NO PLAN NOTE 

ヒューマンデザイン・プロフェッショナル・アナリスト 市川丈夫のBlog

【ヒューマンデザイン】リーディングツアー4日目:京都 Part.3

f:id:crystal0207:20211223222507j:image

※12月24日~2022年1月5日まで年末年始休みとさせていただきます。

昨日は、金沢・京都リーディングツアー最終日にして、2021年の仕事納めでした。10:30ぐらいまでホテルでのんびりし、タクシーで京都駅へ。荷物をコインロッカーに預け、ノートPCとレポートだけ持って今年最後の仕事に向かいました。リーディングは12:00からだったので、その前に少し食べておこうと、京都駅ナカミスドでドーナツを2つぱくり。しかし3年前の12月に来た時は、まだ外国からの観光客も多く、どこのお店も入れないくらい混雑してましたが、さすがにその賑わいも消えてましたね。

f:id:crystal0207:20211223222515j:image

そして12:00から、都ホテル京都八条のロビーラウンジにてリーディング開始。

最初の方は、内なる権威無しの1/4メンタル・プロジェクターさん。自分の中に信頼できる権威が無い場合、何かしら迷った時に、自分なりの答えもぼんやりしているかと思います。そのため、信頼できる人とそのことについて話し、自分の口から出てくる言葉を確かめる必要があります。しかしメンタル・プロジェクターは、人間環境から影響を受けやすいため、良くない人たちといると悪い影響を被り、正しい言葉も出てこなくなってくるでしょう。特に4番ラインですから友情が大切になりますし、昨日の方はインカネーションクロス(人生の目的)としても人間関係がメインテーマでしたから、さまざまな意味で、誰とつき合うかが重要になってくるわけです。

そんな昨日の方は、個人性が強く、社会性は薄かったため、会社勤めを続けるよりも、起業することを考えておられました。たしかに個人性は自分独自の働き方をした方が良いのでしょうが、なにしろエネルギーの無いメンタル・プロジェクターですから、一人で全部やるのは恐らく無理でしょう。そこも人間関係や友情が大切になってきますから、誰か親しいお友達と仕事を一緒にやる方が無難でしょうね。

しかし新しい仕事をしようにも、興味が固定されていないため、何を仕事にしたら良いのか迷われていたようです。そこはもう、仕事を選ぶというより、人間優先で選んだ方が良いかと思います。言っちゃなんですが、興味は定まっていないんですから、仕事内容はなんでもいいんですよ。むしろ誰とやるかが重要ですし『この人たちって良い人たちだなあ、じゃあこの人たちと一緒に仕事をしよう』という流れで良いかと。また、興味が固定されていない人たちは、周囲から『あなたはこれをやった方が良いよ』とオススメされることも良くあります。それがすべて正しいオススメとは限りませんが、良い人たちなら、良いオススメをしてくれるはず。仕事よりも人間関係を優先し、人間関係を軸にしていくと、ぼんやりしていた答えもだんだん明確になるのではないでしょうか。

f:id:crystal0207:20211223222521j:image

……という感じでひとつ目のリーディングを終え、栄養補給的に甘いワッフルを注文。しばし、ぼーっとした後、15:00過ぎから2件目のリーディングとなりました。

2人目の方は、感情権威の2/4ピュア・ジェネレイターさん。感情、生命力、根性と、人間のエンジンが3つ付いたパワフルなデザインであり、インカネーションクロスも「社会の間違いを訂正する」でしたが、プロファイルはゆるふわな2/4です。社会の間違いに対してバリバリと主体的に取り組んでいくのではなく、友達と話すように『あれって間違ってますよねえ』『訂正しないとまずいよねえ』と言うだけ言って、御本人はのんびりしている方が合っているでしょう。その代わり、周囲の人たちに、感情、生命力、根性を与えて動いてもらい、問題を訂正すると。言うなれば、人間バッテリー、人間ガソリンスタンドみたいなもので、人々のエネルギー源的な役割です。

しかし御本人的には『自分がやらなくちゃいけないんじゃないか』『のんびりしていてはダメなんじゃないか』と思っていたそうです。まあ、突然変異のクォーター生まれでしたので、いずれ本来の、ゆるふわな御自分に軌道修正する日が来るでしょう。それをお話したら『そんなこと全然考えられない』と仰っていましたけどね。

ちなみに、この2人目の方のメインテーマは「ひねくれた刺激で悦びを感じる変態」でした。「Line Companion」にも、このラインの話題が載っていましたが、海外のアナリストたちが、創始者ラーに『お客さんに対して、あなた変態ですよ、なんて言えませんよ』と文句を言ったそうです。しかしラーは『これは、あくまでも変態に見えるだけだ。この人は、自分が孤独になるために、周囲から変わった人だと思われ、人々を遠ざけているのだ』と言っています。もしかするとこの方も、周囲から『あなた、そんなことを訂正して悦びを感じるの?』と思われるのかもしれませんね。

まあ、御本人としても、リーディング結果がとても意外だったせいか、お代金を払うのを忘れたほどでした(僕も疲れていたせいか、受け取るのを忘れてました)。お代は今日、振り込んでいただいたのですが、それだけショックを受けたということは、何か響くものがあったのかもしれませんね。創始者ラーも『ヒューマンデザインは、ショッキングなものである』『リーディングを受けて、面白かったです、で終わるようなものではない』と言っていますしね。

f:id:crystal0207:20211223222528j:image

そしてこれにて、今回のリーディングツアーも終了です。しかしやっぱり、リーディングは一日一回で十分ですね。今回は『せっかく行くのだから』と予定を入れてしまいましたが、次回以降は、もっとスケジュール的にゆとりを持たせようと思います。

f:id:crystal0207:20211223222535j:image

そしてこれにて、2021年のヒューマンデザイン仕事もすべて終了です。京都駅の伊勢丹の地下でロール寿司を買い(京都から帰る時はいつもこれです)、帰りの新幹線の車内でひとり打ち上げですよ。お疲れ様、自分。

それにしても、帰りの新幹線は初めてグリーン車で帰りましたが、不思議と時間が短く感じました。『あれっ、もう東京?』と。まあ、楽しい時間ほど速く過ぎるように感じるし、面倒な時間ほど長く感じるってことですね。今回のツアーも、終わってみればアッという間だったし、それだけ楽しい時間だったんでしょうね。

来年以降も、またこういった形でリーディングツアーを開催したいと思っております。仕事半分、遊び半分、リーディングは一日一回という感じで。どこに行くかは分かりませんし、また金沢、京都に行くかもしれませんし、『こっちに来てください』というリクエストがあれば、ご連絡くださいませ……

 

・ヒューマンデザインの個人フルリーディングを受けてみませんか?

 ご希望の日時・場所についてのご相談は、

 お気軽にtakeo.ichikawa@gmail.comへご連絡ください。