NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【日常】成田3日目:洞窟で過ごす相手、「オカルトタロットの歴史」

f:id:crystal0207:20220427100935j:image

昨夜も夜10時に就寝。今朝も5時過ぎに朝風呂に入った後、ストレッチして身体をほぐし、紅茶を入れて一服。成田は今朝も雨。本日も引きこもり予定です。

f:id:crystal0207:20220427100943j:image

朝7時、1階のレストランにて朝食。昨日と同じ席で、中庭を眺めながら。実はこの席、レストランの一番端っこの席で、今日も周囲に他の宿泊客はいなかったので、よそよそしく、孤独になりたい6/2としては心地良かったです。

f:id:crystal0207:20220427100950j:image

窓からは、ホテルの結婚式場が見下ろせる位置。しかし結婚と言えば、僕にとって正しい環境は、正確には「混和的な洞窟(Blended Cave)」というもので、洞窟的な環境に入ってきた、プレッシャーを感じない相手と一緒にいるデザインです。もちろん2番ラインとしては孤独が好きだし、6番ラインもよそよそしく、マニフェスターは他人をはねつけるタイプですから、ホテルのような密室で孤独でいることも心地よく感じます。しかし実はその洞窟で、パートナーや家族と一緒に過ごしたり、会話しながら食事をすれば、より自分に適した環境になるんでしょうね。

とは言え、パートナーシップは僕本来の領域ではないし(本来は精神世界の人間です)、部族性も冥王星(人生の真実、暗黒面)にしかないため、自分の奥底にあってわかりにくく、でも無視しきれない……という感じですかね。ヒューマンデザイン歴10年目にしても、いまだに冥王星の領域だけはつかみきれませんねえ……

まあ、それもそのうち、準備が整えば勝手に始まるのでしょうが、もしパートナーが見つかったら、こういったホテルに滞在して「混和的な洞窟」を体感してみたいですね。あるいはパートナーが出来たとしても、時には今回のようにニュートラル・ゾーンを過ごすため『一週間留守にするけど、また戻ってくるから』と言い残して孤独を楽しむだろうし、それを許してくれる相手が必要ですね。

とりあえず今、親しい方たちと閉ざされた環境でオンライン勉強会をしているのもデジタル的な「混和的な洞窟」なのでしょうが、パートナーや家族を持つ機会があれば、リアルな「混和的な洞窟」を体感してみたいものです。

f:id:crystal0207:20220427100957j:image

f:id:crystal0207:20220427101003j:image

そんな今日の課題図書は「オカルトタロットの歴史」。中世由来のタロットに、いかにして後からオカルト性……エジプトが起源だとか、ヘルメス思想、カバラ思想が後付けされたのか、という歴史的経緯を、それに関わった人物たちと共に解明していく一冊です。

特に興味深かったのは「ルクソールのヘルメス同胞団」や「黄金の夜明け団」等の秘教組織内でのスッタモンダ。まあ、こういった神秘めいた知識を扱う組織につきものの、金と権力を巡る争いや、階級闘争、不信、裏切り、組織の分裂と、ヒューマンデザイン界隈でも同じような現象が見られますねえ。

実際、ヒューマンデザイン界隈も、海外ではすでにジーンキー(遺伝子易経)という分派がありましたが、日本でもBG5、なんちゃらカードと分派しつつあり、それを中央組織が権利的にどうにもできない状態になっています。いや、まだどうにかするつもりなのかな。ネット上では、正式にヒューマンデザインを学んでいない人や、なんちゃらカードだけでヒューマンデザインを分かった気になっている人による情報発信も行われているようですが、それについても僕個人は「放置」しています。この流れは元には戻らないでしょうし、ヒューマンデザインも占星術と同じように、良くも悪くも、資格のある無しに関係なく、誰でもやっていける時代がくると思っています。

また、各組織や個人は、お客さんの抱え込みに必死になるでしょうし『うちの方が正式です』とか『うちの方が進化してます』とか『新しい情報が下りてきました』とかなんとか必死に宣伝もするでしょう。お客さん的には『誰からヒューマンデザインを習ったらいいのかわからない』状況になっていますし、これからますます混沌としてくるでしょう。

しかし、グローバルサイクル(ヒューマンデザインの時代性)としては、2027年以降、神秘的な知識や商売は姿を消していくと言われています。恐らく中世以前の錬金術師や陰陽師のように、知る人ぞ知る、まさに秘教に戻っていくはずです。今、分派し始めた日本のヒューマンデザイン界隈も、すでに地下活動的に、みんな勝手にやり始めているかと思います。良い意味では、同好の士だけで集まって伝えていくような、地味で、こじんまりとした、それでいて平和なコミュニティがあちこちに築かれるといいんですけどね。

f:id:crystal0207:20220427101012j:image

朝食をたっぷり食べてしまったので、昼食は遅めに13時頃、小さめのカップラーメンとおにぎり1個で済ませました。「オカルトタロットの歴史」も、一番読みたかったところは午前中に読み終わったので読書タイムも終わり。午後は少し陽も出てきたのですが、なんとなく明るさが嫌で、わざわざカーテンを閉め切って、暗い部屋で過ごしました。

f:id:crystal0207:20220427201542j:image

f:id:crystal0207:20220427201550j:image

今夜も音楽ビデオを眺めながら、夕食はアラビアータ。選曲は、YouTubeの好きな曲リストをシャッフル再生しているのですが、今夜はなぜか「Love」と名のつく曲が多かったような……