NO PLAN NOTE 

作家 ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【夢日記】テニス、即位式、温泉旅行

Emi tennis

9月30日夜の夢。僕は、暑い中、テニスのダブルスの試合に出ていた。ちなみに実際には、テニスなんて一度もしたことが無い。しかし夢の中では、これから全国大会に行くための大事な試合という設定だった。ところが相手方の選手は、コートに布団を敷いて、自分の側に球を打ち込まれないよう、姑息な手段を取っていた。僕は、その布団の隙間を狙って球を打ち込み、ポイントをあげた。夢の中の「スポーツ=ゲーム」は、人生のゲーム。相手は卑怯な手を使ってくるけれど、穴を衝けば何とかなると。

10月7日夜の夢。僕は、警察官という設定だった。僕の目の前には、一緒に住んでいる女性から部屋を追い出された男性がいた。僕はその男性に『女性からセクハラと言われたら、それでもうアウトですよ』と説教していた。するとシーンが変わり、僕は坂道を上っていた。坂の上には、剥き出しのエンジンが置いてあり、ちょっと近づいただけでも熱く感じるほどだった。夢の中の「警察官」は、助けてもらえること。「坂を上がる」は、正しい方向に進むこと。「エンジン」は、生命力。それにしても、最近妙に「警察官」の夢が多いような……

Chichen Itza

10月8日夜の夢。僕は、従姉妹の女性と、なぜか安倍元総理と、女性天皇即位式に参列していた。あたりはもう夜だったが、目の前にマヤのピラミッドみたいな建物があり、その周辺には沢山の報道陣が来ている。僕と従姉妹と安倍元総理は、新しい女帝の後ろに従って、ピラミッドの階段を昇っていった。夢の中の「王」は、全能の神や能力を意味し、「ピラミッド」は神秘的な力、「階段を上がる」は正しい方向に進むこと。まあ、安倍総理も交代しましたし、どこかで別の権力移譲が行われるのかもしれませんね。

10月10日夜の夢。僕は、友人と温泉旅行に来ていた。そろそろ大浴場に行こうぜなんて立ち話をしていると、見知らぬ人から、ちょっとだけ中身の入ったウイスキーの瓶を渡された。『なにもこれだけ持ってこなくても』と思っていると、今度はまた別の男性が『私は一年間勉強したんですけど、大丈夫ですかね?』と訊ねてきた。とっさに僕は『無理無理。まだ勉強不足でしょ』と言い残して、大浴場へ向かった。お風呂に入る前に、持っていたペットボトルを捨てたあたりで目が覚めた。夢の中の「温泉=風呂」は、くつろぐ時間。「お酒」も、リラックス。でも少しだけじゃあ、満足できないと。勉強不足な人は……まあ、なにごとにしろ一年じゃ無理かもしれませんね。