NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】消防士、F15から脱出、アリの群れ

Fireman

6月16日夜の夢。僕は、どこかの学校にいたが、一人だけ消防士の打ち合わせに向かっていた。しかしその会合が開かれている部屋の間近まで来ると、なんだか出席する気分ではなくなり、教室に戻った。教室では、すでに授業が始まり、誰かが朗読をしていたが、僕はそっと教室に入って、一番後ろの席についた。

F15 Eagle - RIAT 2014

そこからシーンが切り替わり、僕は、ゴジラ的なSF映画シリーズの登場人物になっていた。僕は、F15戦闘機のパイロットだったが、宇宙人か何かの攻撃で、機体は海に墜落した。僕自身は、間一髪、脱出に成功し、病院に運ばれたがケガは無く、医者から『助かったのは、君が初めてだよ』と言われた。

さらに僕には、妊娠中の妻がいるという設定で、無事を知らせたいと思ったが、あちらも出産の準備で忙しく、まだ電話はできない状況だった。

Ants Ants Ants

しかし他の人たちは、宇宙人から病原菌を感染させられ、傷口からわらわらと小さなアリが生まれてくる症状に襲われていた。僕はその気持ち悪いシーンを観て『これは歴代シリーズの中でも、一番か二番目に恐ろしい映画だよ』と言ったあたりで目が覚めた。 

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

ドリームブック 夢辞典(改訂増補新版)

 

夢の中の「学校」は、人生の学びの場を意味します。「消防士」は、浄化の力を持つ高次の自己(ハイヤーセルフ)。人生で、消防士的な役割を果たすということでしょうか。ちなみに僕は、サビア占星術で観ると、水瓶座19度「消し止められた森林火災」生まれなんですよね。そろそろ森林火災が起きるのか、それともおさまるのか……

また「飛行機」は魂の覚醒を意味しますが、「墜落」は魂の堕落でしょうか。しかし僕は脱出に成功し、「病院」=癒やしの場で回復すると。しかし奥さんとはまだ連絡が取れない……まあ、向こうも忙しいということですね。

そして恐らく魂が堕落した人たちは、「アリ」として、自分の体重より重いモノ=自分には背負いきれない重荷を背負っていると。また夢の中の「アリ」には、目標のために自分の個性を見失うという意味もあり、それはまさにNot Selfだなあと。

ちなみに今年の初夢も「飛行機は落ちるけれど、自分だけは助かる」夢でした。今夜は射手座満月であり、射手座木星魚座海王星のウェイニングスクエアのピーク期です。占星術的には、これまでの楽観的妄想がはじけ、現実が露わになり、パニックが起きるという予想もあります。まさに火事や、魂の堕落が広がりそうな気配もありますが、どうにか脱出に成功して、生き残りたいものです……(^_^;)