になり、いざ50歳になって人生の本番が来ても対処できません。本番は、来年4月以降ですから、今のうちに治せるところは治しておいて、体調万全で、キロン・リターンを迎えるのが吉かなと。特にここ数年でキロン・リターンを迎える世代は、冥王星が「肉体愛」に入っている世代ですから、是非、御自分の身体を神社やパワースポットだと思って、きれいにお清めすることが大切ですね。

f:id:crystal0207:20220524183050j:image

……という感じでリーディングを終え、またつくばエクスプレスに乗って、流山おおたかの森へ。2年前からフォローしていて、オンライン勉強会でもご一緒している4/6プロジェクターさんとお茶してきました。

やっぱりね、健康的なプロジェクターさんは『近くまで行きますけどお茶でもどうですか』とご招待したくなるんですよね。それは他の地域にお住まいのプロジェクターさんも同じでして、何も言わずにそこを通過できない、スルーできない感じがあるんですよ。なので一応、お声をかけて、タイミングが合わなければそれはそれで良しと。とりあえず、ご招待するというこちら側の義務は果たしたぞという感覚です。

そういや最近、20代の時に使っていた手帳を発掘したのですが、アドレス帳に当時つき合っていた女性の誕生日が書いてあったんですね。その日付はもう忘れていたのですが、せっかく見つけたからと、その誕生日からヒューマンデザインのチャートを出してみましたが(出生時間までは分からず)、恐らく4/6プロジェクターの可能性が高いと。

思い起こすと、たしか当時、休日にその彼女が住んでいる街の近くまで男友達と遊びに行ったのに、声をかけないまま(招待しないまま)、帰ったことがあるんですよ。後からその話をすると『どうしてそんな近くまで来てくれたのに連絡してくれなかったのよ』とキツめに怒られたのですが、あれは認識してもらえなかったプロジェクター「苦味」だったんですかねえ……あの頃は僕もまだ20代だったから、まだ6/2じゃなく、客観性の無い3/2時代だったし、彼女をプロジェクターとして認識できなかったんだろうなあ。彼女も彼女で、4/6じゃなく4/3時代だったから、プロジェクターらしさを出せていなかったんだろうなあ……そしてお互い、Not Selfだっただろうし、試行錯誤の3番ライン同士でやらかしちゃったんだろうなあ……(遠い目)

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。