NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】星が変われば、意味合いも変わる

f:id:crystal0207:20181204195738j:image

先日の基礎講座LYD(Living Your Design)では、講師の僕、受講者さん、そしてゲストの豊川真規子さんと、3人共通して同じ個性を持っていました。それは「自分なりの考えを噛み砕いて説明する」という個性です。この個性は、非常に独特な考えを言語化する能力であり、勝手にしゃべり始めると、相手から拒絶されて「奇人変人」と思われますが、他人から招待されて話せば「天才」として認識されるというものです。また、自分自身と会話することが楽しく、他人の言葉は耳に入らないという特徴もあります。そのため、この日集まった3人は『私たち、みんな奇人変人ですね』『他人の話なんて聞きませんよね』と共感し合ったり。

The Solar System - Simple

ただし、その個性に入っている星には違いがありました。実は、僕と豊川さんは、生まれた年こそ違えど誕生日が同じで、この個性に、同じように太陽と地球が入っています。ある意味、この個性の星の下に生まれたといっても過言では無いデザインです。

しかし受講者さんは、この個性に「人生の課題」の星が入っていました。つまり人生を通じて「自分なりの考えを噛み砕いて説明することをしっかりやる」というイメージです。そのため、どうやって自分なりの考えを言葉にするか、悩むこともあるようです。

他にも、惑星は、それぞれ自分の意味合いを、その個性に宿します。火星なら「未熟だけどやり過ぎる」し、木星なら「守るべきルール」だし、土星木星のルールを破ると罰せられる」という意味を付加されます。人生前半(42歳以前)で機能する星もあれば、人生後半(42歳以降)で機能する星もあるし、太陽と地球が入れば、他の星が入るより、ずっと強力にその個性を強めてくれるでしょう。

ですから、ヒューマンデザインのチャートを見て、同じ個性(チャネルやゲート)を持っているからといって、それが同じように表れるとは限りませんし、同じように使えるとは限りません。さらに、ゲートより細かいラインレベルの意味合いまで見ると、その意味がより細かく表されているのが分かります。

チャネルやゲートを、より深く、正確な意味まで知りたい場合は、是非フルリーディングでご確認ください。

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。